エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

高円寺素人の乱に行ってきました。

2011-08-12 14:00:48 | Weblog
平日、就職活動中ですが、現状仕事もないので、時間があるので、成果やミッションを果たす最短ルートを追うだけでなく、人生寄り道も大切かなと思い、以前から興味があった高円寺素人の乱の店に見学や古着を買いに行きました。


この活動は近年の格差社会で貧しい人が増えて、その原因が社会構造にあるとして、新自由主義の政策反対を、もっとおもしろく、生活感覚ある形でデモを行ったり、近年なら脱原発の原発反対デモを企画して、多分一番動員数が多いデモを行っている団体です。
高円寺素人の乱HP
ウィキぺディア
午後2時くらいに着いたのですが、高円寺はとても個人商店が多い人情味があるような人のつながりが強い商店街でした。めじめ正一が「高円寺純情商店街」という小説を書いていますが、まさにそんな感じでした。

そこで商店街を歩いても、携帯電池が切れてしまい、なかなか素人の乱の店が分からず、いろいろ歩き回って、それらしい看板がでてる店をようやく探し出しました。入ったら、お兄さんがいて、話しかけていろいろ聞いたりしていたら、その話している相手が、実はこの団体の発起人である松本哉さん本人であることがわかり、すごく驚きました。
本だと、すごく奇想天外なことを書いていますが、会ってみると、男らしい実務能力の高そうな、かつマイペースそうな人だと思いました。彼らなりの流儀で親切に対応してもらい感謝しています。

そこで本を買い、古着屋やバーなどは夕方から開くらしく、近くのマックで買った本を読んでいたのですが、ある意味さすが対抗文化だけあって、「今の時代企業に勤めることは、ある意味奴隷のようで、それより働かないか、自分で自営しよう」みたいな感じのメッセージで、最初はあまり共感できなかったのですが、ある意味働かないのはよくないと思いますが、会社組織に入るより、フリーランス的に自営していくのは今の時代にマッチした考え方かもしれないと思いました。それは大変な気もしますが。
貧乏人の逆襲

またその本で「勝手に生きてるやつら」という項目で、いろいろな団体が紹介されていて、興味深かったです。
ある意味、既存の社会の流れに反している対抗文化的な団体で、ちょっと下町の怪しいが自分たちで自己流で新しいカルチャーを提示している店などが載っていました。

その後、夕方になったので、オープンした素人の乱の古着屋を巡り、二軒で4着Tシャツを、トータル1600円という格安の値段で買えました。
店員さんが本に載っていた方で、話せたり、実態がみれてよかったです。
正直サービスのレベルではワタミなど大型チェーンの方が格段にいいですが、個人商店のいい意味でぶっきらぼうさが正直でここらしいのかなと思いました。
二軒目の古着屋さんはとても親切で、やはりこの素人の乱も、長く関わっている友人などを基点にして活動している印象を持ちました。

運動だけでなく、事業もしている団体を実際に見れて、商店街というものは現代の大型チェーンとは対抗している世界で、素人の乱とは相性がよく、やはり一人ではなかなか活動はできないが、いろいろな団体と繋がることは大きなうねりや活動を作っていく上で重要だと感じました。
また松本さんの本を読むと大学時代からとにかく小難しい理屈より、デモなどの行動派で、方向性を変えずにその経験の試行錯誤の積み重ねがこういった大きな運動や事業を行える力を培ったんではないかと思いました。

余談ですが、帰りに新宿のロフトプラスワンによったら、右翼の鈴木邦夫さんや田原総一郎さん達がイベントしてました。
ちなみに素人の乱の松本哉さんと雨宮処凛さんが初めて会ったのも、ここロフトプラスワンだったらしいです。
ロフトプラスワンHP
ウィキぺディア
コメント (3)

衆議院議員の山崎誠さんの原発などについて話し合うゼミに参加してきました。

2011-08-12 12:41:16 | Weblog
民主党の環境派の私の地元の議員さんの山崎誠さんと、社会学者宮台真司さんと、市民で原子力の資料室で活動している澤井正子さんと、高尾山の開発反対をしている著名な環境活動家の坂田昌子さん達が開く、しろうとゼミという市民参加の勉強会を開きました。

山崎さんは、3,11以前から民主党で珍しく、脱原発を主張してきた議員で、上岡原発の工事中止を求めて、いろいろ活動したり、地域密着の環境NPOの現場に多く足を運び、私が活動していた稲城の里山の大規模開発反対の活動にも視察に来てくださいました。

横浜国立大学の博士課程で環境政策を研究していて、支援者の方によると「ラディカル」な環境面で構造的な変革を求める急進的な考え方の議員さんだと思います。

いくら衆議院議員でも、国や行政の施策を変えることは、簡単にはできませんが、そういったことにブレーキを踏めるのは市民だとおしゃっていました。民主的な議論が必要だと言っていました。

現在は、中央集権的なシステムで経産省などの官僚と、政治家と、経済界の有力者が国の政策を決めていますが、もっと地方分権を進めて、共同体による住民の自治を進めていくことが、国を変えていくだめには必要だと宮台さんや山崎さんは主張していました。

今社会を変えていきたい人は大勢いるのに、なかなか改革が進まないのは、社会のシステムに問題があるという言葉が印象的でした。

多くの議員が、しがらみや利権に囚われ、本当に正しいと思うことをなかなか主張できず、議員の間でも原子力はタブー扱いであったと山崎さんは言っていました。
また今の脱原発の時流に乗って主張している議員の本質を見抜けとも言っていました。

また山崎さんは、今のメディアが十分に機能していないとも言っていて、東電は広告費に300億円年間で使っていて、そのため本当に必要な情報をマスコミは発信しないとも言っていました。

それはNHKも同じことで、そこは一見良心的な放送をしているようでも、政府の見解に影響された
内容であるので、一種北朝鮮に近いとも参加者のどなたかが言っていました。
そこで注目されるのが、ustreamやyutubeなどのしがらみのない市民発のメディアが大きな意味を持つようになってきたとも言っていました。自分がメディアになり、発信する大切さを言っていました。

また山崎さんは今国が進めているリニア中央新幹線の開発にも反対していて、現状は専門家だけで決めていて、実質市民の声がほとんど聞く耳を持たれていないことに怒っていました。

またエネルギー地産地消の図っていくことが大切で、どれだけ電力が必要か電力会社が情報を
市民に情報を公開し、安易に電力会社が主導で進めるオール電化という方向性にしないといったことや、電力のピークの夏の数日間が問題なので、そこだけ、もっと休むことを推奨するが、どうしても必要な企業には優先的に電気を提供するなど、意見が出ました。

支援者の方の話によると、山崎さんは民主党でも管さんのグループに所属していて、孫正義さんとの会議にも立ち会っていたらしく、今の管さんたちが再生エネルギー法案などの法案通過を図っていますが、その中枢にいる方かもしれないとの話を聞きました。


山崎さんのfacebookページ
コメント (4)