a vacant mind

虚無と音楽

数字に任せるな

2006-09-22 | Diary
政府よ数字なんかどうでもいいんだよ
数字合わせばかりしているから社会保険庁みたいな無用の長物を放置できるのだ。
政治家のための政治なら、本当は暴動が起きるはずだ。イメージという病に国民が集団催眠にかかっている。
中身を刳り貫いた主張に真意などない。

コメント

ween

2006-09-22 | 音楽等
節操がないと言われ続けているバンドだが、別にそうは思わない。
ジャンルはロックだろうけど、まあそんなことはどうでもいいバンドではある。
PURE GUAVAから聴いているけれど、確かに他のバンドよりもわかりにくい。
でもそれがこのweenだからそれでいいのだ。
カントリーのアルバムを聴いた時、ちゃんとしたアルバムではあった。
そしてニール・ヤングがテクノのアルバムを作ったのも思い出した。
やりたかったら何でもいいのだろうフランク・ザッパもそうだな。
ロックは王道であるのもいいが邪道でも平気なのだ。
ロックンロールしか言えない連中より全然かっこいい。
だらしなくてもみっともなくても構わないのだ。
コメント

人間なんだ?

2006-09-22 | Diary
人を好きな振りをしてみました
やっぱり好きになれそうもありません
ずっとそうでしたから気にもしません
人間嫌いだと思い続けて早何年経つでしょう?
まあ好きになる必要はどこにもなかった
現世に生きる空蝉でしかない
人のかたちをして生まれたからには
人として生きるのが自然なこと
でもやっぱり嫌だ
コメント

MASSIVE ATTACK

2006-09-22 | 音楽等
MEZZANINEのジャケットのアルバムが一番好きかもしれない。
PVで見たprotectionが始めだったような気がする。
EVERYTHING BUT THE GIRLのトレイシー・ソーンが参加したものだった。
正直MASSIVE ATTACKを聞いていると、底なし沼に引き摺り込まれる感じがしたものだ。
重くて暗くてしなやかで、MEZZANINE以降の認知度は高まったけれどMEZZANINE以降は何故かきかなくなっていった。ダディG、3D、マッシュルームの3人でなくなったとき興味も無くなっていったのが本音だ。今聞いてもドライブのお伴にMASSIVE ATTACKは合わない。
コメント