千一夜第3章第21夜 カレイも次第に春らしく、逃がしたカレイも大きい

2017-02-25 22:51:28 | サーフ

2017.02.25(土)

旧暦:1月29日
場所:徳山築港フェリー乗り場南端
時間:06:10~15:20
天候:晴れ
風  :弱風のち南西強風
月齢:27.1
潮  :大潮 満潮08:33潮位286cm 干潮14:29潮位83cm
狙い目:カレイ
釣り方 :サーフ
餌  :アオムシ・ホンムシ
釣果:32、23cmカレイ2・木っ端ガレイ3R・26cmアイナメ1・ハゼ1R・小メバル1R・ナマコ1R
釣友釣果:S=27cmカレイ1・28cmアイナメ1・小カサゴ1
(Rはリリース)

正月以来の釣友Sとの釣行。先日まで寒かったこともあり釣果も思わしく無く、今日も期待薄でやってきた。6時頃に築港の何時もの釣り場に到着したが、釣り場に家庭ごみが散乱し、雨水も溜まっていたので急遽フェリー乗り場南端に移動する。埠頭などに家庭ごみを捨てるのは止めて欲しい。

早朝は少し寒かったが風も微風で絶好の釣り日和と思われたが、11時頃から南西の風が強くなった。それでも一時的には弱風となった時もある。強風の割には風は冷たく無く、私は防寒着を脱いでやった。

6時10分から始めて7時台までに私が木っ端ガレイ2枚、ナマコ、ハゼ、小メバルなどを揚げるが、Sはボウズ。そのSが、8時10分に埠頭の東隅に落していた竿に久し振りのアイナメが釣れた。28cmあったがサイズの割には細かった。頭でっかちで身体は細い。産卵後のような体型だった。あまり美味くはなさそうである。

釣り場では遠投の他に、埠頭から真下に仕掛けを落とす。これは私が始めたことで、これまでにしばしばカレイやアイナメの大物が釣れ、ボウズ逃れも数度あった。投げ釣りは何も遠投が良いとは限らず、特にカレイやアイナメは何処で釣れるか解らず、埠頭や岸壁の真下にも沢山居るのだ。私が始めて数々の実績をSも見ているので、今では彼も必ず竿1本はそうする。

アイナメを揚げた10分後、またしてもSの竿に今度はカレイが来る。27cmありまずまずのサイズである。Sにとっても久し振りのまともなカレイであり、私も今年に入って初めてのまともなカレイを見た。Sはこの後、納竿まで殆どボウズ状態となった。

Sがカレイを揚げた5分後の8時24分、私の竿にもカレイが来る。32cmのマコガレイで今年初めての30cmオーバーである。狙いは40cmオーバーなのでまだまだこれからである。この後、9時過ぎに23cmの煮付けサイズのカレイをゲット。また、10時55分には26cmの丸々太ったアイナメもゲットした。

今日は8時30分くらいまでが時合いだっと思われる。私もSもこの時間帯にそれぞれゲットしたのだから。但し私がアイナメを揚げた後だったから、11時過ぎだと思うが、Sと同じく埠頭の東隅に落していた子供用の小さな竿にカレイが来た。海面まで上がった時にこれまた30cmオーバーのカレイだったので、竿が竿だけに引き抜くのには不安がよぎり、Sにタモを持ってくるように頼んだ。ところがSの動作が鈍く、カレイの針掛かりもしっかりしておらず、海面でカレイがノッキングし、針がカレイの口から抜けてしまった。何とも口惜しい1枚であった。逃した魚は大きいのである。今日は寝つきが悪そうである。

今日は持ち帰りのカレイとリリースした木っ端ガレイ(納竿時に1枚追加)、逃したカレイをふくめると6枚のカレイを見ているので、カレイの活性もかなり上がって来たと思われる。但し、コンスタントというには程遠いので、3月に入ってからが勝負だ。花見ガレイで大型のカレイが期待できる。アイナメも1日に2本(Sと私それぞれ1本ずつ)揚がるのは最近では珍しい。

朝方私が釣った小魚とナマコ、おっと、Sもカサゴ1尾。バケツの中に水族館を作ろうと確保。帰り際に全てリリースした。

本日のサプライズ

釣友Sが埠頭から海方向に置き竿にしていた竿が何時の間にか横を向いていた。『スワ!巨大カレイか』と勇んで竿を手に取る。が、しかし、釣り上げたのはサビキ釣り一式である。リール付き竿、バケツ、未使用仕掛け、浮き、錘入れなどで、これに立派なバッカンも付いていた。バッカンは上げようとタモですくったりしている内に海中へ沈んでしまったが、他の物は全て揚がった。どうしてこんなことが起こるのか二人で議論する。先日来より風の強い日が多かったので、恐らく、強風の日に埠頭か防波堤に置いていた道具一式が風に煽られて海へ落ちたのだろうということになった。バッカンは浮かんでいたので、逆さまになってはいたが、空気が入っていて浮かんでいたのであろう。要するに逆さまのバッカンが海面を漂い、仕掛けその他を引っ張って来たことになる。謎は多いが、兎も角これら道具一式がSの竿の仕掛けに絡んで上がって来たのは間違いない。引っ掛けて単品を揚げることはままあることだが、一式は初めて見た。Sは朝方カレイとアイナメを釣っただけなので、これは海神様の贈り物かも知れない。

【1月27日過去の釣行記録】
・2006年第2埠頭東側、07:10~17:30、中潮、釣果=カレイ9 ・アイナメ1
・2008年櫛ヶ浜港防波堤、19:00~21:30、中潮、釣果=メバル2
・2012年櫛ヶ浜港防波堤、19:10~22:10、中潮、釣果=メバル6・セイゴ1

【この日の釣り情報】
・2007年華西岸壁、18:30~20:30、小潮、釣果=メバル8

【旧暦1月29日釣行記録】
・1997年03月08日、笠戸島周辺、06:30~12:00、船釣り、大潮、釣果=3人でメバル50
・2006年02月26日、笠戸寺崎、17:20~22:30、大潮、釣果=2人でメバル5
・2007年03月18日、華西岸壁、18:30~22:30、大潮、釣果=メバル10・タナゴ1
・2010年03月14日、洲鼻港防波堤、06:30~11:40、大潮、釣果=30cmカレイ2・アイナメ1
・2011年03月03日、中電西側岸壁、09:00~11:00、大潮、釣果=木っ端ガレイ1
・2013年03月10日、大島大原、07:00~08:00、大潮、釣果=ボウズ
・2013年03月10日、大島大原、08:15~10:00、大潮、釣果=アイナメ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 千一夜第3章第20夜 釣友T、... | トップ | 千一夜第3章第22夜 カレイ好... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
33cm (ゴチ)
2017-02-26 21:16:54
まずまずの釣果で良かったですね。特に33cmのカレイは嬉しかったと思います。バッカンまで引き込むとは相当強い風だったのですね。落とした人が次回に来た時、見つけられるように小屋の壁に貼り付けて置いたらいかがでしょう。W
Unknown (lennon)
2017-02-27 00:01:30
Sとの釣行ではまさかというようなサプライズが多々ありますので退屈しのぎにには丁度良いです。
Unknown (ユーアイネットショップうちまる)
2017-02-28 06:58:40
25日はα-1に宿泊してましたが、ホテルに
帰ったのは17:30。
ん~ニアミス。
Unknown (lennon)
2017-02-28 20:12:25
釣り場のすぐ近くでしたね。今回も地場産業に行かれたのですか?仕事、頑張ってください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

サーフ」カテゴリの最新記事