a vacant mind

虚無と音楽

自殺者

2012-06-08 | Diary
地元が全国3位ということで
さまざまな活動の甲斐もなかったようです
それだけ追い詰められた人が多いのでしょう
活動がどうも連動していない
NPOも増えているのですが
そこにいけばというところはありません
金銭的だったり身(心)体的なことだったり
人間関係だったり
自分の危険信号は早い段階から発している
ただそのことに気づけない
周りが気づくことが大事ですが兎に角ゆとりがない
心のゆとりのなさがこの国のかたち
考えさせるゆとりを与えないことが正しいだなんて言っている人もいるが
こんがらがったものを紐解く作業は絶対に必要なことなのです
それが途方もない時間を要するとしても
コメント

2012-06-08 | Diary
我が強いと我儘になってしまう
わかっていながらそうなっている
自分などないと言いながら
自分がいつだってかわいいのでしょう
それはいけないことではない
自分を大事にできないとどうにもならない
誰があなたを救ってくれるのですか?
誰もあなたに興味がないかもしれない
凝り固まった考え方が続くと意識が沈澱してしまう
投げ出すことは我を通す理由すら見当たらなくなる
我が道をいくそれはなんてこともないけれど
誰かに賛辞してもらうことでもないので
コメント

CDを整理しないと

2012-06-08 | Diary
CDを売らないと棚の空きがない
よく聴いているCDは500枚位でしょうか?
200~300枚位は売らないといけないかも
でも整理すると時間がかかります
聴きなおしてしまうので
80年代の音楽をはじめに手につけますか
懐かしいだけで買ったところがあります
マドンナとか聴かなくはないけど山本精一を聴いてしまう
like a virginとカラ―ズどちらも一緒に別別のオーディオで聴けます
バカなことをしているうちに時間だけが経ってしまう
ノイズも好きだけどそれほどはもっていない
もうこれ以上増やすのはどうだろうやめた方がいいな
コメント