ギリシャへ そして ギリシャから From Greece & To Greece

ギリシャの時事ニュース、文学、映画、音楽がよくわかる
ギリシャの森林再生を支援する『百年の木の下で』の公式ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春ギリシャ便り おまけ2

2015-04-13 | ギリシャから


2年前の11月に行った時もすでにそうでしたが、春のサントリーニは中国のカップルでいっぱい。挙式は本国であげて、ハネムーンでギリシャへウエディングーフォトブックの撮影に来るようです。小さなイアの街で、それが半端な数ではないので、中国のどこかを旅行しているのかと思うほど。有名な夕陽を見る場所では聞こえてくる会話のほとんどが中国語。

まあ、これもいつか来た道。
日本人も高度成長期と言われていた頃、団体でパリのシャンゼリゼ通りを札束を切って、のし歩いて、ひんしゅくを買っていましたから。

ところで地元の人によると、中国からの観光客は写真を撮るだけで、何も買わない。ドレスも持ってくるし、ヘアメイクさんもカメラマンも連れてくるので、島の経済にはあまりプラスにならないと。アテネではブランド品なども買っているようですが。

島では買ってもTシャツとか一個5ユーロくらいのキーホルダーとかを10っこ買うから半額にしろとむちゃくちゃ値切られると。そういう小物類の多くはおそらく中国製なのですが.....まあ、人それぞれです。

私達が島を出た翌日カップルばかりの巨大なツアーがイアへ来たそうで、腕を組んだ中国の花嫁花婿がまるでデパートのエスカレーターを降りるように、延々とあのイアの階段を降りてくる映像がテレビのニュースで放送されたそうで、アテネに住む人がびっくりしていました。

60ー70年代はアメリカ人、80ー90年代は日本人が多かったサントリーニ島の観光客の主流は今、中国、中東、インドに変わっていました。次の時代の波は南米?かしら。

それにしても、これほど美しい景観を持つ場所は他にいくつもない。厳しい自然が生み出した偶然の奇跡が、訪れる人を感動させ敬虔な気持ちにさせる。時代が流れ人の顔が変わってもサントリーニが人々の憧れの地である事に変わりはないでしょう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 春ギリシャ便り おまけ1 | トップ | ミキスとサキス »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
世は経済と共に?? (Queen)
2015-04-16 10:03:33
本当に!びっくりしてしまいました。数の力は大きいですね。インドも人口では中国に負けず劣らずですから、今後の経済成長や中間層の数の増加を考えると。。『世の中は経済の動きと共に。。』なのかな~と実感します。今は確かにどこに行っても中国の人達が多くてlesvosoliveさんが感じるように『ここはどこ?』となりますが、日本などはその恩恵を確かに被っているようですので何とも。
Re:世は経済と共に?? (lesvosolive)
2015-04-17 08:37:57
Queenさま
中国の観光客に恨みがあるわけではないんですが、何しろ大勢で、声も大きいので、目立つのでしょうね。比べると、中東からのハネムーンカップル達は ふたりきりで、静かに寄り添っていました。
今年はお年寄りから幼児まで含む大きな中国からのツアーがたくさん。家族全員でヨーロッパ旅行できる経済力がついたんですよね。これからどうなるんでしょう。
そう、世界はお金で回っている。しかもギリシャの国庫は今月で底をつく予想。ギリシャの人達は、これはEU-ギリシャの問題でなく、Money Vs Democracyの闘いと捉えている様です。
見事 (レモン)
2015-04-20 09:47:43
いやぁ、なんというか、サントリニ島の結婚式と言うのはロマンチックで、すばらしいものでした。今もそうです。
なんかもうあの方たちは集団で来て、集団の花嫁と花婿がずらーっと並んで、ひとつの会場で結婚式と披露宴やってました。神父さんはいませんでしたけど、、。今年は物凄い数のカップルの集団がの結婚式を挙げていました。
Re:見事 (lesvosolive)
2015-04-21 07:23:17
レモンさん
こんにちは。何だかね、旅情という様なものは関係ない人々の様な気がします。フィラ、イアの街中にはウヨウヨいるのに、考古学博物館や、アクロティリの遺跡では出会わなかったし、なんなんでしょうね彼らの興味って?これから10~20年後中国の家庭の結婚写真は皆イアで撮ったものになるんじゃないかしら??
ところで猫くん達の笑顔をブログで拝見する時、以前とは違う親しみが湧いて嬉しいです。
Unknown (kyotakaba)
2015-04-29 15:41:13
こんにちわ、
これは記事についてのコメントではないので、
後で削除して下さい。 
私のブログに、79.130.154.124 のIPアドレスで、
コメントを下さった方がいます。
ギリシャ語の間違いを直して下さったコメントです。
アテネ市内からの投稿なのですが、
もしかして、lesvosolive さんでしょうか??
Unknown (kyotakaba)
2015-04-29 16:11:30
あ、
コメントに名前がなかったものですから、
それで、こちらで聞いてみたのです。
別の人だったら、
このコメントと先のコメントは削除して、そのままで構いません。
lesvosolive でしたら、私のブログに、お知らせ下さい。
では、失礼しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ギリシャから」カテゴリの最新記事