a vacant mind

虚無と音楽

見果てぬ

2019-08-01 | Diary
奇想天外な思考
基本普通を目指すならいらん
まあ普通でないことも理解している
変人というにはあまりに見劣りするが
生涯独身であることも何らかの欠点があるのだろう
真っ当な家族を築けるとは思わなかった
その前に自分のことで精一杯だった
消えゆくものであるからこそ
消えないことに疑問を抱いた
なんのために生きるのか?
なにかのために生きなくても別にいいようだ
やり遂げることが多い方が共感も得やすいだろう
壊れたのなら壊れたまま過ごしてもいいかな
見果てぬ夢は考えるとほとんど悪魔だな
コメント

MOTHER - Susumu Hirasawa

2019-08-01 | 音楽等


いろいろと考えていた
もちろんそれでどうなるということもない
自問自答に答えなどありはしない
失ったもの確かにあるのだろう
失うこともなく失ったようでもある
コメント

The Smiths - Please, Please, Please, Let Me Get What I Want

2019-08-01 | 音楽等


ザ・スミスを聴いていたころは私自身がどん底の精神状態だった
若かったというのもあるけど
若いということで何かにチャレンジなんてできる気力などありはしなかった
死を熱望してやまなかったころ
生きていたくなかったから
無意識に自殺の本を読んでいた
そんな本が売れていた時期でもある
まあ今となっては何故に生き急いでいたんだろうとは思う
すべてを信じられなくなったそれだけのこと


コメント

Husker Du - Don't Want To Know If You Are Lonely

2019-08-01 | 音楽等


暑いので暑苦しい音楽を・・・
ハスカ―ドゥなんかいいかも
ダイナソーJrの先輩たち
ハードコアバンドが初期のアルバムだった
あまり日本でも情報がなかった記憶がある
ネット普及よりも前だった
いまとても便利です
でも便利すぎてじっくりと向き合うことがなくなっている
表層の判断力だけで企業のトップはどこもここも右往左往する
情報管理などできるはずがなかろう
コメント