らんすぴらしよぉん(l'inspiration) 

田窪与思子のインスピレーション
(L'inspiration de Yoshiko Takubo)

頑張っているぅ!

2019-04-15 | スケッチ

パン屋さんに向かっていたら、歩道のそばに嫌いな政党の選挙カーが止めてあった。

歩道では、おそろいのジャンパーを着た応援団の人たちが広がってみんなでおしゃべり。

車道には選挙カー。わたしは歩道を通りたかった。

もしも政党の幹部が通れば、ははーっと頭をさげながらさっと道をあけるだろう、と思いながら、すみません、と言い、通してもらった。

絶対にこの候補者には投票しないぞぉ、というビームを発しながら、通してもらった。

帰り道、アスファルトの隅っこで健気に咲く花に遭遇。

頑張っているぅ、とうれしくなり気持ちが和らいだ・・・・・・

 


お花屋さんは春!

2019-04-13 | スケッチ


 

 

オムツを買いにホームセンターに行った。(わたしのではありません! ワンコのオムツです。)

風はまだ冷たいが、隣接しているお花屋さんはすっかり春! 

なんだかうれしくなった。

 

いよいよ元号が変わろうとしているが、現政権の思惑はあちこちでとん挫。

未だ多くの国々がニッポンの食物を輸入禁止にしているのに、韓国による日本産水産物の禁輸を世界貿易機関(WTO)に訴えたニッポン。

けれど、事実上の「敗訴」・・・・・・

閣僚の辞任ドミノも始まった。

オリンピックは賄賂を使って招聘したことは世界中に知れ渡った。

統計までねつ造・・・・・・

どうしたのかサムライ・ニッポン。

わたしのニッポン、どこへ行く?

けれど、あちこちで種まきが始まっているような気もする。

春よ来い、早く来い!

ほんとうの春を待ち望む・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


桜とゴジラ

2019-04-11 | スケッチ

昨日の東京は、雨。

おまけにとても寒かった。まるで、冬。(気の早いわたしは、コートはすべてクリーニング屋さんに持って行き、セーターもすべて洗ってしまっていたので、春物のシャツにフリーズの重ね着・・・・・・)

今日は、晴天。けれど、風が強い。

この風でほとんどの桜は散ってしまうだろう。

歩いていたら、ゴジラの前で桜の花びらが舞っていた。(写真の白いドットが花びら)

良寛禅師の世辞の句は、『散る桜 残る桜も 散る桜』。

今、統一地方選挙で右往左往している政治家のおじさん達にこの句を捧げたい・・・・・・

正確な言葉は覚えていないが、ブッダは、生じたものは滅する、と言われた・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


平成!

2019-04-06 | スケッチ

歩いていたら、ド派手な観光バスに遭遇。

携帯のカメラを向けると、乗客と目があったので、小心者のわたしは、バスの下の方だけ写した。

HEISEI ENTERPRISE Inc.という会社名があった。

あゝ、平成!

まだ元号は変わっていないのに、「令和」が発表されて、「平成」が過去のような錯覚を覚える、「昭和」生まれのわたし・・・・・・

それにしても、「令和」を考えた方はスゴイ。

右翼のおじさんは、『万葉集』という国書から選ばれた元号だ、と満足し、

左翼のおじさんは、その『万葉集』の歌は中国の『文選』に載っている詩を踏まえたものだし、そもそも元号は、中国のマネである、と満足し、

スピリチュアルな人は、令は、霊や零のイメージを喚起するし、神さまのお告げを意味すると満足し、

わたしのような普通のおばさんも、何となくいい感じ! と満足。

「令和」が良き時代になりますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


えっへん!

2019-04-04 | スケッチ

1日からニッポン列島は、元号騒ぎ。

西暦は、イエス・キリスト誕生前と誕生後というように、キリスト教徒が作った暦だし、

ユダヤの人はユダヤ暦、タイの仏教徒は仏暦、そしてイスラム教徒の人はヒジュラ暦を西暦と併用して使用している。

だから、ニッポンに独自の元号があっても構わないと思うけれど、

新しい元号の発表は天皇陛下の退位と同時でもよかったような気がする。

統一地方選挙の最中に発表し、そのことによって自民党の支持率が上がるなんて、

なんだか釈然としない・・・・・・

けれど、「令和」という時代は、姑息なことが通じなくなる時代になるような気もする・・・・・・

そんなことを考えながら歩いていると、ウルトラマンに遭遇。

えっへん! とにらみをきかせているような不思議な雰囲気。

まあるい物体は地球かしらん・・・・・・

みんなの集合意識が変われば世界はあっという間に変わるだろう・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


花より団子

2019-03-30 | スケッチ

東京では花冷えの日々が続く。

桜木たちも元気がない。

それでも、「平成」最後の桜花を楽しもうと桜並木には大勢の人。

で、わたしは友達と、「花より団子」。

 

来週になれば、新しい年号が発表される。

もしも、「安」という字が入っていたら使いたくない・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


物干し竿のスヌーピー

2019-03-21 | スケッチ

歩いていたら、物干し竿に大きなスヌーピーのぬいぐるみが干してあった。

さかさまに干してあった。

他にも洗濯物が干してあった。

手洗いだったのだろうか、洗濯機で洗われたのだろうか・・・・・・

何となく、洗濯機で洗われたような気がした。

写真を撮りたかったが、さすがに見知らぬ家の写真を撮るのは躊躇。

さかさまに干されたスヌーピーも嫌がりそうだったし・・・・・・

最近は、ぬいぐるみ専用の洗濯屋さんもあるそうだ・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


本日は晴天なり!

2019-03-20 | スケッチ

今日の東京は、晴れ。

空は青く、雲もない。

花見に向けて、桜木たちもスタンバイ。

昨日に比べて、行き交う人たちの表情も穏やかだ。

最近、袴姿のお嬢さんたちをよく見かける。

卒業式のシーズンだ。

来月はあちこちで入学式や入社式。

別れと出会いの季節がやって来た。

あゝ、春だ。春がやって来た。

 


不思議な空

2019-03-19 | スケッチ

春の大掃除をし、家で洗える冬物は全部洗濯した。

清々しい気分で街に出て、空を見上げて驚いた。

不思議な雲に覆われた不思議な空。

 

えっ?

雲雲雲の空。

所用をすませて、帰宅する時に再び空を見上げた。

青い空が広がってきていて、ほっとした。

 

 

家の近くまで来ると、ウグイスの鳴き声が聞こえて、安心した。

夕方、ベランダに出ると、雨の匂いがした。

今日は不思議な日だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高い席

2019-03-15 | スケッチ

バスに乗ることが多い。

すいていれば、一番前の高い席に座る。

時折、後から乗ってきた小学生に恨めしそうな顔をされることがある。

幼児がぐずれば、席を譲る。

 

先日、日が差しているのに雨が降る、不思議な朝にバスに乗った。

穏やかな坂道を下るバスには、金色の陽光。

街路樹の上には、輝く水滴。

連なる車にも、光の輪。

窓ガラスの向こうに見える風景は映像のようだった。

小学生の傘からはみ出た、重そうなランドセル。

濡れながら信号を無視する、ミニスカートの女子中学生。

工事現場には、フードを被った南アジアの男。

美容院の窓ガラスを拭く、店員。

終点につく頃に、雨は上がった。

青い空はどこまでも続いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 


マグネット

2019-03-13 | スケッチ

ひと様の冷蔵庫のマグネット

 

都内某所の区民センターの一室。

いつもは普通の丸いマグネットが使用されるのだが、昨日のボードには誰かの冷蔵庫から出張してきたマグネットが並んでいた。

ひと様のマグネットがとても新鮮で、写真を撮らせて頂いた。

よく、部屋や本棚を見るとその人が分かる、というが、冷蔵庫のマグネットを見ても、何となく持ち主のキャラクターが分かるような気がして楽しかった。

その人が選んだものと頂いたものが混在しているのだろうけれど、マグネットはその人に吸い寄せられて、冷蔵庫にやって来たような気がする。

万物は振動しているから、同じ波動(波長)のものが引き寄せられるのだ!

あちこちの冷蔵庫のドアのマグネットを撮った写真集があればおもしろいかも・・・・・・(けれど、おもしろい、と思うのはわたしだけかも・・・・・・)

 

うちのマグネット(たくさんあったけれど、引っ越しの時にほとんど処分した・・・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やっちゃば

2019-03-09 | スケッチ

バスを降りて世田谷美術館に向かっていると、「やっちゃば広場」という寂れた広場があった。

えっ? 「やっちゃば」って?

スマホでグーグルすると、『「やっちゃ、やっちゃ」と掛け声をかけて、せるところから、東京で青物市場をいう。』とあった。

近くには、青果と花きの、「東京中央卸売市場世田谷市場」というややこしい名前の市場がある。

なるほど、と納得しながら美術館への道を急いだ。

 

 

 

 

 

 

 


また、来年!

2019-03-05 | スケッチ

どうしようかなあ、と迷った。

が、えいやぁ、と気合を入れて、クロゼットの奥から半世紀以上前の「お雛様」を出した。

ケースはとっくの昔に壊れ、いつの間にか消えた小道具もある。

それでも飾ると、みんなニコニコしていた。

ぱたぱた、と飾って、ぱたぱた、と片付けた。

来年はゆっくりね。ちらし寿司を作って、桜餅も用意するからね。

また、来年ね!

 

 

 

 

 

 

 

 


ひらがな

2019-02-27 | スケッチ

歩いていたら、マンホールがあった。

ひらがなで、「おすい」と表記されていた。

漢字の「汚水」だと、よごれた汚い水があるようなイメージがわく。

けれど、ひらがな表記だと、きれいな汚水(そんなものはないけれど・・・・・・)のようなイメージ。

ひらがなは、やわらかくてやさしいイメージ。

ペンネームを「与思子」ではなく、「よしこ」にすればよかった・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 


節分の青空

2019-02-03 | スケッチ

トウキョウでは、この2、3日、晴天が続いている。

今日も、空は青い。

清々しい青空の下には電線が複雑に絡み合った電信柱。

まるで、今のニッポン。

今の政権になって、腹立たしいことばかり。

ついに基幹統計のインチキが発覚。

もう何を信じればよいのか・・・・・・ニッポンはどこへ行くのか・・・・・・

マスコミもどんどん右翼化しているし・・・・・・

宗主国さまも、グローバリズム賛成派とアメリカ・ファースト派でもめているようだし・・・・・・

 

けれど、大丈夫。心や意識は、支配できない。

お花畑のアンポンタンと揶揄されても、いずれ来るであろう良き時代に思いをはせ、「今ここ」にいようと思う、節分の日。

豆を買ったけれど、マンションに住んでいるので豆まきができない・・・・

恵方巻は、美味しそうだけれど、乗せられたくない! と思う、アマノジャク・・・・・・

 

 

P.S.

ワンコにゴハンを与えてから、ガラス戸を開け、自分のベランダだけに豆が飛ぶように豆をまいた。

「鬼は外、福は内!」。

ワンコはずっと私の後ろをついて来ていた。

豆まきを終えて後ろを振り向いたら、オソソがぁ・・・・・・

大声で怒って、とりあえずワンコを廊下に閉じ込めて、ヨガマットを洗った。

ヨガマットをベランダに干そうをして廊下に出ると、廊下にオソソがぁ・・・・・・

再び、ヨシコさんの雷!

再び、ヨガマットを洗って、干した。

ちょっとイジケていたワンコに、「いい子にするかぁ?」、と尋ね、トレイでおしっこをさせ、ご褒美。

喧嘩したり、仲直りしたりの節分だった・・・・・・