エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

同窓会で落ち込んだ私を、心理学が救ってくれました!

2018-10-02 01:10:11 | 生き抜く知恵


地元の小学校時代の同窓会に出席して、他人と比較してしまいかなり落ち込んだ私を、レジリエンス(復活力)や幸福学が救ってくれました。

私は昔の同級生が正社員で働き結婚して子供がいる人達が多く、また昔のスクールカーストをなんとなく思い出してしまい、婚活や恋活も心がけたら女性達にあまり相手にされず一部から嫌われた様で、後日の自分の冴えない写った写真のダサい姿を見て、正直かなり凹み自信を失いかけました。

そんな時に、自分が学んできたレジリエンスのブログを読み返しました。

「健全な自尊心の大切さ。
(他人との比較ではなく、自身のあるがままの存在自体に価値を認める。そしてその自然な自己受容と、頑張る姿勢とを適切に両立させる。
高慢さより自分らしさを大切にする。
自分を褒める。脱完璧主義。たとえ10%の改善でも認めていく。プラス、マイナス両面受け入れる。
自分の強みを生かす。自分自身の人には言えない様な恥ずかしい面も受け入れる。)」

またポジティブ心理学の幸福学から、
「4 ありのままに!独立とあなたらしく。
他人と比較しない。比較するなら過去の自分や未来のこうありたいという自分の目標と比較する。
マイペースの重要さ。
しかし日本はわりと集団主義的な社会なので、マイペースと集団に合わせることのバランスをうまくとる。
人の評価をあまり気にしたり、一喜一憂しない。
自己概念の明確思考。」

よく考えてみれば、私は中学校位からかなり低迷の人生を歩んできたので、昔の同級生と比べたら冴えなくても、以前の私よりは着実に成長しています。よくここまで追いついたと言うべきかもしれません。
他人とは比較せずにマイナスを前向きに捉えて、屈辱を優しさに、敗北を強い向上心に、一匹狼さからマイペースを身につけて、はみ出し者さから真理探究に生かそうと思います。

同窓会の主催者や関係者の方達に深く感謝します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 松下幸之助の新書[運命を生か... | トップ | 世界で一番幸せな国である、... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
年を重なるにつれて (地元の同級生(古田))
2018-11-13 13:18:19
年をとるに連れて生き方に責任を持たねばなりません。30代、40代になるにつれて生き方が顔に
出てしまうのかもしれません。

確かにその通りだと思います。 (小林)
2018-11-13 17:39:59
「男の顔は履歴書」「20代までの顔は生まれや環境から、30代の顔は努力から、50代の顔には責任を持たなければならない。」という言葉もありますよね。なかなかうまく歳を重ねるのは、難しいですが、なるべく責任を自覚していきたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き抜く知恵」カテゴリの最新記事