風になって

大好きな風になって日本だけでなく世界各国にも行って見たい。大好きな風になっていろんな人に出会ってみたいのです。

奈良への旅 その3 朝日の中に浮かぶ 浮見堂(今日の写真330 浮見堂)

2009年01月15日 | 旅の記
 ちょっと時期遅れの感が否めませんが、インターネットでお知り合いになった方に、浮見堂の写真をアップするとお約束してしまいました。
それにまだまだ奈良の旅は続きます。頑張って最後まで出したいと思っていますので、ご覧頂けたら嬉しいです。

 早朝に出かけようと友人に言われて、慌てて飛び出しました。
近くにある浮見堂を見るには早朝がいいというのです。


到着した時、まだ日は昇らず、お堂は明け切らぬ静寂の中にありました。




忍耐強く待つうちにやっと山の端から昇った太陽の光が、池の周りの林を通り抜けてお堂を照らした瞬間です。




しばし沸き立った朝もやが池の上を流れてゆき・・・





林の上に太陽が顔を出した時、眼前のもみじが見事に紅く染まったのでした。




朝日の中に浮かび上がった浮見堂は、初冬の怜悧な空気に包まれてながら、どこかしっとりとした雰囲気を漂わせていました。




宿へ帰る道すがら、白い山茶花が私の心にせまって来ました。何故か私の心そのもののように思えたのでした。



コメント (5)