エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

自分らしさとは自分のプラスとマイナスを両方含めて認める大切さを学びました。

2021-12-28 06:50:00 | Weblog




私を救ってくれた精神科医の斉藤茂太さんの言葉です。

「自分らしく生きようとは、自分の長所や誇れるものばかりでできているものではなく、自分の弱点、人より劣っているものを、含めて考えてこそ自分らしい生き方になる。
長所だけでは心のバランスが崩れて、よけいに気持ちがつらくなってゆく。ヤジロベーの様に、片手に長所、片手に欠点、そのちょうどいいバランスで平衡を保っていく。」



私は昨日になかなか治せない良くない悪習慣に逆戻りして、落ち込み自分を責めてもうろうと低迷して、自分を受け入れられずに早く寝てしまいました。
しかし翌朝にこの文章を思い出して、ムリに清廉潔白になるよりそれは目指す位で、現実的にはプラス、マイナス両面ある自分も受け入れて、長所を磨いてそれを生かして、短所はなるべく小さくして生きていきたいです。

また自分の中の悪の感情を認められず持て余し、家庭内暴力や自殺未遂までしてしまった、キリスト教徒の作家ヘルマン、ヘッセ青年が、中年期になって救われた心理学的な解決法はこちらになります。
それは善悪とはそれまでの二律背反的な考え方から、こちらの陰陽道の図(老子による道教にも近い)みたいに、善悪とは相対的でありかつ相補的なあり方とも考えることです。

こころの居心地がよくなる心理学」著 町沢静夫より抜粋。



コメント   この記事についてブログを書く
« 松下幸之助の成功観について! | トップ | 明けましておめでとうござい... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事