世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

次期参議院選挙で民主党へ投票しないことについて

2010-06-23 00:00:00 | 政治・行政
次の参議院選挙では民主党へ投票しない。なぜなら、実現可能性が乏しくて政策に期待が持てないからだ。政権交代してまだ1年も経っていないが、ガソリン税の暫定税率廃止や日本郵政の官僚天下り等、民主党が掲げてきたマニフェストに反する政策が数多く実行されてきた。昨年の衆議院選挙では消費税増税はせず無駄遣い廃止でなんとか財源を確保する等と調子のいい事を言っていたが、結局それでは非現実的なので10%に増税などといっている。民主党の政策など悪く言ってしまえば詐欺である。

今は首相が代わり脱小沢色を打ち立てることで支持率をどうにか保っているが、はっきりいって今の菅内閣も期待が持てないし、私は不支持だ。不正を行っている人や疑いのある人を排除し、どれだけクリーンで人格的に立派な人物を閣僚にしようとも肝心の政策がよくなくては落第というしかない。

確かに人柄やクリーンさは重要だが、それ以上に重要なのはよい政策を立てきちんと実行していくことだ。それができなければ政治家や政党としては落第である。それは別な例で言えば、非常に人格的に立派な人物だが料理ができない人が料理人として失格なのと同じ事だ。

1年前の衆議院選で民主党が掲げてきた政策は次々実現困難な事が発覚し、国民を裏切り続けてきた。その性質は鳩山前首相や小沢前幹事長が職を退こうと変わっていない。結局、民主党のマニフェストは政権奪取や維持に都合のよいことを言っているだけで、実現可能性が乏しく期待できない。

だから私は菅内閣を支持しないし、次期参議院選も民主党に投票しない。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« パーフェクトなキャラクター... | トップ | 公開している記事の影響について »

関連するみんなの記事