ある晴れた日。。。

平凡なわたしの平凡な日々を綴ります

バーキンの話 1

2017-09-29 20:56:41 | 日記

私のバーキンは30cm、黒のエプソン、ゴールド金具。

よく買えたね、とよく言われます。

マイファーストエルメスは、何十年前?に限定発売されたビニールケリー。
(これをマイファーストエルメスと呼んでいいのか?)
長蛇の列に並んで母と2個ゲット。今でも実家に眠っています。

その後は、ガーデンパーティーだとか、名前は忘れたけどショルダーバッグ、あとお財布にベルトだとか、アパレルではシャツやブラウス、サンダル、
タオル、スカーフ等をチョコ、チョコと
買える範囲で買っていたという感じ。

バーキン、ケリー全盛期と言えば、私が25歳前後の頃ですかね〜。
ファッション雑誌をめくればエルメス特集、
またスーパーモデルがバーキンを持ってる姿が
必ず載ってましたね〜。
あの頃の私は、ヘェ〜、カッコいいなあ、高いなぁと思いつつ、買おうとかは思わなかったです、高過ぎて。現実的じゃないというか。
でも、ハワイに来た時、冷やかしでワイキキの
エルメスに入ったのを覚えてます。
そして、黒のバーキンを見て、
「コレがかの有名なバーキンなのね〜」と
見惚れてたら、オジサマ店員さんがおもむろに
白い手袋をして、棚から降ろして見せてくれたんです。
しかも、私にも白い手袋着用を要求!笑
あの頃、幾らだったかなー、$3000位じゃなかったかな?$5000?
当時は「あり得ねーー」と思ったけど
今思えば3つ位買っときゃ良かったです。

あと、もう一つ印象的な事がありまして、
あれはまだ私がバーキンという存在を知らなかった頃、電車に乗っていた時のこと。
真っ昼間の山手線、人もまばらな車内。
私の真向かいに座っていた若くて綺麗な女性の
膝の上に乗っていた黒い鞄。
ああ、なんて素敵なカバン。カバンが光ってる。
そう思ったんです。
まだそれがバーキンだなんて知らず、素敵、
ブランド物かな? 彼女は美しいけど、
あの若さには釣り合わない程高級品に違いない、そう思ったんです。
もうバッグだけが飛び出して見えた!

その後すぐに雑誌で見て、ああ、あのバッグ!
と思った時合点がいきました。
あれはみんなが夢中になるはず、と。

長くなったので続く


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« バカのエルメス考察 | トップ | La Tour Cafe にて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事