らんすぴらしよぉん(l'inspiration) 

田窪与思子のインスピレーション
(L'inspiration de Yoshiko Takubo)

メルシー

2018-05-26 | 動植物

つぶらな瞳がまっすぐにこちらを見る。

 

大丈夫、と言っても。

 

まっすぐにこちらを見る。

 

コルセットはきつかろう。

 

包帯は暑かろう。

 

退院した夜、犬は鳴き続けた。

 

入院がショックだったのか、

 

歩けないのがショックなのか、

 

心が壊れたように鳴き続けた。

 

朝、528ヘルツの音叉を鳴らしてみると、

 

吠え続けていた犬の瞳が半分になり、

 

やがて三分の一になって、

 

犬は寝た。

 

けれど、立ち上がると、犬は目をあけた。

 

「ヨシコさん、センタク」、と言っても、

 

クンクン鳴き始める。

 

洗濯機の傍にいると、

 

クンクン、グワングワン、ギャーッ、という鳴き声が聞こえ、

 

怒ったように吠え続けた。

 

傍に行くまで吠え続けた。

 

母の犬を引き取って一年。

 

入院前は、何かを説明すると耳をピンとたてて聞き、

 

言わんとすることを理解した。

 

けれど、退院後はプチ暴君。

 

それでも、日々落ち着いてきている。

 

お留守番もできるようになった・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『コラム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« しあさって | トップ | にこにこ顔 »
最近の画像もっと見る