風になって

大好きな風になって日本だけでなく世界各国にも行って見たい。大好きな風になっていろんな人に出会ってみたいのです。

すっかりご無沙汰してしまいました。

2014年02月13日 | 随想
 気がついてみれば3カ月ものご無沙汰。

特に不調だったわけではないのですが、福島への旅行の後、
いろいろ忙しかったのも、事実です。
あまり、体力がなくて、しゃきしゃきとはいろんなことがこなせません。
動いては休み動いては休みしながら、選んだことを何とかこなしながら過ごしてきました。

目下一番、エネルギーを使っているのは、教科書問題。
安倍首相の教育再生を先取りした育鵬社という出版社の中学生社会科教科書が採択されたのが発端です。
何しろ国民主権のページに天皇が大臣や最高裁長官に任命書を渡す写真満載の教科書ですから。
都知事選挙と教科書問題での大きな集会が重なり、われながら、よく持ちこたえたものと・・・・。

もうひとつはFBにはまってしまって、ネット選挙を体験していまし
日々入ってくる情報、候補者について発信されるニュース。
宇都宮さんという人の素晴らしさをしるにつけて、
沢山の若者がボランティアとして生き生きと活動していました。
結果に意気消沈することなく、もう前を見ているそんな印象を持ちました。

でも現実の国政は、戦前への回帰が急速に進んでいます。
生きるに甲斐ある時と思うことにして・・・。
なんて、新年のご挨拶みたいですが、よろしく。
コメント

写真集のご案内

2013年04月12日 | 随想
 もうこのブログに投稿出来なくなって2年がたってしまいました。

この間いろいろありましたが、写真集を作りたいと思い立ったのは2年余り前。
でも長い期間撮ってきた写真の整理があまりに悪くて、手がつけられないでいました。

無理かなと思った時、このブログ「風になって」に投稿してきたものをフォトダイアリーとして
写真集にすることを思いつきました。

ある時、お知り合いになった小さな出版社の編集者の方にその旨打診しましたら、引き受けていただけることになりました。自費出版でしたが。

スタートしたものの、手術後2年目から出てきた後遺症に散々悩まされて、
延々と時は流れ、
3年目のこの3月末にやっと写真集として刷りあがりました。
古希の誕生日と術後5年経過という少々おめでたい日に。

この間いろんなことを学びました。
インターネットのブログと 本とは全く異なるものだということです。
編集が如何に大切かということです。

それに彼女は (そうです女性編集者でした) 私のブログにとても共鳴して下さったように思います。
そのことが私にとってはとても励ましになりました。

そして一方、このブログを書いていた時、
いろいろコメントをくださった方たちのことが思い出され、懐かしく大きな励ましになりました。

それに、自信過剰と言われるかもしれませんが、初めて読んでいただける方にも
このフォトダイアリーは何かを伝えられるのではと 思っているのです。

フォトダイアリーは、ちょっと新しいスタイルではと思ったりもしています。
写真にも 日記にも 丹精が籠っています。

ぜひ たくさんの方の手に取っていただけたらと願っています。
ご購読いただければ幸いです。



118題 117ページ B5変形版
本体価格 2000円
送料    実費

関心をお持ちいただけたら下記にメールにてお問い合わせください。

lemon18jp@yahoo.co.jp 私のメールアドレスです。




ネット書店上の紹介ページはこちら。

紀伊国屋   http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784902498196 

ムーンプレス  http://www.moonpress.net/book29.html



コメント (8)

秋に向かって・・・(今日の写真346 庭にて)

2010年09月19日 | 随想

急に朝夕涼しくなったら、朝顔が俄然元気になって、30もの花を開きました。



 先日のブログで、もう旅人にはなれないかも知れないと悲観的なことを書いてしまったら、
手紙やら、電話でお見舞いの言葉をいただきました。

元の病気が病気なので、心配をおかけてしてしまったようで、申し訳ありませんでした。

旅の見通しはまだですが、、狭い距離の範囲ながら、写真は撮っていることをお知らせしたくて・・・。




夏を送るように見えました。真っ赤なアメリカ芙蓉。





植えること3度目にやっと花を咲かせた酔芙蓉の幻想的な小部屋。





雨上がりの朝の光に、檸檬の実が浮かび上がって。




きばなコスモスが元気をくれます。




夕方の庭には、シジミ蝶がピンクの可愛い花で一休み。
花火草とも、ハゼランともいう花です。
すごい繁殖力なのです。
コメント (11)

終わってしまったのですね、風の盆。

2010年09月06日 | 随想


 耳の奥に、あの哀愁を帯びた胡弓の音色が響きます。

昨年、やっとの思いで出かけた風の盆。

このブログにも書いたのでした。

http://blog.goo.ne.jp/lemon18jp/e/f31177e45968bea6d10c1a4d24a939c9

「次の機会こそはあの石畳と旧家の家並みの中で
町ながしを見ようと心に決めて 帰ってきました」と。

親切にしていただいたマイケルさんはお元気かしら。

昨年一緒に行った友人と1年経ったんだね~と。
行きたかったけれど、足がゆうことをきいてくれませんでした。
今年は、こんなTシャツを眺めながら、八尾の坂に吹いた風を思い出して過ぎて行きました。
コメント (4)

ささやかな風になって(今日の写真 345ハーブの花々)

2010年09月01日 | 随想
私のブログはご覧のように「風になって」です。
私は風が大好きです。
肌を心地よく包み込んで流れる風
その風にくるまれて
行ったことのない場所へ、知りたいことがある場所へ出かけること
それも出来るだけ異国に。
それは非日常への脱出、それが大好きでした。

それが、もう風になれないかもしれない。
そんな不安の中にあります。
術後2年も経ってから現われた不調は、目下私の自由を奪っています。
自由に出歩けない。
そのことにとてもめげています。

この夏もたった1回しか出かけられませんでした。
八ヶ岳の麓の町、小淵沢のハーブ園へ。

朝夕の風が幾分涼しくなって、
異常気象といわれた夏の暑さが和らいでくれるかもしれないそんな期待をこめて
ハーブの花々をアップしておきます。
















この蝶々の触角何本に見えますか?ちょっと不思議でしょう。



翌日は残念ながら雨。
雫を纏ったハーブになりました。








花々が輝きを放つには、やはり光が・・・。

コメント (8)

春の光の中で(今日の写真 343 春の光の中で )

2010年04月30日 | 随想
また随分時間がたってしまいました。

先日4ヶ月ぶりで、写真のサークルに顔を出したときのことです。
旧師に当たる方から言われました。
「全然ブログアップしてないから、心配したよ、
人に心配かけるからアップしたほうがいいよ」と。

そこまで気が回らなかった私、
相変わらず文章がなかなか書けないので、
それではと写真をアップすることにしました。


春と冬が交互にめぐって来る今年。
先週、久しぶりに春の陽気に恵まれた日。
我が家の庭の木々、草花を撮りました。

植えたばかりの金蓮花 たしか ナスタジュウムといったような。
光の中で本当に輝いて見えました。
背景の草は私の大好きな大好きな・・・なのに名前を知りません。




アップにするとこんな風合いなのです。



モッコウバラも今では満開です。
華奢に見える花なのに、実に生命力旺盛なのです。



この時期、木々の緑の美しさは格別です。
選定で切り落としてしまった橘アジサイ?がもったいなくて、
写真に残しておきました。




最後は咲くのをひたすら待っているクレマチス。
どんな紫色でしょう。後2~3日でしょうか。
でもお天気しだいですね。

ps:何故か隅っこに小さく出ていた余分な一枚目が、大きくなって消せません。
  見苦しくてごめんなさい。

コメント (13)

新春・凍る朝 (今日の写真 342  凍てつく朝)

2010年01月05日 | 随想
すっかりご無沙汰しています。
時間の経つことがどんどん早くなっていきます。

昨年暮れはわけあって片付けに追われていました。
写真もどうもいまひとつ。悩んでいます。

あわただしく明けた新年
凍てついたその日、住宅内の小さな池に出かけました。

うすいながら凍った池が光をうけてマジック演じてくれました。






コサギが一羽静かに・・・・。


朝日をバックにして、澄み切った空気の中に立つのはメタセコイア。
コメント (13)

私もchangeに挑戦します!(今日の写真 338 庭の隅で )

2009年08月28日 | 随想

光る糸
 微かな風が蜘蛛の巣をゆらせて、小さなヒカリの玉をつくってくれました。




ブルーサルビア
 こんなに近づくと花の房は不思議の国への入り口のように・・・。



アスパラガス
 柔らかな葉っぱがファンタスティックな緑の森に見えました。

長い間
写真に語らせ、
それを言葉で補足する
そんなブログを続けてきました。

でも物語れる写真を撮ることも
写真を選択することも
予想以上にエネルギーを必要としていました。

でも残念ながらそれだけのエネルギーは
今の私には維持するのが難しいようです。

やはり、昨年の病気のせいもあるのでしょう。
写真の取り込みも方式が変わったようで、
思ったように行きません。

でも言葉で伝えて
写真は添える
そんなスタイルなら続けられるかもしれません。

しばらくそんなスタイルに挑戦してみようと思っています。




コメント (3)

よかったらお出かけください。

2009年07月27日 | 随想
ある画家さんが、東京會舘で個展を開きます。
お時間と興味がおありでしたら、是非お顔を出していただけたらと願っています。

随分前にブログで書いた画家さんで、ウエハライチロウという方です。

彼はいま3度目の病と闘っています。

全く偶然に4年前に伊豆高原のギャラリーで会いました。
とても印象的な出会いでした。
既成の権威に頼らず、
独学で
内から溢れる思いのままに描いてきた画家です。

4年前にその出会いを書いたブログです。
http://blog.goo.ne.jp/lemon18jp/e/107aaa9966c5465f068d0a8e317beb98

精神性の高さを感じさせる絵です。
平林寺の住職が禅に通じるものがあると
言われたそうです。
見ればそうとわかる絵です。

昨年私が同じ病いで入院する直前
彼もまた肝臓で発症が見られ治療中だというメールをもらったのでした。

そして今現在、転移という症状とと闘いながら
今回の個展を開くことに、
そして来年はニューヨークで個展を開くことに決めたのだそうです。
その前向きな心意気に圧倒されています。

彼にとっては一人でも多くの方に見てもらえることがエネルギーの源になるでしょう。
だから何とか応援したいと思うのです。


ウエハライチロウ展
7月27日〔月〕-8月2日〔日)
午前11時~午後7時
東京會舘ギャラリー ロビー2階
強靭な和紙に、墨とガッシュで描かれた形と色の美しさ!
宇宙のリズムや調和を表したシンプルで生命力に満ちたモダンアートは、多くの人々の心を癒します。(DMより)







コメント

いろんなことがおきます(今日の写真 336 百合とルビースターなど)

2009年07月01日 | 随想
毎日毎日、書き留めておきたいと思う心に残ることが起きています。

悲喜こもごも。

恩師にプレゼントするおいしいお酒を買いたいという友人のために、
車で出かけました。その奥多摩で車のタイヤがパンク。
でもカードに付随するロードサービスで事なきを得、1時間後には帰路に。
不幸中の幸いでした。

この春、小さな菜園を庭の一角に作りました、なんてね。
たった胡瓜2本、トマト3本、茄子2本。
でも30年以上土いじりをしていない友人はとっても楽しみにして、
来るたびにあれこれ世話をやいていました。
この3日ほどで胡瓜が4本も採れました。
友人はそれはそれは嬉しそうに、おいしそうに食べています。

さらに、今年から農園を借りた友人が取れたての胡瓜やインゲン、
大根を届けてくれました。これも嬉しい出来事です。

娘が手術を受けたモノを心配して仕事帰りに泊まりに来ました。
でもまだ退院していなくて会えないままに帰っていきました。
ところがその娘が帰った日、職場で発熱。
本人は出勤途中のバスの冷房のせいで風邪をひいたとメールして来て、
心配させました。
やけに早い発熱だと思ったのですが・・・。
そしたら今日、あれは実は熱中症だったと。
仕事が忙しすぎて水分を取らなかったせいだと。
娘の勤務先は病院です。

そして最後に一番心に残ったことを。
25日に初サラリーをもらった息子が
今夜、ほぼ1ヶ月ぶりに帰ってきました。
「なにか欲しいものある?」「それとも借金の返済に当てようか?」
借金なんてどれだけあるのか、覚えていられないほど。
この際記念になるものが良いに決まっています。

丁度時計のベルトが不具合。
時計屋さんに持っていったら修理不能というのです。
納得いきませんでしたが、そのまま使っておりました。
で「時計がいいかしら」と。
早速息子が反応して近くの駅ビルへ連れて行ってくれました。
まずはおいしいおすしをご馳走になって、元気いっぱいで時計屋さんへ。
選ぶこと10数分。
文字盤が光るグリーンのちょっと目新しい時計にしました。
私たちが彼にプレゼントした時計の数分の一の値段ではありましたが、
気に入ったのだからいいのです。

庭にすっかり馴染みになった花が咲きました。
百合


ルビースタ



そして雨の中のアガパンサス

コメント (11)

ご無沙汰しています

2008年05月03日 | 随想
近況報告です。

術後10日たちました。
いや~痛かった。
歩くということがどれだけ大変な事か。
いろいろ貴重な体験をしています。

どうやら完全手遅れという最悪の状況には立ち至っておらず
抗がん剤投与を含めて、これからも治療が継続されることになりました。

なにかをしていないと、痛みにばかり神経が集中してしまいます。
一眼レフデジカメは重すぎて無理です。
カメラを筆に持ち替えて絵手紙などを楽しんでいます。

もう少しして退院できたら、
昔の写真で顔を出させていただこうかしらと思っています。
やりたいことがあるということが、人を強くさせるということも
実感した大切なことです。
好きなこと、やりたいことがあるって大事ですね。

それではまたしばらくのご無沙汰です。
コメント (9)

さまざまなスペース(今日の写真310 スペース)

2007年12月26日 | 随想

私はいまではかなり馴染んだ、秘密のスペースに出かける途中でした。
前を走っていたトラックの後にこんな面白いものを見つけて、思わずパチリ。かわいいでしょう。
偶然、今日出かけたメガネ屋さんでHOYAという会社のイメージキャラだとわかりました。



その後、ふと見上げた空高く、飛行雲が伸びていきました。
自由な宇宙が広がっている、あおいな~。
あの飛行機はどこに向かっているのかしら・・・、
私が飛行機に乗ったのは9月だったな。
そうですニュージランドに行ったのでした。




ムンクの絵画展を見に上野に出かけました。
ムンクには「叫び」などとは違った絵があることを知りました。
そして、壁画を構成することを意識した絵を描き続けていたことも。

会場の美術館の外に広がる空間がテーブルに映っていました。
不思議な感じの空間が出来ていました。


こんな風にとりとめもなくつながっていく時間と空間
そんな時間と空間を生きていくって
贅沢なのかしら それとも ・・・・


コメント (1)

こんな小さな噴水なのに・・・

2007年11月29日 | 随想
そろそろ1ヶ月になるでしょうか。
エッと思うような新聞の見出しに出くわしました。
公園の噴水で遊ぶ子どもの声がうるさいからと
噴水の中止を求めた住民が裁判で勝訴。
即 噴水が止められたという記事でした。

私も時々行く公園です。
西東京市に最近登場した「いこいの森公園」。
国立の研究機関の跡地に出来た公園です。
そういえば小さな噴水があったかと。


看板の上1/3位のところに、小さく噴水とあります。

私は子どもが遊ぶ頃に行ったことがないので、
どれほどの賑やかさであったかわかりません。
暑い夏の日、子どもたちがここで歓声をあげて水遊びをしたのでしょうか。
一体どのくらいの時間、どのくらいの人数の子どもが遊んだのでしょう。
ただでさえ、遊び場を奪われている子どもたちなのに。
裁判までしなくてはならなかったのかしらと思いました。

訴えた女性は病身だったのかしら・・・。
市側にももっと対策はなかったのでしょうか。
詳細がわからないだけに迂闊には言えませんが、
あんな広い公園の入り口のところでと思いました。

奥にある公園には立派なウォーキングスペースがあり、
花々が咲き、草が生え、ピオトープの池があり
一番奥には高いアケボノ杉が黄葉を待っています。

都会での人の権利の主張というのは難しいものだと
つくづく思いました。

こどもの遊ぶ声も騒音になるのですから。
都会の中にある保育園や小学校はどうなるのでしょう?














コメント (3)

小さなミステリー その後(今日の写真303 オンネトーの秋景色)

2007年10月29日 | 随想


小さなミステリー

何故あのことが起こったか?
私の推理を書いておきます。

謎のキーポイントはワゴンにあると考えました。
私と同じように梨を食べたいと思った人がそれを籠に入れました。
次に細切りのキャベツを籠に入れます、これはレタスの隣にありました。
(きっと単身者ではないかと思うのですが。)
私と前後しながらワゴンを押して買い物をしていたのでしょう。

一旦、ワゴンから離れた私は、次の買いたいものを手にして
この方のワゴンに次々と品物をいれレジまで行ってしまったのでしょう。
だから最初の2品だけが入れ替わり、
後は買いたい品がかごにあったというわけです。

これなら説明がつくのです。

私にワゴンを取り替えられた方は(もしかすると逆かも知れませんが)
どうされたのかしら・・・・・。
コメント (1)

小さなミステリー(今日の写真 301 美瑛近くの黄葉)

2007年10月26日 | 随想


昨日のことです。
近くのスーパーに買い物に。

籠をワゴンに乗せて売り場へ。
果物売り場で大きな梨(新高)を手にしましたが、1個250円、
ちょっと高いし梨はまだあったことを思い出して、止めました。
その代わり洋ナシのラセーヌを籠に入れたのです。

次にサラダ用にレタスを買うことにしました。
プラシチックのケースに入っていたのですが、
レタスを手に取るときにそのケースを落としてしまったので
慌てて入れ直したことを覚えています。

ついでえのき1袋を籠に入れました。
その後は、刺身、納豆、パンなどを入れてレジに行ったのです。

ところがレジで係りの方が打ち出し始めてびっくり。
梨は新高に、レタスは細切りキャベツに変わり、
えのきが入っていません。
後は買うために籠に入れたものがそのまま入っていました。

え~っと驚いているうちに合計が出てしまい、そのまま買うことに。
こんなに記憶がはっきりしているのに?????

かくしてこの不思議、ここまで呆けてしまったかと一瞬悩みました。

必死にこのミステリーの原因を考えました。
そしてはたと思いついたのです。
さあ、ミステリアスな出来事の正体はお分かりでしょうか?

次回にpsで書き込みます。それまで考えてみていただけますか。

写真は、阿寒湖から美瑛に抜ける途中の山々の黄葉です。先週撮ったものです。
北海道は間もなく冬、山々は雪を抱き始め、
林は黄葉、紅葉に溢れていました。
そちらはまた後日。



コメント (1)