ギリシャへ そして ギリシャから From Greece & To Greece

ギリシャの時事ニュース、文学、映画、音楽がよくわかる
ギリシャの森林再生を支援する『百年の木の下で』の公式ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小林大悟ギリシャへ

2010-01-31 | ギリシャから
AFP:日本人MFギリシャのFCへ移籍

日本人ミッド・フィールダー、小林大悟(現在ノルウェー1部リーグのスターべクIF所属)をギリシャ一部リーグのイラクリス・テサロニキが取得したと発表した。
AFPの記事 1月28日
コメント

愛は翼のある乗り物

2010-01-26 | ギリシャ音楽
Ένα αμάξι με φτερά-Φίλιππος Πλιάτσικας & Δημήτρης Μητροπάνος


例えば...
北島三郎が平井堅とデュエットで切々と愛を唄う・・・・
なんてこと 絶対ありえませんが

ギリシャでは男性歌手同士のデュエット曲がわりとあって
大御所と中堅というのがよくある組み合わせです。

ディミトリ・ミトロパノスとフィリポス・プリィアチカスの
”エナ・アマクシ・メ・フテラ”=「翼のある乗り物」は
私のお気に入り。

年齢から言うとおじいさんに近いミトロパノスと
中年に近づいたプリィアチカスが歌い上げる歌詞は

「ふたつの手は見えないピアノを弾く 
見えないけれど あなたはその音を聴くだろう
・・・・
愛とは羽の生えた乗り物 それは
あなたを大地から天空へと駈けのぼらせる・・・・

遅すぎることは決してない なぜって
愛はすべてを変える力を持っているから・・・

その瞳を見れば 最初に月へ行った彼に違いない
彼を導いた物こそ 翼の生えた乗り物・・・・」

極めつけは
♪タリラリラ ♪タリラリラ・・・とはもるエンディング
その背景には チェ・ゲバラの顔

あぁ ギリシャ音楽! やっぱり あなどれません。






コメント (6)

ギリシャに投資!

2010-01-22 | ギリシャから
前の記事に関連する Reuter:ロイターの記事:日本語 1月21日


ギリシャ政府は2010年内にドル建てと円建ての
国債を発行を考えているようです。

ギリシャ公的債務管理庁(PDMA)のPapanicolaou
パパニコラウ長官が来日する可能性も示唆されています..。

国債と引き換えに永住権をくれるというなら、買ってもいいなあ。









コメント (2)

どうするギリシャ?

2010-01-18 | ギリシャから
記者会見でユーロ圏離脱を否定するギリシャのパパンドレウ首相 【AFP=時事】

日本で暮らしているとそれほど感じませんが、
ドルに対してのユーロの価値がジワジワと下がっています。

そして、その重大な原因がギリシャの財政難である、つまり「ギリシャがユーロの足を引っ張っている」と多くの経済紙が言及しています。International Business timesの記事:日本語1月16日 ロイターの記事:日本語1月15日

先週ギリシャが財政赤字など重要な統計を大幅に下方修正したのを受け、欧州委員会が、同国は「信用できない」と異例の批判を展開しました。時事ドットコムの記事:日本語1月17日
今年になってから経済紙の一面にギリシャの名前が挙がらない日は一日もないほどです。


ギリシャからも、パパンドレウ首相が「ギリシャはユーロから脱退しない」と述べた記者会見やパパコンスタンティヌ経済・財務相が発表した緊急経済再建を発表したニュース AFPの記事:日本語1月15日などが矢継ぎ早に発表されています。

国内では、農業従事者たちがトラクターで道路を占拠して、彼らの収入が改善される策を政府に要求していたり、KATHIMERINIの記事:英語1月18日 政府の支出削減策は前途多難のようです。
ギリシャはこれからどのような道を進んで行くのでしょうか。


私個人としての意見ですが、ユーロ圏は存続したままで、イギリスやスイスのように独自の通貨を維持する。そうです。思い切ってかつてのドラクマに戻ったほうが良いのではないかと考えています。

そうすれば、失ったユーロ圏からの観光客が戻ってくるのではないかと思うのですが・・・

さて、みなさんどう思われますか?
コメント (4)

冬の日の友

2010-01-12 | ギリシャ音楽
Dalaras - Opia ke na' se (live)


さっきまで、重い灰色の空からチラついていた雪が
冷たい雨にかわりました。

こんな日は外出するのをやめ 好きな曲をエンドレスで
聞いていたい。

そんな気分のときは この歌です。

__________________________________

ΟΠΙΑ ΚΑΙ ΝΑ ΣΕ オピア・ケ・ナセ

あなたが誰でも どんな人でも構わない
 今夜は一緒にいてほしい
 
愛を求めているわけじゃない
 ほんのすこしでいいから
 なぐさめが欲しいだけ

たとえ私の宿命がここで
  終わるのだとしても
 世の中を ましてや
 あなたを恨んだりはしない
 
 私が愛したものは 皆失われ
 また いつものように 
 ふりだしに戻ってしまうのだ・・

_______________________ 


まるで、日本の演歌の歌詞みたいですが、

演歌とギリシャのライカ(ポピュラー音楽)の差は
ふたつの国の気候、ことに湿度の差に似ています。

ギリシャのライカの悲哀は身も心も引き裂き
その嘆きは 底なしの穴のように深いのに

演歌のようなジメジメとした「恨み」や「怨」
がないのです。

人生のすべては神が与えた運命と試練ですから、
恨むと、それは運命を支配する神様を
恨むことになってしまうから・・なのかもしれません。






追記:2010/01/13_lesvosolive
1962年、この曲を最初に唄った
ステリオス・カザンジディスの映像。
その頃、彼と結婚していたマリネッラとの写真が
たくさん出きます。ふたりとも若々しくて幸せそう。
ただ、その幸せは続かなかった・・・
今思えば、この歌詞が暗示的だなぁ

<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/BNZ-xmRqnBY&hl=ja_JP&fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param></object>

カザンジディスのオリジナル



コメント

タバコとお酒の値上げ

2010-01-11 | ギリシャから
経済危機がますます深刻化するギリシャでは
増税の波が押し寄せてくる予感がしています。


2010/01/10 AFPニュースより

財政危機に直面しているギリシャ政府は8日、
タバコとアルコールに課す税金を12日から20%上げるなどの
一連の増税を発表した。

 ギリシャのタバコとアルコールの税率は欧州で最低水準にある。
政府は一連の増税で年間10億ユーロ(約1400億円)の
歳入増につなげたい考えだ。現在ギリシャのタバコの値段は
1箱2~3.2ユーロ(約270~430円)程度。

 財務省は相続税と親子間の贈与税の増税も後日発表し、
1月8日にさかのぼって適用するとしている。

 2008年のギリシャの財政赤字は国内総生産(GDP)比12.7%、
公的債務残高はGDPの113%に達した。

同国は今月末までに緊急財政再建計画を欧州連合(EU)に
提出することになっている。

(c)AFP/Catherine Boitard
コメント (2)

振り込め詐欺

2010-01-09 | ギリシャから
日本だけかと思ったらギリシャでも振り込め詐欺が
増えているみたいですが、手口は日本の「オレオレ」詐欺
のたぐいとはやや異なるようです。

『臓器移植詐欺に注意』 KATHIMERINI 2010/01/08______

アテネ警察は市民に対し、病院からの電話を装った詐欺に
注意するよう呼びかけた。それは、電話に出た人の家族が
事故に遭い、今すぐに移植手術をしなければ助からない、
と騙して手術費用を要求する電話だという。

こういう手口の詐欺電話は急激に増えていて、
うっかりひっかかる被害者数も急増している、
と警察関係者はいう。

実際、ごく最近のこと、本紙の記者にも
このような電話がかかってきた。

電話を掛けてきた男はヴーラ_Voulaの
アスクレピオス_Asclepieio病院の者だと名乗り、
記者の兄弟が危篤状態にあり、心臓移植をするために
とりあえず6000ユーロ支払うようにと告げた。

本紙記者は運良くそれが詐欺であると疑い、
兄弟に連絡を取ると、全くそのような事実は
ないことがわかった。

しかし、中にはすぐに家族に連絡が取れなかった人たちも
いて、動揺して金を払ってしまうケースがでている。

病院を名乗る電話があった場合、
まずその病院に確認するようにと注意している。
________________________


このニュースが面白いと思ったのは、電話を掛けてくるのが
日本でよくあったような子や孫を装って金を振り込ませる
手口ではないことです。

「先物取り引きで失敗した・・」
「会社の金を使い込んだ・・」とか
「自動車で人をけがさせた・・」などと現金を要求される
ことなどありえないのでしょうか?

そういえば、「電車で痴漢して逮捕された・・」と
女性の夫を装って、まんまと騙したケースまで
ありましたっけ。

もしかしたら
家族のつながりの強いギリシャでは、自分の子や孫の声を
取り違えることはないのでしょうか?

あるいは、彼らは仕事中でもしょっちゅう
家族や恋人に電話しているので、
どこでなにをしているのか、とても良く把握している
のかもしれませんね。

ギリシャでもバスのドライバーが運転中に携帯で話すこと
は禁止してされていますが、去年ある島で乗ったバスの
ドライバーは携帯を二台持っていて、
私が乗っていた短い間に母親と恋人から代わる代わる
電話がかかってきてましたからね。






コメント

新アクロポリス・ミュージアム

2010-01-05 | ギリシャから
2009年中は1ユーロだった新アクロポリス・ミュージアムの入場料は
新年から5ユーロになりました。

一挙に5倍に値上がりというよりは、2009年が特別に安く設定
されていたということなのだそうです。

明日1月6日は主顕現祭のため無料だと思いますので、
アテネにいる方は訪問のチャンスですよ。

ミュージアムでは最上階でパルテノン神殿の歴史のCGを
見るのをお忘れなく。

ギリシャ語版と英語版が交互に上映されています。

フランス生まれのギリシャ人、コスタ・ガヴラス監督の作品です。
全く同じものではありませんが、youtubeでも観られます。


コスタ・ガヴラスのパルテノン

昨年7月にミュージアムで見ましたが
とてもわかりやすく描かれていると思いました。

しかし、この作品の裏には紆余曲折があったようです。

実はもともと13分あったのだそうですが、
その中に歴史上の事実として、ギリシャ正教徒たち
が神殿の『異教徒的な』部分、(裸の彫刻など)
を破壊するシーンがありました。

それを見た現在のギリシャ正教会の代表が激怒し
ミュージアムでの上映中止を要請したのです。

時の文化大臣アントニオ・サマラス氏の判断で、
その「問題の」1分半はあっさりと削除されて
しまったというのです。

実は、コスタ・ガヴラス監督とギリシャ政府の対立は 
これが初めてではありません。

ギリシャを舞台にした彼の作品の撮影も、
完成作の公開も、ギリシャ政府が許さなかったことが
あるのです。

そして、小道具などでギリシャを演出し、
アルジェリアで撮影したその作品こそ 
アカデミーの最優秀外国語作品賞を、
カンヌで主演男優賞を、ゴールデングローブでも
最優秀外国語作品賞をとった『Z』なのです。

しかし それも 独裁政権のもとで、
40年も前、1969年の出来事でした。
勝手に編集されたと知った監督は
「ギリシャで まだ暗黒時代が続いているとは
思いもよらなかった・・」と絶句したそうです。

パルテノンの破壊ほど古くはないですが、
過去にギリシャで最も尊敬されている
ふたりの文化人をギリシャ正教会は破門
したことがありました。

ひとりはニコス・カザンツァキス 
もうひとりはメリナ・メルクーリです。

人は誰でも間違いを犯すものです。しかし
間違いは間違いとして、過去を客観視できなくて
人を導くことなど、できるのでしょうか?

正教会の圧力に屈した政府もふがいないですけどね。






コメント (6)

謹賀新年

2010-01-01 | 百年の木の下で
Να χετε ευτυχισμενο
το Νεο Ετος 2010


2010年が平和で幸せな年でありますように

今年もよろしくお願いします。
コメント (4)