世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

女流棋士の実力について

2009-03-25 00:18:12 | 囲碁・将棋
将棋を知らない人と女流棋士の話をすると、「普通の六段と女流六段って同じ実力なんでしょ?」「将棋って知能勝負なのに男女別に戦ってるのはおかしくない?知能には体力みたいに男女差はないでしょ。どうして女流棋士制度があるの?」といったことを述べる人がいる。

女流棋士と一般プロ棋士(以下、一般棋士と略す)の実力差についてこのような誤解ないし疑問を持つ人のほとんどは将棋界についてほとんど知らない人だろう。

以下に述べることは男女平等思想が広まっている現代においては否定的にうつり批判を招くかもしれないが現実であるため端的に述べる。

はっきりいって女流棋士は一般棋士より圧倒的に実力が劣っているのが現実で、「女流棋士は一般棋士より弱い。」というのは将棋を知る人には常識である

女流棋士の一般棋士との対戦勝率は女流のトップですら3割にとどかないのが現実で、他の女流棋士にいたっては2割にとどくかどうかだ。最強の女流棋士・清水市代の全盛時代ですら、一般棋士と戦うと「弱い」というのが通説的見解である。女流棋士のトップの実力は奨励会初段程度で、それ以外の女流棋士は初段に満たない実力しかないのが現実である。

しかし、人によっては「最近の奨励会初段はすごい。一般棋士と戦ってもそこそこに勝つ人がいる。女流トップはそのレベルの高い奨励会初段と同程度の実力なのだからすごい。一般棋士と10回戦って2,3回勝てるんだから実力は思いのほか高い。」と評することがある。

しかし、私に言わせてもらえばこうした評価は客観的見解とは程遠いもので、女流棋士の実力を高く評したい又は女流棋士の実力が低いというのを否定したいという偏った見解に基づくものだと思う。

プロの世界では勝率は5割で互角だ。勝率が4割というだけでも、かなり負け越していおり対戦相手との相性が悪いと評する人もいるかもしれないが、実力に差があると見なす人もいる。それなのに、勝率が2、3割しかないという状態は相性が悪いという問題ではく明らかに実力が劣っている証拠である。「一般棋士相手に10回中2,3回勝てるから実力が高い。」というのは不当な評価であって「一般棋士相手に10回中2,3回しか勝てないから実力が劣っている。」とするのが正当な評価である。

当然の事ながら上に述べた一般棋士の六段と女流六段とは同じ実力ではなく、圧倒的に女流六段の方が弱い。それに上記の質問はプロの段位を勘違いしている。プロの段位は実力の指標というより、肩書きや地位である。低段の人間でも強い棋士はいるし、高段でもそれほど強い棋士といえない人もいる。例えば、郷田真隆はデビューしたての四段で王位のタイトルホルダーになった。

しかし、段位が棋士の地位だったとしても一般棋士の六段と女流六段は同等ではなく、女流六段の方がずっと低い地位である。そもそも女流棋士は日本将棋連盟の正会員ではなくプロの最低位である新人の四段より地位が低い。それを示す一つの例を述べると、将棋のタイトル戦の一つ王座戦の予選一回戦では女流棋士トップ4名と新人の四段が戦う機会があるが、上座に座るのは新人の四段棋士だということが挙げられる。

また、上記の質問にある「なぜ将棋は男女別にしているのか?」「なぜ女流棋士制度が存在するのか?」という問いに対しては女流棋士制度の設立経緯から回答する必要がある。

もともと一般棋士になる正規のルート(奨励会→四段昇段)は男女別の制限をしているわけでなく男女平等である。女性だからといって一般棋士になる上で制度上の制約があるわけでない

むしろ女性は男性よりも優遇されていて、女性は女流棋士ルート、一般棋士への正規ルート、プロ棋士編入試験ルートの三つの道を自由に選べるのだ。それに対し、男性がプロになるには正規ルート又は新たに設けられたプロ棋士編入試験ルートしかない。

しかし、男女平等で進めてきた一般棋士への正規ルートを通過したのは現在まですべて男性であり、女性は現在まで一人も通過していない

女流棋士制度ができる以前は女性がプロ棋士になるためには正規ルートを通過するしかなかったが、男女平等の正規ルートでは現実問題としてあまりにも女性がプロになれず、女性への将棋普及が遅れる等不都合が生じた。そのため、女性への将棋普及等を目的として女流棋士制度が誕生したのである。

「知性は男女差がないはずなのになぜ男女で実力差があるのか?」という問い対しては多くの人が様々な意見を述べている。

「将棋人口1500万人のうちの女性人口は0.2%に過ぎず、数が圧倒的に違うのだからプロ棋士選抜の過程で男性の方が質の高い人が集まり実力差が生じる。」「男性の方が論理的思考、空間認知能力に長けた脳を持っているため女性よりも実力が高い。」「将棋は純然たる知性の勝負ではなく対局時間が丸1日近くなるなど長時間で体力を使う。そのため体力的に劣る女性が男性よりも不利になる。」

女流棋士が一般棋士よりも実力が劣る原因については上述のように様々なことが言われているが、どれも決定的な理由ではない。

この原因をきちんと突き止め真実を明らかにすることは将来的には合理的な制度運営のために必要だ。仮に男女に生来的な将棋の実力差があるなら男性と女性を同じ土俵で戦わせることは合理的でない。きちんと男女を区別しプロ棋士の選抜や棋戦を運営すべきである。それは、陸上競技で男女を分けるのと同じだ。ひょっとすると女流棋士が男性棋士に勝てない原因は100m走トップの男子に女子が勝てないのと同じことかもしれない。

男女に生来的な将棋の実力差がないなら、将棋が女性にきちんと普及したら女流棋士制度を廃止した方が合理的である。実力が平等なのに男女の形式的な区別だけで違った制度を設けるのは合理的でないし、実力差がないなら女性はいつか男性と同等の実績を残せるはずだ。

女性が女流棋士ルートと一般棋士正規ルート等を自由に選べる現行の制度は女性への将棋普及といった効果があるだけでなく、女性と男性に生来的な実力差がある場合とない場合の両方に対応できる点もよいと思う。現在では男女の実力差の原因についてはっきりとわかっていないのだから専門家の人がそれを明らかにするまで、専門家以外の人は実力差の原因について深く考えず現行の制度を維持するのがよい。専門家が原因を明らかにしたときに制度を改善すればよいのである。

女流棋士が圧倒的に一般棋士の実力に劣る現状で男女の知力差にその原因はないかという検討をするのは、下手をすると「女性は男性よりも知性が劣っている。」という結論になって周りから猛烈に批判されることになりかねない。多くの人は、特に女性は男女の能力は平等であると信じ、女性が男性に劣っているということを否定したがるが、科学的な真実と思想とは全く関係がない。中世の暗黒時代のように思想で真実を否定するようなことにならないでほしいし、真実から目を背けては合理的な制度は生まれない。

将来的には男女の将棋の実力差についてきちんと真実を明らかにし、適切な制度を運営しなければならない。しかし、真実を発見する作業は一般人が行っても憶測の域を出ないので専門家である学者に任せておけばよいだろう。

現状では女流棋士が男性棋士の実力に圧倒的に劣るのが現実だが、その原因や男女の生来的な実力差についてはいずれ明らかになるだろう。