雅行の酒と絵画の日々

日々の暮らしを「はがき絵」と「五行の文章」で綴る。

寂しさと羨ましさ

2010-05-22 21:38:47 | ブログ

小正醸造の芋焼酎「眞酒」のボトルも空き、4月新発売の「薩州宝山」ボトルに切り替え、ロックで。

生ビールを一杯。次に、芋焼酎ロック。お通しは、いつものお椀版。温かい野菜と鶏肉の汁椀。

カウンター席も、いつもの奥。久しぶりに呑む大学時代からの友人を待つ。40分後に、扉が開く。

永年続けた事務所を閉める。この話は、1ヶ月前に感じた事。あえて避けてきた話が、突然に!

学生時代の友人、あいつも、彼も会社や事業を辞めている。『寂しさと羨ましさ』が同居の気分。

20100417l

コメント   この記事についてブログを書く
« 決算と総会 | トップ | 新潟のはさ木 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事