風になって

大好きな風になって日本だけでなく世界各国にも行って見たい。大好きな風になっていろんな人に出会ってみたいのです。

奈良への旅 その2 奈良公園・東大寺へ(今日の写真329 奈良公園)

2008年12月18日 | 旅の記
午後は奈良町からいよいよ奈良公園・東大寺を目指しました。
空は曇り。銀杏の黄葉やもみじが時々さす陽ざしに微かに輝いていました。





東大寺はあまりに有名なので、こんな小景を。
扉の前の彫刻は天の邪鬼・・・?


大仏をバックから




二月堂を眺め、夕景の奈良公園を一巡りしながら宿に帰りました。

鮮やかな紅葉の中を愛でながら行くカップル。


銀杏の絨毯の中にたたずむ中年の御夫妻


奈良公園のシンボルですね。



この時期の奈良公園はどちらかというと銀杏の黄葉が印象的でした。



コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 奈良への旅 その1 奈良町... | トップ | 奈良への旅 その3 朝日の... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (木脇さん)
2008-12-21 22:53:23
見ていただけたのですね。

見えたものを撮るのが精一杯で、
感じたものを表現することは出来なかったようです。

またお出かけ下さい。
こんにちはー♪ (hiziy)
2008-12-22 12:01:38
こすもすさん お加減はいかがでしょうか?
奈良の風景 銀杏の黄色い輝きがとっても印象的ですぅ!奈良の大仏様も今頃は 綺麗にお掃除されて鎮座されていることでしょう
 今年も残り少なくなってきましたねぇ!
月日の流れに 取り残されそうなこの頃です
御身体に留意されて お幸せな新年をお迎えくださいね
静かな古都 (和さん)
2008-12-27 11:20:31
奈良にお出掛けでしたか。
黄金の落ち葉がとても綺麗ですね。
鹿の姿もとてもやさしく、
ゆっくりとした時間を感じます。
ありがとうございました。 (hiziyさんへ)
2008-12-28 12:24:42
思いがけない年になったこの一年でしたが、
いつも励ましの言葉、見守りの視線
ありがとうございました。

来年は穏やかで充実した年になって欲しいですね。
お互いに。
お出かけありがとうございます。 (和さんさん)
2008-12-28 12:30:28
足が痛くてその実きついところもありましたが、
奈良には奈良のたたずまい、時の流れが
あるのですね。

とてもいいところでした。

来年もよろしくお願い致します。
あと1時間で2009年ですね (frag6)
2008-12-31 23:10:22
kosumosuさん! 随分とこの場ではご無沙汰しました。貴女にとって、この一年は大変に難儀な年でしたね。

コチラも色々と周りの風景が変わって見えてくる出来事が多く、年老いることへの心がけを再認識させられる年になりました。生き残るということは孤独になるという事でもあります。

友人に導かれて古都奈良へ。仏像群に出会って身も心も洗われ恵みを受けられたのでは?これもお陰様というべきかも知れません。

来る年がkosumosuさんにとって、より佳い年でありますように。
明けましておめでとうございます。 (のの)
2009-01-01 08:15:05
コスモスさん、明けましておめでとうございます
今年一年、良いことが沢山ありますよう。
コスモスさんの心のこもったお写真、楽しみにしています。
どうぞよろしく~~♪のの
あけましておめでとうございます! (kuu)
2009-01-07 15:15:49
こすもすさん、昨年はいろいろとありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。
例の井の頭公園のイベントには出店申し込みしませんでした。(^^; 今年は今のところノーイベントの予定です。

風景写真はやはり空気のいいところで撮るといいですね。雰囲気のある写真をいつも撮られていますが、今回は強く感じました。
申し訳ありませんでした (frag6さんへ)
2009-01-07 17:58:38
折角コメントいただいたのに、ご返礼が年を越してしまいました。

いつも励ましていただいてとても感謝しています。

frag6さんの年を重ねることの実感には及ばないかもしてませんが、衰えを感じながらいることのやるせなさを、しみじみ思っています。
その時の迎え方は人それぞれだとは思うのですが。

新しきことに挑戦し続けることによって、
元気な年を過ごすことが出来るのかもしれません。

ことしもどうぞよろしくお願いいたします。



こちらこそよろしくお願いいたします (ののさんへ)
2009-01-07 18:31:54
お返事遅くなってしまって、ごめんなさい。
気づくのが遅れてしまいました。

いつもありがとうございます。
写真を楽しみに撮り続けて行きたいと思っています。

どうぞよろしく。

コメントを投稿

旅の記」カテゴリの最新記事