らんすぴらしよぉん(l'inspiration) 

田窪与思子のインスピレーション
(L'inspiration de Yoshiko Takubo)

ありがとう、メルシー!

2019-04-22 | 動植物






 

 

彦左衛門という名のポメラニアンの死後、毎日涙ぐんでいた老女のもとにやって来た、ぬいぐるみのようなトイプードル。

娘が、メルシー(フランス語でありがとう)と命名した。

「ありがとう」が言えなかった老女が、「ありがとう」を連発し、犬を溺愛した。洋服を縫い、幼児語で話しかけた。

犬は、初めての散歩では道路にへたり込んだが、すぐに慣れ、戸外が大好きになった。老女と犬は毎日散歩に出掛けた。 

犬は、最初はケージの中にいた。やがて居間がケージと化し、家がケージとなり、犬は老女のガードマンとなった。犬は、人が来ると、大声で吠えた。

ピョン、クルクル、クルクル、ピョン、クルクル、クルクル!娘が訪問すると、犬は、ソファから飛び降りて部屋の中をぐるぐる回り、再びソファに戻ることを繰り返して、歓待した。母娘が対立すると、二人の間で右往左往した。

 

時は流れ、

老女はホームに入所し、12才になっていた犬は、娘に引き取られた。郊外の一軒家から都内のマンション。環境が激変した。

頭の良い犬は、娘が声を発すると耳を立てて聞き、意図を理解した。

娘と犬は、雨が降っても雪が降っても散歩に出掛けた。

犬は、人間に話しかけられても他の犬に遭遇しても、吠えた。

が、すぐに、吠えないとドッグフードのご褒美をもらえることを学習した。

娘が、エレベーターの鏡に写る犬を指して、これ、メルシーと言うと、人間だと思っている犬は顔をそむけた。 

 

1年後の桜の季節。散歩から帰って足を洗おうとすると、犬が、キャンと鳴いた。

動物病院の検査の結果、椎間板ヘルニアと精髄管狭窄を患っていることが分かった。

肝臓の数値も高かった。 

その後、腰が立たなくなった犬は入院した。

退院後、娘は家中にヨガマットを敷いた。

首には包帯、足にはテーピング、胴体には金属入りのコルセット。

歩けなくなった犬は、心が壊れたように吠え続けた。 

リハビリが始まって1か月後、コルセットの両端にリードを通して支えると、犬はヨガマットの上を歩いた。嬉しそうに歩いた。少しなら戸外も歩けるようになった。

 

再び桜の季節が廻って来た。ある日、犬は、発作を起こして入院した。

肝臓に加え、心臓や肺まで弱っていた。

退院後、リハビリができるまで回復したが、再び入院した。 

翌朝、娘は病院に呼び出された。

他の手術を控えていたのにも関わらず、獣医さん達は必死で看てくれた。

少し良くなったので、娘が帰ろうとしたら、再び悪化。

しばらくして、犬は天国に旅立った。

不思議な犬だったので、獣医さんも看護士さんもリハビリのお姉さんも泣いた。 

犬の死を聞いた老女も電話口で泣いた。

娘は、ありがとう、メルシー、と言った。

彼女は、2年間の犬との生活でたくさんの事を学んだ。

 

今、娘の家には、小さな骨壺。あゝ、うたかたの・・・・・・

 

 

 

 

 

 小さい頃のメルシー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『コラム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ノートルダム大聖堂 | トップ | 犬と星空 »
最近の画像もっと見る