千一夜第3章第138夜 5年9ヶ月振りの笠戸大橋下

2018-12-15 19:12:34 | サーフ

2018.12.15(土)

 

前回笠戸大橋下に来たのは2013年3月10日であるから、5年9ヶ月振りの釣り場である。11月中旬頃から尺ガレイが揚がっているという情報があり、今回の釣り場にした次第である。5時40分頃着いたが、辺りは暗闇で釣り場に釣り人はまだ居なかった。明るくなってからはわんさか釣り人が来たが、2人程私に断って入って来たきりで、もう入る余地が無いので他の釣り人は右側の方に入ったり、他に移動したりした。この釣り場では上げ潮、下げ潮で釣り場を変えなければならない。ところがどっちがどうだったか忘れてしまったので、私は取り敢えず本土側左に陣取った。

旧暦:11月9日
場所:笠戸大橋下
時間:06:20~12:10
天候:晴れ
風 :弱風
月齢:7.8
潮   :小潮 満潮14:11潮位248cm 干潮07:13潮位95cm
狙い目:カレイ
釣り方:サーフ
餌   :アオムシ・ホンムシ
釣果:木っ端ガレイ1 

朝まずめ頃の笠戸大橋下、時々、橋の上を通過する車の音がシューっと不気味に響き気持ち悪い。釣り人はまだ誰も居ないが、車は数台停まっている。橋の下は結構広いので不気味ではあるが怖くも危険も無い。直ぐにサーフ開始する訳ではなく、取り敢えず場所取りをするため三脚を立て竿を立て掛ける。三脚の錘に海水を入れたバッカンを吊るす(錘となる分銅を持っていないため)のだが、干潮時なのでバッカンに水を汲むのに苦労した。右手の海岸に出て、ゴロタ石の上をよろけながら歩いて水際まで出て汲んだ。釣り場に着いてから30分程度はこれらの作業に費やした。

写真は朝まずめ開始頃、この少し前の暗い時、手前の海面に利休饅頭(当県の銘菓)を数列並べたような光が映っていたのでドッキリした。何かの光が反射していたものと思われる。6時20分ころから朝まずめが始まったのでサーフ開始だ。釣り場は本土と笠戸島の間の海峡となるが、流れが速いので仕掛けが何処まで流れるか解らない。35号の錘を付けて東側に遠投するが、錘が着底した時にはラインは南に出ているのだ。つまり、流れは左手から右手で、投げた方向から45度流されての着底となる。右手から左に流れる潮が理想らしい。これだけ速い流れはあまり無い。後でここの常連の浮き釣りの老人(下の写真の釣り人)に聞いたのだが、速い流れは満潮の3時間前には収まるそうだ。成程、11時頃から流れの速度が弱まった。

さて釣果の方であるが、サーフ開始後20分程度の6時45分に、大きく右手に流され海峡のど真ん中に流れた仕掛けに、木っ端(21cm)だがボウズ逃れの1枚がきた。この他はフグ3尾、小ダイ3尾である。餌取は凡そこの2種の魚と思われるが、サーフ後餌は直ぐに無くなるようだ。多めに買っていった餌も11時半頃には使い切ってしまった。今日は満潮時まで粘る積もりだったが、とんだ見当違いになった。コウジを買っていけば良かったと悔やむ。と言うのも、件の老人が言っていたが、先日、若い衆に投げ釣りで80cmの真鯛が掛かったとのこと。見事な真鯛が浮いてきたので、老人がタモで掬ってあげようとしたところで針から外れたらしい。何とも惜しいことだ。この釣り場ではこういうサプライズが良くあるらしいので、次回からはコウジは絶対的アイテムである。

明るくなって私の右手に入ったサーフ人(最初の写真のサーフ人)も地元の釣り人で、フグやカナコギばかりを揚げていた。この釣り人はPEライン4号を巻いていたが、まだ縺れたことは無いとのこと。私も試しに1本巻いてみようと思う。

私の左隣に入って来た浮き釣り老人、ここの常連とのことで、何処に沈み瀬があるとか根掛かりする場所とか熟知されている。クロを専門に狙っているらしいが、レギュラーサイズが18cm程度とのことで、稀に30cm程度のものも混じるとのことだ。しかし私のような投げ釣りではないので、自ずとポイントは違う。今日は魚が休日らしく、常連の釣り人もお手上げ状態だった。2~3cmのフグを多く揚げていた。そんなフグを見るのも私には珍しいことである。

今日は餌切れが早かったので一番先の納竿となり、後の釣果は解らない。今日のカレイは13時半からの1時間が面白い時間帯だが見ずに終わった。まあ、これも経験則となる。今後、もう少し通ってみたい。

【12月15日過去の釣行記録】
・2007年第2埠頭東側、06:36~16:30、中潮、釣果=カレイ4・キス14・マダコ1・アナゴ1
・2013年徳山築港、06:40~14:00、中潮、釣果=キス3・ハゼ10・アイナメ1・キビレ1

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦11月9日釣行記録】
・2005年12月10日、庄の浦港防波堤、16:40~19:30、小潮、釣果=メバル2・カレイ1・キス3・アナゴ3
・2005年12月10日、大島居守、20:00~22:30、小潮、釣果=メバル4
・2008年12月06日、徳山築港魚市場前、06:45~10:30、小潮、釣果=ハゼ5R
・2008年12月06日、那智埠頭、19:30~23:00、小潮、釣果=メバル12・サバ1・アジ3・タナゴ1

    

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 千一夜第3章第137夜 久し振... | トップ | 千一夜第3章第139夜 冬至の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

サーフ」カテゴリの最新記事