らんすぴらしよぉん(l'inspiration) 

田窪与思子のインスピレーション
(L'inspiration de Yoshiko Takubo)

サレンダー

2017-05-31 | ポエム

サレンダー。

 

過去の記憶を、手放す。

 

現在の執着を、手放す。

 

未来の憂鬱も、手放す。

 

からっぽの心には、

 

自由が、やって来る。

 

愛も、飛んで来る。

 

 

 

詩集、『みんな、「わたし」。』より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ごぼう

2017-05-28 | ポエム

泥だらけの、有機栽培の、ごぼうを、洗った。

 

斜めに、切った。

 

菜種油で、炒めた。

 

長い間、炒めた。

 

香ばしい香が、漂った。

 

水を加えて、蓋をした。

 

ごぼうが、柔らかくなったら、醤油を加えた。

 

水気がなくなるまで、煮た。

 

たくさんの人を経て、ごぼうが口に入る。

 

みんな、みんな、ありがとう。

 

お天道さま、ありがとう。

 

 

 

詩集、『みんな、「わたし」。』より

 

 

 

この調理法を聞いた時、みりんもお酒もだしも入れないでおいしくなるのかしら、と思った。

けれど、実際に作ってみると、とてもおいしかった・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


長い長靴

2017-05-26 | ポエム

雨だ。

 

雨が、降っている。

 

長い長靴が履ける、とにんまり笑う。

 

魚屋さんのような、長い長靴。

 

膝小僧まである、長い長靴。

 

嵐でも、台風でも、どんとこいの、長い長靴。

 

雨の日を、待っていた。

 

首を長くして、待っていた。

 

雨だ。

 

雨が、降っている。

 

 

 

詩集、『みんな、「わたし」。』より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


犬の視線

2017-05-23 | スケッチ

3月中旬から、老犬メルシーの視線を感じながら暮らしている。

 

常に見られている。

 

間食もできない。

 

動くとついて来る。

 

どこへでもついて来る。

 

dog は god なのか・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


デジャ・ヴュ

2017-05-22 | ポエム

初めて訪れたのに、見たことがある、ような、風景。

 

初対面なのに、会ったことがある、ような、人。

 

初体験なのに、かつて経験した、ような、体験。

 

デジャ・ヴュ。

 

既視感の、不思議。

 

何度も、何度も、転生した魂の記憶なのか。

 

ご先祖さまからのDNAの記憶なのか。

 

垣間見たパラレルワールドなのか。

 

この世は、不思議。

 

不思議、不思議、摩訶不思議な、デジャ・ヴュ。

 

 

 

 

 

詩集、『みんな、「わたし」。』より

 

 

 

 

 

 


故郷

2017-05-21 | ポエム

ところで、神さま、わたしは、故郷を探しておりました。本当の故郷を。」

 

「様々な国に出掛けました。けれど、神さま、故郷は見つかりませんでした。」

 

「それは、雲の上の桃源郷、といわれましたが、神さま、飛行機からは、何も見えませんでした。光が、眩しすぎました。」

 

「窓の外で、何やら啄んでいた小鳥が、今ここ、と呟きました。神さま、わたしは、夢を見ているのでしょうか・・・・・・」

 

 

 

 

詩集、『みんな、「わたし」。』より

 

 

 

 

 

 

 


無抵抗

2017-05-19 | ポエム

けんかをふっかけられても、無抵抗。

 

皮肉を言われても、無抵抗。

 

自慢話を聞かされても、無抵抗。

 

暑くても、無抵抗。

 

寒くても、無抵抗。

 

けれど、無抵抗に抵抗する、「わたし」がいる。

 

 

 

 

詩集、『みんな、「わたし」。』より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


幸せの泉

2017-05-17 | ポエム

幸せの泉は、愛と豊かさの、泉。

 

地図にはない。

 

泉は、「わたし」の中にある。

 

水を、ちょろちょろ出しながら、

 

見出されるのを、待っている。

 

今か、今か、と待っている。

 

噴水は、只今、調整中。

 

 

 

 

詩集、『みんな、「わたし」。』より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017-05-16 | ポエム

たくさんの道がある。

 

賑やかな大通り。

 

ひっそりとした小径。

 

くねくね曲がった道。

 

どの道を歩いても、

 

道草をしても、

 

さっさと歩いても、

 

ゆっくり歩いても、

 

独りで歩いても、

 

誰かと一緒でも、

 

行先は、同じ。

 

いつかたどり着く、永遠の今。

 

 

詩集、『みんな、「わたし」。』より

 

 

 

たどり着く先は同じでも、タイムラグがあるような気がする。

最近、何だか、道が分かれていっているような気もする。

古い価値観に縛られている人たちとそうでない人たち・・・・・・選択は自由・・・・・・良い悪いもない・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


犬と観葉植物

2017-05-14 | 動植物

老母の愛犬メルシーが来て二か月が経つ。

 

寂しいんじゃないかしら、と「忖度」して、一生懸命世話をしている。

 

メルシーとは友だちだったけれど、今は家族の一員。

 

当たり前のことだけど、エサはきちんとやり、雨が降っても朝夕は必ず散歩に連れていき、帰ってきたら、ウンチを捨て、オシリを拭いて、足を洗い、おしっこシートをかえ、トレイのまわりを拭く。

 

出かけても、夕方までに帰宅。

 

なんだか落ち着かない日々・・・・・・一日があっという間に過ぎる。

 

と、最近、家の観葉植物の元気がない。

 

以前、観葉植物の元気がなくなった時、たまたま家に来たジェーンが「You have to talk to them」と言ったことを思いだし、窓辺の植物に話しかけながら、からからに乾いた植木鉢に水をやった。「ごめんね、メルシーが来てから忙しくてね。みんな、メルシーと仲良くしてね。」

 

自分の名前を認識したメルシーは変な顔をしてわたしを見上げ、水をやるわたしに付きまとった・・・・・・

 

植物と植物はコミュニケーションをとるらしいのだが、動物と植物はどうなのだろう・・・・・・

 

まだまだ分からないことがたくさんある・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ジグソーパズル

2017-05-12 | ポエム

小さなピースが繋がって、大きな絵が出来る。

 

ピースの大きさは、皆、違う。

 

形も、違う。

 

色も、違う。

 

けれど、皆で、ワンセット。

 

どれかが欠けても、未完成。

 

世界は、壮大な、ジグソーパズル。

 

 

 

 

詩集、『みんな、「わたし」。』より

 

 

世界的なチェロ奏者のヨーヨー・マは2000年に、総勢50名以上からなる「シルクロード・アンサンブル」を立ち上げ、「音の文化遺産」を世界に発信している。

 

メンバーにはシリアやイランや中国など、様々な文化を背負った音楽家たちがいる。

 

母国の政治に翻弄されている人もいれば、故郷が戦場となり家族を失った人もいる。

 

その「シルクロード・アンサンブル」の活動やアーティスト達のルーツや天才ヨーヨー・マの幼少の頃の貴重な映像を織り交ぜた珠玉のドキュメンタリー映画、「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」(監督、モーガン・ネヴィル)を観た時、つくづく音楽に国境はない、と思った。

 

ケマンチェ、中国琵琶(ピパ)、尺八、バグパイプ、チェロ・・・・・東西の様々な楽器による伝統的な音楽と現代音楽の融合・・・・・・まさに、「We are the world」・・・・・・

 

国籍や人種が違っても、タマシイは繋がっている・・・・・・

 

みんな地球号の乗組員・・・・・・

 

世界がニッポンが平和でありますように・・・・・・

 

偏狭なナショナリズムは危険・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カタマッタ男の子

2017-05-10 | スケッチ

犬と散歩に出た。

 

メルシーは、片足をあげ、電信柱におしっこをひっかけた。

 

幼稚園の制服を着た男の子がその様子をじっと見ていた。

 

眉間にシワをよせて、じっと見ていた。

 

わたしは、お散歩バッグから水の入ったペットボトルを取り出して、おしっこの後に水をかけた。

 

男の子は、その様子もじっと見ていた。

 

わたし達が通り過ぎると、男の子は、おしっこと水のかかった電信柱の前に来た。

 

カタマッテ、動こうとしなかった。

 

男の子は、いつまでもおしっこと水の後を見ていた。

 

ずっとカタマッテいた。

 

メルシーがリードを引っ張るので、わたし達はその場を後にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「わたし」とわたし

2017-05-07 | 色々な思い

わたしの中にある、「わたし」。

 

「わたし」は、神さま宇宙と繋がっている。

 

「わたし」は、何でも知っている。

 

けれど、今のわたしには、本来の「わたし」に、人生の塵やあくたや幼い頃からの刷り込みがくっついている。

 

みんな、みんな、飛んでいけ。ふぅー、ふぅー、ふぅー。

 

朝は曇り空だったが、明るくなってきた今日の東京・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


小さな淑女

2017-05-06 | スケッチ

所要で出かけた街で、お腹がグーッと鳴いた。

 

セルフサービスだけど、イタリアのバール風でおしゃれなカフェが目に入り、店内に入って、並んだ。

 

順番を待っている間、近くの席の、初老の婦人と髪の長い、小さな女の子(たぶん小学校の低学年)が目に入った。

 

婦人は、彼女に(たぶん孫娘)、大人の女性に話しかけるように話していた。

 

ちょっとおませな感じの女の子も、時折うなずいたりしながら、大人の女性のように婦人とバレーのレッスンのことなどを話していて、そのことがとても新鮮だった。

 

女の子は、器用な手つきでナイフとフォークを操ってサラダを食べていた。

 

時折紙ナプキンで口のまわりを拭くのだが、まるで外国の映画女優のような仕草。

 

顔もエキゾチックで素敵な雰囲気の少女・・・・・・美というものが無意識に他者に与える影響は大きい・・・・・・

 

急いでいたわたしは、サンドイッチをがつがつ食しカフェオレをがぶがぶ飲んで店を後にした・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こどもの日

2017-05-05 | スケッチ

国立美術館への道を急いでいたら、たくさんの鯉のぼりが見えた。

 

今日は、こどもの日だった。

 

ニッポンでは、こどもがどんどん減っている。

 

様々な税金の無駄遣いをなくし、幼稚園から大学院まで授業料も給食費も無料にすれば、安心してこどもが産めると思うけれど・・・・・・

 

こどもは国の宝・・・・・・