らんすぴらしよぉん(l'inspiration) 

田窪与思子のインスピレーション
(L'inspiration de Yoshiko Takubo)

濱田庄司展と栗

2018-07-31 | スケッチ

濱田庄司展を観に世田谷美術館に出かけた。

 

1955年に、「民芸陶器」で第1回重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された、濱田庄司(1894-1978)は、生前、「仕事が生活で、生活が仕事です」と語った。

 

「私の陶芸の仕事は、京都で道を見つけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」という濱田庄司は、英国の陶芸家バーナード・リーチとも親しかった。

 

ニッポンの陶芸といえば、九谷焼や有田焼が有名であるが、日本人の生活に根差した濱田氏の作品も、ニッポン!なのだ。

 

30年前、わたしに濱田庄司の良さを教えてくれたのは、パリで知り合った、イギリス人のサビナであった。

 

彼女は、益子にも行っていた。

 

濱田庄司の作品を満喫して、美術館を後にした。

 

歩いていたら、栗の実が落ちていた。

 

まだ、緑色だったが、この猛暑が去ったら秋がくるのだ、と思った。

 

以前住んでいた家の庭には栗の木があり、毎年秋になると、たくさんの栗を落としてくれた・・・・・・

 

歩いて世田谷通りに出たら汗をびっしょりかいたので、冷房の効いたアイスクリーム屋さんに入って、アイスクリームを食べて、バス停に向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

『コラム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 前世 | トップ | ご褒美 »
最近の画像もっと見る