a vacant mind

虚無と音楽

SNS

2017-06-03 | Diary
インターネットを始めてからとりあえず登録はしている
どんなものだろうかと興味があって
mixiとかfacebook、ツイッターなど
ラインだけは仕事上の業務連絡とかに使っている
写真のアップが楽ですから
言葉の説明がいらないからというのもある
ブログもそのひとつなんでしょうけど
12年ともなると日常の一環でもある
ダイレクトにつながらないからいいのかもしれない
個人情報の関係でフェィスブックはあまりアップもできない
世界中に拡散される友達リクエストは知らない国からある
すべては使い方なんでしょう
コメント

Ministry - No W

2017-06-03 | 音楽等



ブッシュ政権を批判していたミニストリー
現政権のトランプ政権をどう思うのだろう?
あらゆる方針の過去へ戻そうとしているけれど
時代遅れとしか言いようがない
戦争すると儲かるんだと発言しているようなもの
国民のことなんて何も考えていない経済が潤えばいいと勘違いしている
アメリカの音楽関係者はトランプを敵視している人が多い
許諾なく音楽を選挙戦に勝手に流すような人は碌な奴じゃない
日本よりも政権批判をしやすい環境はある
逆に日本の方がそういう面では危機的なのかもしれない
コメント

squeeze- this could be the last time

2017-06-03 | 音楽等



カメさんのアルバムジャケット名はフランク
考えると自殺しそうな時にこういう音楽を聴いていた
ネットの環境はなくどんな音楽かわからないから手にしないとわからない
あとラジオやテレビくらいでした
物凄い違和感を感じていた
ハッピーとは何の縁もゆかりもありませんでしたから
ダークな音はそのままにシンクロするところがあったのかもしれない
ポップな要素は辛うじてこの世につなぎ留めている感じがした
楽しくもないのに楽しい音を聴く
洋楽だからというのもある
歌詞がわかると興ざめするので
コメント

時を止めた

2017-06-03 | Diary
わたしの時間を止めた
いつのころからだろう?
だから成長はしていないのだと思う
子供らしい子供でもなかったが
鍍金のような何かに操られているように思えてならなかった
こんなに愚かでよく続いてこれたものだ
それても愚かさを刷り込ませることによって操り人形を大量生産したかったのだろうか?
おかしいが積もり積もっていった
大人は余計なことを考えるなそれだけだった
そういう大人になりたくはないと思っていても取り込まれてしまうものかもしれない
世界のトップ連中のレベルの急落は紙芝居かと思うほど
わたしの時間軸とはあまり関係はないが関係なくもない
孤独の中に希望を見出すことは難しいな
許せないものがたくさんあったのだがいつしか私の中で中和されていった
間違った選択だったろうけど何が間違いかもわからない子供だった
正義を掲げて突き進むことはなかった
何が正義かなんて人それぞれなのだから
時をとめたまま死ぬそれでいい
コメント