雅行の酒と絵画の日々

日々の暮らしを「はがき絵」と「五行の文章」で綴る。

マレンコフまた唄おうよ

2010-03-28 17:29:31 | 酒・食文化

第一回「家づくり大学」のイベントも無事終了!有志で懇親会。2軒の梯子酒の後、仲間と別れて、

新宿二丁目駅から副都心線で、小竹向原~練馬駅。このルートで帰るつもりが、足はいつのまに。

ゴールデン街の「しの」の扉を開ける。カウンター席が空いている。「黒霧島」ロック。ゆっくり口へ。

目の前のポスター…。『マレンコフまた唄おうよ』の会。3月28日(日)午後5時、会費6,000円。

昨年9月11日、流し人生60年。82歳で生涯をとじたマレンコフ。想い出を語ろう!木島三代子

20100319

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 新宿ショールーム | トップ | やっと解放され… »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 ()
2010-03-29 13:35:35
はじめまして。
伊藤さまのぬくもりのある温かい画風に出会え、うれしく思っております。
私事ですが、お願いがあってメールさせていただきました。よろしくお願いいたします。
どうもありがとうございます。 ()
2010-03-30 15:27:34
どうもありがとうございます。
伊藤さまのご厚意に感謝いたします。
今年の会合では、みなさんから
きっとお褒めの言葉を頂戴できるとほくそ笑んでいます。
本当にどうもありがとうございました。

話は変わりますが、伊藤さまが以前お読みになられた本の言葉
「あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日。」
とても、いい言葉ですね。
私もこの言葉を大切に日一日大切に生きていきたいと思います。
空さん。築地本願寺の境内を、通勤時に入らせてい... (Unknown)
2010-03-30 16:53:39
空さん。築地本願寺の境内を、通勤時に入らせていただいてます。
毎日、気分よく働けます。ブログも見ていただいて、『ありがとう』

コメントを投稿

酒・食文化」カテゴリの最新記事