らんすぴらしよぉん(l'inspiration) 

田窪与思子のインスピレーション
(L'inspiration de Yoshiko Takubo)

衣替え

2011-09-29 | スケッチ

衣替えの支度をと、洗濯してある夏物衣服を干した。

 

箪笥の中の夏物を、秋冬物と入れ替える。

 

窓からは、心地よい微風。

 

天からは、穏やかな太陽光。

 

が、山の幸や落ち葉には、目に見見えない放射能。

 

原発栄えて、国亡ぶ。

 

わたし達の意識が進化しますように。

 

 


宇宙

2011-09-28 | 色々な思い

ツイッターに、この世には自分と宇宙しかいない、と書き込んでいた人がいたが、何となく分かる。

 

無心で作品に没頭していると、宇宙が味方をしてくれる、というアーティストがいるが、それも分かる気がする。

 

幸運な偶然は、宇宙からのプレゼント。

 

宇宙を、創造の神さまに置き換えると、よく分かる。

 

秋の日は穏やかで、宇宙と一体になれたら、と思ってしまう。

 

こんなに美しい日にも放射能じゃじゃ漏れなんて、悲しすぎるニッポンの現実。

 

フクシマを、ニッポンを、世界を、救おうとしている人たちに、宇宙からのご加護とインスピレーションがありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 


タイムマシン!

2011-09-27 | 時事

光より速い物質は存在しない、と信じていた。

 

が、欧州原子核研究機構(CERN)のプロジェクト・チームが、ニュートリノは光より早いという実験結果を出した。

 

物理を学んだことがないので、ちんぷんかんぷんなのだが、もしも、実験結果が本当なら、タイムマシンも夢ではないそうだ。

 

タイムマシーーン!

 

タイムマシンに乗って、過去へと旅をする場合、「わたし」には肉体があるのだろうか・・・それとも意識だけが旅をするのだろうか・・・

 

「わたし」は、過去の「わたし」と対話できるのだろうか・・・それとも「わたし」は違う次元から、過去の「わたし」を眺めるのだろうか・・・

 

「わたし」は、未来の「わたし」とコミュニケーションをとることが可能なのだろうか・・・

 

今のニッポンにも、タイムマシンに乗って、未来の「わたし」達が訪問しているのだろうか・・・

 

素人にも分かる解説書があれば、と思ってしまう。

 

素粒子の研究をしている物理学者と、覚醒したお坊さんや悟った仏教学者とは、話がツーカーなのだそうだ。

 

やっぱり、ブッダは偉かった。

 

未来の「わたし」さん、ニッポンはどうなるのぉ?

 

 


お彼岸

2011-09-23 | スケッチ

逝った人たちは、お墓にはいない。

 

けれど、公園墓地には、大勢の人。

 

皆々様、お元気ですかぁ?

 

肉体から解放されて、快適ですかぁ?

 

皆々様は、5次元に居るのですかぁ?

 

それとも、もっと上の次元でたゆたっているのですかぁ?

 

そちらでは、善悪などの2元性を超えているのですかぁ?

 

再び、地球に生まれ変わるのですかぁ?

 

返事はなかったが、空は青く、心地よい風が吹いていた。

 

ニッポンでは、暑さ寒さも彼岸まで・・・

 

 

 


年寄りのあるべき姿なんてない。

2011-09-19 | 色々な思い

年寄りの在るべき姿なんてない。そう思う。

 

今生の学びをほぼ終えたのだから、なおさら、あるがまま。

 

偏屈じいさんも、観音ばあさまも、みんな、あるがまま。

 

今生で人間は最後、という人もいれば、まだまだあと何度も3次元の世界に顕れる人もいる。

 

意識レベルと立ち位置が違うから、みんな、違って、当たり前。

 

老人病院で、お年寄りの「今」には、その人の人生が凝縮されているような気がしたことがある。

 

「自我」や「わたし」がなくなり、穏やかに微笑んでいた、透明ばあさんは美しかった。

 

あるがまま、あるがまま、と呟きながら、超個性的な老母に会いに行く、敬老の日。

 

 

 

 


母子像

2011-09-18 | スケッチ

スターバックスで本を読んでいたら、近くのソファの席から、女性の嬌声と笑い声が聞こえてきた。

 

顔をあげると、髪を金髪に染めたムスメが二人、彼氏たちのことを話題に盛り上がっていた。

 

しばらくすると、金髪ガール達が出ていき、代わりに、同じ年頃の、赤ん坊を抱いた若い女性が、コーヒー・カップを持ってやってきて、座った。

 

しばらく読書に没頭していたが、あまりにも静かなので顔を上げた。

 

母は、ソファにもたれかかってぐっすり寝ていて、赤ん坊も、母の胸にはりつくような姿勢で、すやすや寝ていた。

 

二人とも安心しきって、熟睡していた。

 

カフェの片隅の、平和。平和。平和。

 

二人は、聖母マリアとイエスのように美しかった。

 

 


迷子

2011-09-14 | 色々な思い

「わたし」達の魂は、非線形から線形へ、そして再び線形から非線形へと、何度も何度も移動しながら旅を続けてきた。

 

魂は、ほんとうの「おうち」はどこか分かっている。

 

けれど、3次元の地球上で、今、「わたし」達は、迷子になっている。

 

環境も経済も、ぐちゃぐちゃ。

 

軌道修正!

 

みんなで、ほんとうの「おうち」を目指そう!

 

今、ここで、目指そう!

 

一人ひとりが平和にならない限り、世界の平和はない。

 

 


根源は、「わたし」。

2011-09-12 | 色々な思い

悟った人は、言う。「真実において対極のものは存在しない。」

 

愛は、憎しみの対極ではない。

 

幸福は、不幸の対極でもない。

 

単に、グラデーションの違い。

 

意識が変わり、立ち位置が変わると、グラデーションも変わってくる。

 

憎しみも、愛に変わる。

 

根源は、「わたし」。

 

自分を変えると、風景が変わる。


それぞれの3.11

2011-09-08 | 東日本大震災

立ち向かう人がいる。

逃げる人がいる。

希望を持っている人がいる。

絶望している人がいる。

前向きな人がいる。

諦める人がいる。

淡々としている人がいる。

怒っている人がいる。

笑顔の人がいる。

泣き顔の人がいる。

みんな、自由。

自分で、選べる。

けれど、どう在るかで、3次元の現実が変わってくる。

子供たちが、守られますように。

 


地球は、寒冷化に向かっている?

2011-09-02 | エコ&ベジタリアン
暑い、と思っていたら、突然気温が下がったりする。

何だか、変・・・

地球温暖化が警告され、Co2削減やエコが合言葉のようになっていたが、実は、地球は寒冷化に向かっているそうだ。

太陽観測衛星の「ひので」が、太陽の北極域で磁場が反転し始めた様子を観測した。

このような変化の後には、地球が寒冷化することが知られており、常田国立天文台教授は、「観測されたことのない事態だ。地球環境との関係を調べるため、太陽活動を継続的に監視していく必要がある」という。

寒冷化に向かうと、気温が上がったり下がったりするらしく、今、まさにわたし達は、その時期を迎えているようだ。

10年くらい前、皆がそのうち東京は沖縄のように暑くなる、と言っていた頃、地球は寒冷化に向かっている、という知人がいたが、本当だったのだ。

結局、Co2削減キャンペーンは、原発推進派に利用された。

原発事故を起こしてしまったニッポンでは、小氷河期になってもマキを燃やすことができないだろう。

地球は、自然は、常に変化し続ける。

地球に居させて頂くわたし達は、自然を敬い、自然と共に歩むしかない。






色メガネ

2011-09-01 | 色々な思い
心の目に、黄色いメガネをかけると、世界が黄色に見える。

バラ色のメガネをかけると、世界はバラ色になる。

濃いサングラスをかけると、世界も暗い。

だから、色メガネを外して、あるがままの世界を見ることにした。

あなたも、わたしも、あるがまま。

相手に感じる要素は、自分にもある。

だから、ジャッジをしないで、あるがまま。

こんな時代には、なおさら、外そう、色メガネ。