風になって

大好きな風になって日本だけでなく世界各国にも行って見たい。大好きな風になっていろんな人に出会ってみたいのです。

奈良への旅 その2 奈良公園・東大寺へ(今日の写真329 奈良公園)

2008年12月18日 | 旅の記
午後は奈良町からいよいよ奈良公園・東大寺を目指しました。
空は曇り。銀杏の黄葉やもみじが時々さす陽ざしに微かに輝いていました。





東大寺はあまりに有名なので、こんな小景を。
扉の前の彫刻は天の邪鬼・・・?


大仏をバックから




二月堂を眺め、夕景の奈良公園を一巡りしながら宿に帰りました。

鮮やかな紅葉の中を愛でながら行くカップル。


銀杏の絨毯の中にたたずむ中年の御夫妻


奈良公園のシンボルですね。



この時期の奈良公園はどちらかというと銀杏の黄葉が印象的でした。


コメント (11)

奈良への旅 その1 奈良町あたり (今日の写真 328 奈良町)

2008年12月13日 | 旅の記
11月の末、奈良に旅行してきました。
奈良が大好きな友人と二人。
手術が無事終わって、抗がん剤治療が進行中の頃
「行きたいな~」と思ったのです。
順調に行けば8月には治療が終わっていると思ったのです。

この奈良旅行を心のどこかで励みにしての治療でした。

予想が甘く、大幅に治療が遅れました。
副反応が強く、毎回点滴が延びたからです。
リハビリが殆ど出来ないまま、辛い抗がん剤治療が終わったのは
10月半ばでした。

紅葉の時期にあわせたかったのですが、
紅葉にはちょっと遅いかもしれない11月末になりました。
宿もやっととれて、あたふたと出かけていきました。
それまでろくろく歩いていなかった私は不安でしたが、
ま~タクシーもあるだろうからと、踏み切ったのでした。

奈良は 紅葉も、紅葉を配した寺院の建造物も、
その中に鎮座する仏像群も素晴らしくて・・・・。
写真をとれない院内は別として
カメラを片手に飛び回っていました。

でも本当のことを言うと
後遺症で痺れた足は靴が触るたびに痛んでいたのです。
そして3日目はとうとう膝の痛みに恐れをなして病院を受診しました。

でもそれでも奈良は素晴らしくて、
その感激を少しでもお伝えできたらと思うのです。

まずは昼食のお蕎麦屋さんを目指して、奈良町を歩きました。
格子造りが美しい町家が続く街をテクテク歩き続けたのですが、
なかなか行き着きませんでした。







迷いながら歩くこと30分以上、やっとたどり着いた蕎麦屋の中は
ちょっとしたアートスペース。




いっぱいぶら下がっているのはお猿(申)さん。江戸時代から続く庚申さんのお遣いなのだそうです。こうしてぶら下げて災難が入らないようにするのです。


格子造りのお店を覗いて見ましょう。


ため息がでるような柔らかで美しい草木染のお店や、袋物のお店に出会いました。



このあたりから駅を目指すとこれぞ有名な興福寺の五重の塔にぶつかりました。
興福寺にはよくポスターにもなっている阿修羅像があるのですが、
今回は残念ながら会えませんでした。



コメント (8)