千一夜第3章第225夜 笠戸島沖下コーズメバル釣行

2020-05-31 20:49:04 | 浮釣り

2020.05.31(日)

釣友Tが先の新月(5月23日)の時に、笠戸島沖の下コーズ(岩礁)に1人で上がり夜通しのメバル釣行をし、23㎝前後の良型メバルを50尾も揚げた。昔からメバル釣りは新月(大潮)、暗闇、小雨、濁り水、波静かなどの条件が整った時が最高のシチュエーションと言われ、この時は新月で真っ暗闇だったため絶好のメバル釣り日和だった訳だ。今回は先週釣れているし、天気が悪く暗闇、小雨、濁り水といった条件が当て嵌まるため是非行こうと誘われた。私としては雨に打たれてまでの釣行は望むところではないが、ここ最近体調が戻って来たので行くことにした。

17時に渡船「栄勇丸」で瀬に渡る。出港予定時間には瀬に渡る人員が揃った。私とTは下コーズ、他の2人が上コーズ、もう1人は笠戸島の南端火振り岬に上陸することになっている。今夜は雨予報だが、0時頃から雨ということなので我々以外の3人は半夜(23時頃まで)での釣行とのことだ。最近は女性の進出もあり釣り人口が増加傾向にあるというが、若い人たちは殆どがルアー釣りで、瀬に渡っての餌釣りとなると高齢化の波は避けられない。そのため半夜が多くなる訳だ。しかし同じ釣るのなら通しの方が良いと思うが、私もそろそろ寄る年波には敵わず半夜組に仲間入りするやも知れない。

16時58分、居守港から定刻通り出港する。この港は徳山競艇場に隣接し、近年整備されて近代的な港に様変わりしている。昔は台風が来る度に船が沈没するということで避けられていた港だが、今や、見る限りにおいては係留は満杯である。今日は何時降り出しても可笑しく無いような鈍曇りではあるが波静かである。潮が小さいのが玉にきずだが、メバルの揚がる予感はある。船のベンチに腰掛けている2人を見ると、ポール・サイモンの「オールド・フレンズ」という曲を想い出す。

17時10分、私とTが上陸する笠戸島沖の下コーズという岩礁に着く。非常に小さい岩礁なので360°何処からでも竿が出せるのが良い。但し、大波が来ると怖いかも知れない。私はこの周辺で船釣りで竿を出したことはあるが、上陸するのは初めてである。上コーズ、下コーズ周辺は、秋口からはヤズ、ハマチ釣りが盛んである。大型ヒラメ(80㎝級)が釣れることでも有名である。今夜はアジが釣れたら、アジの泳がせ釣りでヒラメも狙ってみたい。

2人の荷物を降ろして無事上陸完了。明朝5時30分に迎えに来る予定である。

17時13分、先ずはTから沈み瀬などのメバルのポイントの説明を受ける。こういうことは明るい内に完了しておかなければならない。感覚を掴むため竿を出して数投投げてみる。小さい岩礁だが割合平坦なので、他の切り立った瀬に比べれば移動は楽なものである。

Tが言うには、岩礁の東端の突き出た岩の上から釣るのが良いという。まあここはTに任せるとして、私はより安全な場所からやることにする。まだメニエル症状が完治していないので、平衡感覚を失って海にドボンは避けたいところだ。それに今日は磯靴を用意していなかったので滑るのも怖い。磯靴はスパイク付きで滑らないように作ってあるが重いのが嫌なのであまり使わない。

17時50分、Tがテントを張る。夜中から雨が降るという予報なので、予め避難場所と夜食を摂る場所を確保しておく。岩礁の天辺にザイルを打ち込んでビニールシートを張っているので、少々の風には耐えられるだろう。こういうことには小まめなTである。私も重宝している。

天気予報は0時から朝方まで雨だったが、予報がぴったり当たった。0時までの釣果であるが、予想や思惑に反して全く駄目だった。アジは沢山釣れるが本命のメバルは、私もTも2尾ずつという情けない釣果だった。0時を機に食事タイムにした。お湯を沸かしてカップ麺を食するが、こういう場所で食べるカップ麺やビールは殊の外美味い。

1時頃から釣りを再開する。食事終盤に私が「今から入れ食いになるかも知れん」と言ったが、正しくその通りとなった。1時過ぎに竿を出して立て続けに5尾のメバルを揚げる。良い感じになってきた。この後もムラはあったがぼつぼつ釣れた。前半のことを思えば雲泥の差である。それに22~3㎝のメバルで型も良い。横走りするアジなんかとは大違いのアタリが楽しめた。私にとっては5か月振りのメバル釣行であるが、忘れかけていた感覚を取り戻すことが出来た。雨のための避難場所としてのテントだったが、合羽を着て釣行し続けテントに入る暇は無かった。

5時前には納竿する。2人合わせてメバル28尾だった。釣れた時間的なことを思えばまずまずだろう。前半もこの調子なら軽く50尾は越えていただろうが、そう上手くいくものでもない。アジを生餌にヒラメも試してみたが、この方は全く駄目だった。

Tは釣れたアジを全部リリースしたが、私は最近アジを食べていないので少し持ち帰ることにした。アジも結構良いサイズのものが揚がる。

釣行日:5月30日~31日
旧暦:閏4月8日~9日
場所:下コーズ
時間:19:00~04:30
天候:曇りのち雨
風 :北風
月齢:30日7.4  31日8.4
潮 :小潮 30日:満潮14:15潮位228cm 干潮20:42潮位90cm  
      31日:満潮03:36潮位273cm 干潮10:06潮位127cm
狙い目:メバル
釣り方:浮釣り
餌 :アオムシ
釣果:メバル14・カサゴ7・アジ多数・ベラ3R
釣友:T=メバル14・マダイ1・アジ多数R

5時20分には迎えの栄勇丸が来た。この頃には雨も上がって風も落ちていた。まだ完全に帰り支度が終わっていなかったので海上で少し待機してもらった。乗船してから改めて下コーズの岩礁を眺めるが、何と小さい岩礁かと吃驚する。こんな岩の上に一晩いたのかと思うとぞっとする。

5時30分頃居守港を目指して帰港の途に着く。船長が言っていたが、夜半組で火振り岬方面に降ろした人はメバルを沢山釣っていたが、我々の北側の上コーズに上がった2人組は全く駄目だったそうである。我々の下コーズでも前半は全く駄目だったのだから、当然と言えば当然である。これを思うと通し釣りじゃなければと思う。

5時40分帰港。この後会社の同僚N嬢が魚を1部引き取りに来る。
帰宅後一風呂浴びてメバルを配るが、アジの要望も多かった。こんなことならアジも全部持ち帰れば良かった。

【5月31日過去の釣行記録】
・2006年切戸川河口岸壁、19:00~23:50、中潮、釣果=キス7・アナゴ2
・2008年第2・第1埠頭、14:00~18:30、中潮、釣果=キス5・アナゴ1・アイナメ1・メゴチ3
・2014年徳山築港、05:00~11:30、中潮、釣果=キス3・ワタリガニ1

【この日の釣り情報】
・1997年新日鐵波止場、16:00~18:20、長潮、釣果=キス9・カレイ1

【旧暦閏4月9日釣行記録】
・この日の釣行記録はありません。

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント   この記事についてブログを書く
« 千一夜第3章第224夜 少し場... | トップ | 千一夜第3章第226夜 今シー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

浮釣り」カテゴリの最新記事