a vacant mind

虚無と音楽

適当

2005-06-17 | Diary
いい加減な生き方をしています、一生懸命生きている人には失礼な存在です。一生懸命にありたいと願ってはいたんですが、なにを一生懸命になっていいのかわからずに年月だけを浪費してしまいました。
どうしてもいい加減じゃないといけなかったのですが、そんなことわかってもらえるようなことでもなかったので、説明することすら面倒になってしまいました。
適当ないい加減さだったらよかったんですが、何にもできなくなってしまう、どちらかといえば放り投げてしまう傾向が強かったので多くの人に迷惑をかけてしまいました。
まじめにすると息が詰まりそうになるんです、そうしなくてはならない強迫観念からかもしれません。そこそこでいいんですがそれすらおぼつかない、認知されることを目指しながら匿名性を保持しようとするのだから、どうしたかったんだろうと今にして思えばそう感じはするが、いい加減というよりもあんまり考えないようにしたいだけであって、少しでもぼーっとしたいのです。ぼーっとできる時間が増えれば心にゆとりができるはずですから。
コメント