c'est joli ここちよく たのしく すこやかに・・・

庭で育てた草花と描く情景画 
les couleur
高折みゆき

その光のこと・・・

2012年12月14日 | おまけ omake


その光は・・・
夜空にまたたく無数の星のようだった
すべての光が、それぞれに・・・
うつくしい光をはなっていた
その光は、すべてが異なる色で
そして、すべてが、等間隔で、互いを邪魔することなく
思い思いに輝き、光っていて・・・
それは・・・それは・・・うつくしかった

こう話してくださったのは、以前イタリアへ旅した際に、
その旅をプロデュースしてくださった方が話してくれた
不思議な話・・・

その光とは、本来の魂の光・・・
魂には、重さも大きさも、なにひとつ違いはなくて、
ただ・・・色が異なって見えるのだと・・・
どんな悪人と呼ばれる人も
どんな善人と呼ばれる人も
すべてがひとしい・・・

でも、実際には、本来の色そのもので、光輝く魂は、とても少なくて・・・
生きている間に、どんどんいろいろなものが付着したり・・・
自分の色に気づかなくて・・・まったく違った色をはなったり・・・
でもそうした本来の色とは異なる場合は、ぎらぎらしていたり・・・
くすんでいたり・・・その光が・・・とても鈍い・・・
と、続いて話してくださいました


朝と夜があるように・・・
表と裏があるように・・・
物事にも、そしてわたしたち人にも
光と闇が融合している

人生の中では、お陽さまがにこにこと微笑み
あたたかな光のなかで、いまここにある幸せに心が満たされる日もあれば・・・

あつい雲に覆われて・・・お陽さまがどこかにいってしまったのではないかと不安になる日もあれば・・・

はげしい雨が、大地を激しく打ち・・・風の強さに歩みを止めてしまいたくなる日も・・・

夜が訪れて・・・真っ暗な闇の中に、空にやさしくまたたく星をみつけて・・・
心が静かに・・・ほっとする日も・・・

自然の世界と同じように・・・

ひとの心にも、
ものごとにも・・・

いつだって、光と闇が融合している

たいせつなことは、その時・・・
どこを見ようとするか・・・
どこを見るのか・・・
暗闇に輝く・・・星や月がそこにあっても・・・
夜の漆黒に・・・心を震わせてしまうのか・・・
いずれ訪れる朝を信じられずに・・・

雲で覆われたその向こうに・・・
にこにこと笑顔で微笑んでいるお陽さまに、
感謝して、前を向くのか・・・


日々のなかに・・・
瞬間のなかに・・・
光と闇・・・どちらに目を向けるのか・・・
そんな・・・選択は・・・いつも・・・
わたしたちに自由に任されています
大きなできごとでなくても・・・
ちいさなちいさなできごとであっても・・・
大小でなく・・・
その選択の積み重ねこそ・・・
お陽さまのように・・・にこにこと・・・
あたたかな人になるかどうかの
たいせつなたいせつな選択・・・


そして・・・
じつは・・・
光も闇もなかったと・・・
そんな風に感じられるときこそ
きっとその人が・・・
その人の色で・・・
光を放つ瞬間のように・・・
感じます


12月も半分を過ぎ・・・
もうすぐ冬至を迎えます・・・
長かった夜も・・・もうすぐ・・・光の時間と逆転をします

自分らしい色で・・・光輝き・・・
たくさんのうつくしい色たちが、
互いを尊重し、いっそうちから強く光ることができますように





コメント

水のように・・・さらさらと・・・

2012年07月18日 | おまけ omake



いよいよ梅雨もあけて
夏本番・・・
もくもくとした雲が空いっぱいに・・・
すっかりと夏空がひろがっています
それでも各地で大雨もつづき・・・
これ以上、被害が広がらないことをこころから願う日々です

先週、ぶなの木での展覧会が終わって
体調を崩したとブログに載せたところ・・・
なんだかご心配をおかけしてしまったみたいで・・・
熱は出たものの・・・
いい意味でデトックスしたのか、すっかり元気です
ご心配おかけしてしまって・・・
でも、心を寄せてくださって、ありがとうございました

”負担にならない生きかた”・・・・
最近、そんな風に考えながら、判断することが多かったです

以前のわたしは、人との距離の取り方が、どちらかというと下手だったように思います
相手を心配するあまり、気にかけすぎたり・・・
相手の気持ちを推し量ろうと、いろいろ考えすぎたり・・・
くるくると、自分の中で思いをめぐらして、勝手にへとへとになることもあったり・・・
それがいつ頃からなのか・・・
あまり気にならなくなったように感じます

ずっと昔・・・会社の当時の上司から
「君子の交わりは淡きこと水のごとし、小人の交わりは甘きこと醴(れい)のごとし」
と教えていただいたことがありました・・・
君子の付き合いは水のように淡々としているが、
小人の付き合いは甘酒のようにべたべたしている、という意味だそうです

当時のわたしには、そうした言葉の真意があまり理解できなかったように思われます
でも、いまになって、その意味がすごくわかるように思っています

淡々とした腹八分のお付き合いは、なんだかすこし冷めたお付き合いのように感じますが、
じつは、お互いに尊重しあっていたり、信頼しあっているからこそ、
お互いに負担も少なく、結果的にながく良いお付き合いができるように感じます

逆に、いつも一緒だったり、常に連絡をし合わないといけないような・・・
なんだか、べたべたした付き合いは、仲良しでよいような気もするのですが、
時に、お互いに負担になったりすることもあるのでは・・・と感じます

相手がたいせつな人だったり、信頼している人こそ、
どうしているかなぁーと思ったりすると、
同じころに同じことを考えていたり
なぜだか、不思議とタイミングがぴったりと合って、よいタイミングで出会うことができて、
お互いの負担にならないで、その時々のタイミングで
お互いに必要だったり、たいせつだったりする時間や情報を共有して
とても有意義な時間を過ごせることが多い気がします

さいきんは、不思議とそんなお付き合いをできる方々が
増えてきていて、わたしにとっては、ありがたい限りです

相手にとって、負担にならないか・・・
そんな風に考えながら、行動するようになってきました
相手に良かれと思ってとか、相手のためにって、
じつは、結構な確率で、自分の気持ちを満たすためにしている行為が
多いように感じたことも多かったので・・・

さらさらと、
それでいて、
乾いてしまった心に
きれいな水が染みるように・・・
そんな有意義な時間を過ごして、
さらっとお付き合いできるような関係って、
素敵だなぁって思います


さあ
夏本番・・・
じめじめとした季節にさよならして
真っ直ぐな光のように
きらきらとした
光輝く季節をすごされますように!








写真は、ハワイ島に行かれた方からいただいたお写真・・・
宇宙からのきらきらとした
愛いっぱいのエネルギーのようで
見ているだけで、なんだか元気が出ますね!
Iさん、素敵な写真ありがとうございました!


コメント

あおい空のむこう

2012年02月19日 | おまけ omake


きょうも
きりりと気持ちがひきしまるような寒い日ですね
空を見あげると
澄んだあおいあおい空が広がって
ふんわりとした雲が浮かんでいます
あんまりきれいだったので
しばらく見あげていると
あおい空のむこうから
空のずっと・・・ずっと・・・
むこう側から・・・
きらきらっ
きらきらっ
光のちいさなちいさなつぶつぶが
花びらが舞うように
雪が舞うように
大地にふりそそいでいます

そんな光のつぶつぶをみていると
なんだか生かされていることに
心から感謝の気持ちでいっぱいになりますね

作品と向かいあっている日々のなかでも
メールだったりお電話だったり・・・
周りで起きたいろんなできごとや、その人の想いが、
知らず知らずの間に
わたしのもとに届いてきます

ときには、その内容に、一緒に笑顔になることも
ときには、その内容に、一緒に不安になったり、心がよわくなることも・・・
そんなときは、
やっぱり”信じよう”って・・・
相手も、自分も、信じるというか・・・
きっと大丈夫って想うことにしています

心がふっとよわくなったりすることは
どんなにつよい人にだって、訪れます
そんなときこそ
”いまというこの瞬間”に存在している
わたしという存在の
”いまというこの瞬間”に
目の前に存在している”ひと・こと・もの”こそが
自分にとって、
いちばんたいせつなんだって信じて・・・
そして、感謝して・・・
そんなふうにしていると、
自然と気持ちを穏やかになって、笑顔がもどってきます
そうは、いってもまだまだ練習中で、きっとずっと続くのだと思うのですけどね
それでも、きっと、日々の積み重ねの、
その時間の過ごし方が、きっといつの日か・・・
ここちよいわたしらしさにつながっている
そんな風に感じます

これから、季節のうつりかわりのなかで、
ときに、不安な気持ちになったり、
ふっと、心がよわくなったり、
逆にすごく気分が高ぶって、
元気になったりされる方も多いかも・・・

不安なわたしも、あなたも、
心がよわくなったわたしも、あなたも、
元気なわたしも、あなたも、
泣き虫なわたしも、あなたも、
笑顔のわたしも、あなたも
それもどれも、きっと世界でたった1つのわたしという存在、あなたという存在の人生に
この世にたった1つしかない今という時に
贈られた・・・大切でかけがえのない宝物だったということに・・・
いつの日か気がづいて、ほんとうに安心できる日がくるのだと・・・
そして、そんな日も、そんなに遠くない未来にある・・・
そんな風に信じて・・・
春に向けて
心おだやかで、笑顔あふれる日をお過ごしくださいね


今日という1日に感謝して、
明日もここちよい1日でありますように




今年いちばん最初の京都での展覧会のご案内です










○porte bonheur – printemps -
~春風がもたらす虹色のしあわせ~

高折みゆき  ちいさな草花たちと奏でる春色の景色 


○日程:
2012.3.6(tue) ~3.12(mon)


○時間:
AM 10:00 ~ PM 22:00 *3月12日(月)最終日は午後18時終了*


○場所:

恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール

〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10
tel/fax: 075-711-5919

http://www.keibunsha-books.com/html/page13.html


  行き方: ☆ 叡山電車 一乗寺駅より、曼珠院道を右折。徒歩2分

       ☆ JR/地下鉄 京都駅より、市バス206番「高野」(北大路東大路通りの交差点)
       下車、東大路通りを北上し、曼珠院道を右折。徒歩5分

       ☆ JR/地下鉄京都駅より、市バス5番「一乗寺下り松」(白川通り)下車、曼殊院
        道(京都中央信用金庫角)を右折(西方向へ)。徒歩7分

○DM文章から

空を見上げると・・・

そこにはおおきな虹色の橋がかかっていました・・・

空からの贈りものを見つけたそんな日は、

大人になったいまも、

幼かった頃と同じように、

心に虹色の橋がかかったように・・・

あたたかで、そして、わくわくするような幸せな気持ちに包まれます。


心の空に虹の橋がかかるように・・・

そんな願いを込めて、春の大地からの贈りもの・・・

虹色のちいさな草花たちと、

春風にのせて奏でるように描いた作品たちがお迎えします。


やわらなか光につつまれるこの季節、

そっと寄り添うちいさな絵本のような作品をはじめ、

花のアレンジメントや、ヨーロッパを描いた風景等も並びます。


やさしい笑顔にあふれた時間を過ごしていただけたら、

うれしいです。ぜひいらしてください。

○お会いできる日(予定): 
3月6日(火) / 3月9日(金)~11日(日) 11:00頃~17:30頃   
3月12日(月) 最終日 12:00頃~18:00迄


たくさんの方々の笑顔にお会いできること、たのしみにしております




名古屋周辺 愛知県東郷町ぶなの木での展覧会です




○ 開催日時: 2012年3月15日(木)−3月26日(月)  
        10:00~17:00
        (2012年3月20日(火)、21日(水)はお店の定休日でお休みとなります)


○ 開催場所: 〒470-0153
        愛知県東郷町和合林清池90-1
        cafe&gallery ぶなの木
        TEL: 0561-39-4151
        URL: http://www/bunanoki.net/


○ タイトル: petit bonheur -printemps- ~春風がはこんでくれるちいさな幸せ~


○お会いできる日(予定): 
3月15日(木) ~ 18日(日)11:00頃~16:30頃
3月23日(金) ~ 26日(月)11:00頃~16:30頃 
*26日最終日は、搬出のため15:00迄となります*


○ DMから

空には、

ふんわりと綿菓子のような雲がひろがり、

小鳥たちがここちよさそうに歌うように舞い、

大地には、

虹色のちいさな草花たちが、

やわらかな風と楽しくダンスする季節が訪れようとしています。


長い冬からようやく訪れた春・・・

まるで約束したように虹色の花を咲かせる草花たち・・・

いつもたくさんの幸せをもたらしてくれる大地からの大切な贈りものです。


心の空に虹の橋がかかるように・・・

そんな願いを込めて、

ちいさな草花たちと、

春風にのせて奏でるように描いた作品たちがお迎えします。

やわらなか光につつまれるこの季節、

そっと寄り添うちいさな作品をはじめ、

アレンジメントや、ヨーロッパを描いた風景等も並びます。


やさしい笑顔にあふれる時間をお過ごしいただけたらうれしいです。

ぜひいらしてください。



<春の1dayレッスンのお知らせ>

草花と奏でるナチュラルコラージュ額
1dayワークショップのご案内

○ 講習内容:
草花たちを主役に、レース、布、切手、シールなどと一緒に、世界でたった1つのコラージュ額を作ります。
完成した作品は、フレームにおさめて額装をするので、インテリアとして永くお楽しみいただけます。
少人数制で、一緒に作成していくので、はじめての方も、1日で作品を完成して、お持ち帰りいただけますので、
お気軽にご参加ください!
この1dayワークショップの機会に一度チャレンジされてみてくださいね


○ 講習日時:

①2012年3月15日(木曜日) 13:00~15:00 

②2012年3月16日(金曜日) 13:00~15:00

③2012年3月23日(金曜日) 13:00~15:00
 
*このほか、もしも午後のお時間がご都合悪く、午前をご希望される場合も、
対応できるお日にちもありそうなので、もしもそうした方がいらっしゃいましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね。*


○ 参加費:
¥5000+tax (含:講習費+材料費(額マット/花・布材/密封材等)
+ ドリンク          お好きなドリンクをご注文ください

○ 定員: 各回5~6名程度

○ 持ち物:はさみ、(ピンセットをお持ちでしたら、ご持参ください)
花、布、レース等の材料はこちら用意いたしますが、記念のお品など、また、お気に入りの布など・・・フレームに一緒にコラージュされたいお手持ちの布、レース、糸、切手、紙などがございましたら、一緒にコラージュいただけますので、ご持参ください。
(*保存のため、ガラスに密封するため、薄い素材のものでお願いいたします)


○ お問い合わせ/お申込み: 
cafe&galleryぶなの木 
TEL:0561-39-4151
MAIL: shop@bunanoki.net

ご予約いただけたら幸いです。

*お申し込みの際に、お手数ですが、お名前・ご住所・TELをお伝えいただき、材料費の¥3500を添えて、店頭にてお申し込みいただけたら幸いです。 

○ ご都合により受講が難しくなられた場合は、10日前までにぶなの木へご連絡いただきますようお願いいたします。
それ以降のキャンセルの場合は、申し訳ございませんが、材料費¥3500のご返金は致しかねますので、大変申し訳ございませんが、あらかじめご了承いただいて、ご予約いただけたらうれしいです。ご協力お願いいたします


<作品イメージ: ハガキサイズ程のフレームで作成予定です>
*デザインは、自由です。 いろいろな布やカード・・・花の選び方で、ブーケやトピアリー・・・など、いろいろな作品を作ることができます*







コメント

虹色に光る雲

2012年01月27日 | おまけ omake


きのうは、ほんとうに寒かったですね
名古屋でも空から
ちらり
ちらり
雪が降りてきました
大地に降りるまでに
すーっと消えてしまうほど
はかなくて・・・
しばらく眺めていました

そんな寒い日でしたが・・・
それでも
お世話になっているお花屋さんから
お願していたお花の苗が届いたとのご連絡をいただき、
お花屋さんに到着すると・・・
そこには、春のお花たちが、元気いっぱいに咲いていて
キイロ
ピンク
ダイダイ
ムラサキ
ミズイロ
アカ・・・
たくさんの色たちが・・・
そう、まるで大地にかかる虹のようだと感じました
もう、春はそこまで来てる
そんな気持ちになりました


そして、帰り道・・・
曇り空が晴れて
太陽が現れたそのすぐ近くに
今度は、空に虹色に輝く雲を見つけました
彩雲って、いうらしいですね

虹って、どうしてこんなにも
幸せな気持ちになるのでしょうね

そういえば、
ふと空を見上げると
よく虹や虹色の雲を見かけます
大きい虹も見ますけど
すごぉくちいさなちいさなうっすらとした
虹だったら、ほんとうによく見ます
あなたにしか見えてないと思う
っていう言葉もよく言われますけど・・・



ここさいきん
友人知人たちから
つぎつぎと悩みや
気持ちが落ちる話を聞く機会が多かったな・・・
季節的なものもある気がします
太陽の光を浴びることが減るのも関係するのかなって・・・

落ち込んだり・・・不安になるときって
きっと誰でもある
そうした時間に不安になって心が乱れている自分と、どんな風に付き合うか・・・
もちろん人と会って、いろいろ話をすることで
すっきりすることもあるかもしれないし
いろんな対処方法があると思うのだけど・・・

わたしは、心が疲れた時ほど
人と会うというよりも、どちらかというと
自然を感じられる時間を持つようにしている
自然の多いところに行くと、すこし乱れがちになった
自分のなかのリズムを感じやすくなったりするように思えて・・・
緑や空気のおいしい場所で深呼吸をしたりしていると
自然となんでもありだなって感じられて・・・
それでいいんだって受け入れる気持ちになれて
ちいさくちいさくまとまっていた自分に気づいたり・・・
意識しているわけでないけど・・・
自然と気がついたら、そうした時間をもつようになっていました
神社などの特別な場所でなくても、遠くまで行けないときは、
近くの公園に散歩したりします


悩んだり、哀しくなったり、さびしくなったりすることって
あたらしい扉を開ける前に、起きるというか・・・
自分自身で起こすというか・・・
それまでの、自分自身の考え方や、生き方を見つめるために必要な時間だったりするから
用意されているというか・・・
そんな風に、客観的に考えてみると、いろんな出来事も感謝に変わってきたりするから不思議ですね
そう、ピンチはチャンスっていうけれども
落ち込んだりしている時って、なにか変わりたいっていう自分の声の裏返しだったりすることもある
すぐに答えがでないこともあると思うけど
ちゃんと向き合って、自分の声に耳を傾ける時間は持ったほうがいいかもしれない


冬本番の今・・・
それでも、草花たちはもうそこまで訪れている春に向けて
大地のなかで、しっかりと根を伸ばして、たくさんのきれいな花を咲かせようと
準備をしています

そんな風に、この季節・・・過ごせたら・・・
すごく素敵ですよね
大地に咲く虹と、空に現れたちいさな虹色の雲
そのふたつの虹が、そんな風に教えてくれた気がします!

今日もよい日になりますように!





<春の1dayレッスンのお知らせ>

草花と奏でるナチュラルコラージュ額
1dayワークショップのご案内

○ 講習内容:
草花たちを主役に、レース、布、切手、シールなどと一緒に、世界でたった1つのコラージュ額を作ります。
完成した作品は、フレームにおさめて額装をするので、インテリアとして永くお楽しみいただけます。
少人数制で、一緒に作成していくので、はじめての方も、1日で作品を完成して、お持ち帰りいただけますので、
お気軽にご参加ください!
この1dayワークショップの機会に一度チャレンジされてみてくださいね


○ 講習日時:

①2012年3月15日(木曜日) 13:00~15:00 

②2012年3月16日(金曜日) 13:00~15:00

③2012年3月23日(金曜日) 13:00~15:00
 
*このほか、もしも午後のお時間がご都合悪く、午前をご希望される場合も、
対応できるお日にちもありそうなので、もしもそうした方がいらっしゃいましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね。*


○ 参加費:
¥5000+tax (含:講習費+材料費(額マット/花・布材/密封材等)
+ ドリンク          お好きなドリンクをご注文ください

○ 定員: 各回5~6名程度

○ 持ち物:はさみ、(ピンセットをお持ちでしたら、ご持参ください)
花、布、レース等の材料はこちら用意いたしますが、記念のお品など、また、お気に入りの布など・・・フレームに一緒にコラージュされたいお手持ちの布、レース、糸、切手、紙などがございましたら、一緒にコラージュいただけますので、ご持参ください。
(*保存のため、ガラスに密封するため、薄い素材のものでお願いいたします)


○ お問い合わせ/お申込み: 
cafe&galleryぶなの木 
TEL:0561-39-4151
MAIL: shop@bunanoki.net

ご予約いただけたら幸いです。

*お申し込みの際に、お手数ですが、お名前・ご住所・TELをお伝えいただき、材料費の¥3500を添えて、店頭にてお申し込みいただけたら幸いです。 

○ ご都合により受講が難しくなられた場合は、10日前までにぶなの木へご連絡いただきますようお願いいたします。
それ以降のキャンセルの場合は、申し訳ございませんが、材料費¥3500のご返金は致しかねますので、大変申し訳ございませんが、あらかじめご了承いただいて、ご予約いただけたらうれしいです。ご協力お願いいたします


<作品イメージ: ハガキサイズ程のフレームで作成予定です>
*デザインは、自由です。 いろいろな布やカード・・・花の選び方で、ブーケやトピアリー・・・など、いろいろな作品を作ることができます*










コメント