ギリシャへ そして ギリシャから From Greece & To Greece

ギリシャの時事ニュース、文学、映画、音楽がよくわかる
ギリシャの森林再生を支援する『百年の木の下で』の公式ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春ギリシャ便り おまけ2

2015-04-13 | ギリシャから


2年前の11月に行った時もすでにそうでしたが、春のサントリーニは中国のカップルでいっぱい。挙式は本国であげて、ハネムーンでギリシャへウエディングーフォトブックの撮影に来るようです。小さなイアの街で、それが半端な数ではないので、中国のどこかを旅行しているのかと思うほど。有名な夕陽を見る場所では聞こえてくる会話のほとんどが中国語。

まあ、これもいつか来た道。
日本人も高度成長期と言われていた頃、団体でパリのシャンゼリゼ通りを札束を切って、のし歩いて、ひんしゅくを買っていましたから。

ところで地元の人によると、中国からの観光客は写真を撮るだけで、何も買わない。ドレスも持ってくるし、ヘアメイクさんもカメラマンも連れてくるので、島の経済にはあまりプラスにならないと。アテネではブランド品なども買っているようですが。

島では買ってもTシャツとか一個5ユーロくらいのキーホルダーとかを10っこ買うから半額にしろとむちゃくちゃ値切られると。そういう小物類の多くはおそらく中国製なのですが.....まあ、人それぞれです。

私達が島を出た翌日カップルばかりの巨大なツアーがイアへ来たそうで、腕を組んだ中国の花嫁花婿がまるでデパートのエスカレーターを降りるように、延々とあのイアの階段を降りてくる映像がテレビのニュースで放送されたそうで、アテネに住む人がびっくりしていました。

60ー70年代はアメリカ人、80ー90年代は日本人が多かったサントリーニ島の観光客の主流は今、中国、中東、インドに変わっていました。次の時代の波は南米?かしら。

それにしても、これほど美しい景観を持つ場所は他にいくつもない。厳しい自然が生み出した偶然の奇跡が、訪れる人を感動させ敬虔な気持ちにさせる。時代が流れ人の顔が変わってもサントリーニが人々の憧れの地である事に変わりはないでしょう。


コメント (6)

春ギリシャ便り おまけ1

2015-04-11 | ギリシャから

よく行く島にはお気に入りのホテルがありますが、今回のサントリーニではインターネットの予約サイトを利用しました。シーズンオフの大幅な割引があるからです。

ハイシーズンの時なら1泊400ユーロのハネムーンスイーツに女性3人利用で110ユーロでした。部屋は昔の洞窟住居を改装した素敵なインテリア。


ピレウス港からフェリーのに乗り、冬ダイヤは高速艇がないので、サントリーニまで7時間の船旅。サントリーニの港からはイアの街へタクシーで向かいました。

イアの入口辺りでは何かの工事の真っ最中。「フーン」と思って眺めていると、なんとタクシーがそこで止まるではないですか!私たちのロマンチックなケーブ・ホテルは工事現場の真下だったのです。

考えてみれば、春のこの時期に、改装工事中なのは予想できること。しかしインターネットではそこまでの情報は得られません。静かなイアの雰囲気を求めて来た私たちはガッカリ。

しかし、翌朝になると、それは余計な心配でした。イアのホテルの多くはカルデラの断崖に掘られた洞窟なので、細い急な階段が唯一のアクセス方法。工事は人力と馬力で進められます。私たちが朝食を取っているテラスの前を、ラバの行列が行ったり来たりする、サントリーニの昔ながらの光景が繰り広げらました。

行列の最後のラバ子(?)ちゃんが一番の頑固者らしく、毎回の登り下りで、ミュールドライバーさんをてこずらせていて笑ってしまいました。昔はもっとラバたちを酷使していて、かわいそうと思った記憶がありましたが、今は観光客の手前?なのか?酷い扱いはされていないようでした。

コメント

春ギリシャ便り 10

2015-04-02 | ギリシャから


アクロポリスの北側辺りに住む猫たち。最近棄てられた子も、遺跡で生まれ、何代にも渡ってここで暮らしている子も、行儀よく並んでお食事中。
ボランティアで世話をしてくれている女性の声を聞くと、尻尾を立てて、「それっ!」と集まってくるのが可愛い。
1匹づづちゃんと名前も貰ってる。
それほど空腹でなくても、この女性に会いに遺跡のフェンスから
出てくるのは,やはり可愛いがられたいんだろうな。猫も人も同じだね。
コメント (2)

春ギリシャ便り 9

2015-04-01 | ギリシャから


アテネのプラカにあるギリシャ楽器ミュージアムにて

リュート2種
左がポントス、右がコンスタンティノポリ。
コメント (4)

春ギリシャ便り 8

2015-04-01 | ギリシャから


いつ見ても、何度見ても感動する景色。古代、ビザンツ、近代、現代。数千年の歴史が一望できます。さて、博物館ではなく、生きて脈打っている歴史を歩き回ってきましょう。
コメント

春ギリシャ便り 7

2015-04-01 | ギリシャから


ギリシャへ来たら、誰でも一度は食べるギロメピタ.持ち帰ると2ユーロくらい、肉、タマネギ、トマト、ヨーグルトソース、フライドポテトも入って、満腹です.
コメント