a vacant mind

虚無と音楽

異常

2019-04-30 | Diary
異常だと言われて
そうなのかと少し気づく
当り前であることに命などかけない
ささやかに生きていればそれでいい
くらべることこそ無意味
ないものはないのだけど
ないことを異常と言われても
どうぞご勝手に判断してくれたらいい
その人の基準がすべてではない
大方少しずつは間違ってもいる
間違っていない人間なんていないと思う
皆と同じでないという教育そのものがおかしいのだと思う
教育が間違っていれば白も黒になる
異常なことは人々の生活の中に溢れている
精神的な問題を扱う者ですら間違ったことを平気で言っていたりする
おかしなことだらけなのですから
まずはそれをどう判断するかは個々に委ねられる
それがいつの間には均一化されて個性をなくしていく
まあその方が楽だと感じるからでもあるんでしょう
コメント   この記事についてブログを書く
« The Flycatcher - Roy Harper | トップ | Peaches En Regalia · Frank ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Diary」カテゴリの最新記事