c'est joli ここちよく たのしく すこやかに・・・

庭で育てた草花と描く情景画 
les couleur
高折みゆき

笑顔を贈りあえる幸せな時間

2019年08月09日 | 日々 diary



炎暑・・・
そんな言葉が浮かぶほど
今年の夏の暑さはきびしいですね

陽の光のあまりのつよさに
いつもは、元気な草花も
さすがに、ただただ、じっと耐えているように感じられる程・・・

それでも、暦の上では立秋を迎えたせいか
朝夕の風は、これまでとは、ほんのすこしだけ変化が感じられます
それでも、まだまだ厳しい暑さは続きそうですね
どうかココロもカラダも健やかに過ごされますように

笑顔を贈りあう
そんな言葉を聞いて、どんなことを想像されるでしょうか

家族だったり
気の置けない友人
お仕事仲間だったり・・・
そんな方々とは、
自然と笑顔を贈りあえるかもしれないですね

日々のなかでは、
たくさんの方々と、ほんの短い時間だけでの
ちいさな出会いは、とてもたくさんあるように思います

ほんの少しだけ挨拶を交わすだけのお店の方だったり
なにかの問合せで電話したり、
道ですれ違ったり、バスや電車の中で、隣り合わせたり・・・
気にも留めないようなささいな瞬間に、日々のなかでは、
ほんのすこしだけの小さな縁が、生まれては消えているように感じます
それが、日常なのかもしれません

きっともう二度と話したり、会うことはない相手かもしれない・・・
一生で出会う人と人との関係は、じつは、そうした相手がほとんどなのでしょうね

袖振り合うも多生(他生)の縁

袖が触れ合うようなちょっとした出会いも、前世からの因縁によって起きるという意味

という言葉がありますが、
さいきん・・・
そんなことを考えるきっかけになった出来事があって、
できれば、そうした気にも留めていなかったちいさなご縁にも
できるだけ、意識して心地よい対応を心掛けたいなって思っています

例えば、何気ない日々のなかで、理不尽な感じの悪い応対に出会ってしまった際、
なんだか1日がとても悲しい気持ちになったりすることって、経験された方も多いように感じます
そうした日は、自分のなかで気持ちを切り替える意識をしないと、
ひょっとしたら、笑顔も元気もなくなって、
周りの方々まで、巻き込んでしまって、暗い気持ちにさせてしまっているかもしれません

逆に、朝の始まりが、なんだか憂鬱なはじまりでも、
とても感じのいい笑顔に出会ったり、何気ないやりとりの中で、親切にしてもらったことで、
とても元気になったり、前向きになれることも、たくさんあるように感じます
元気だったり、前向きだったりすると、周りの方々にまで、自然と笑顔を贈っているように感じます


そう考えると、大げさかもしれませんが、
前者は、悪気はなくても、知らぬ間にココロやカラダに穢れが、ちいさな罪や過ちを犯してしまっているのかもしれないですね
そう考えると、目には見えない罪や過ちだからこそ、とても怖いと感じてしまいます

そして、後者は、清らかな気持ちで、周りの方々にも、心地よい空気をもたらし、幸せなご縁を築いているのかもしれないですね

日々過ごす中で、短いちいさなご縁であっても、目の前に現れた人は、
ひょっとしたら、深いご縁があった方かもしれない
今生もう二度と会わないかもしれないからこそ、心地よい関係で区切りををつけていけたら・・・
そんな風に感じます

もうすでに、いっぱいやらかしてきてしまったと、頭を抱えたくなりますが、
それでも、今日というあたらしい1日から、またあたらしい日々が始まります
これからの日々のなかで、少しずつでも意識していきたいなって思います


きょうも笑顔を贈りあえる
あたたかな日でありますように
そして、きょうも健やかで、元気な一日をお過ごしください!






コメント   この記事についてブログを書く
« 夏の夕暮れ | トップ | 夜空に浮かんだちいさな花火 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々 diary」カテゴリの最新記事