眠らない街

将棋、サッカー、スノボ、マンガとちょっぴり恋愛話など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちはやふる

2009年07月13日 | マンガ
少年、少女、青年、レディースにこだわらずマンガを読んでいます。
以前から興味があったのですが、ようやくこの作品「ちはやふる」を読んでみました。

競技かるた(百人一首)を題材にした作品ですが、かなり面白い!超面白い!
過去読んだ作品の中で、5本の指に入るかもしれません。
現在5巻まで出ていますが、つなぎのような回がなく、どの回も読者に読み応えを与えてくれます。
「夏子の酒」の終盤のような、濃密さがありますね。

ストーリーは・・・、
美人の姉の陰に隠れていた主人公の千早(1巻では小学生。2巻から高校生)が、転校生の少年新(あらた)から競技かるたを教わります
新は、全国大会年少の部で入賞の常連。名人の孫。並みのプレイヤーではありません。
千早は、新との初対戦の時、圧敗(そりゃそうだ)しますが、新がガチで戦ったにも関わらず、新よりも素早い反応で1枚の札を取ります。
千早の才能に驚愕する新。
自分の名前の入った「ちはやふる」の札を取って、かるたの魅力を知った千早。
しかし、この後、実家の都合で故郷の福井へ。千早と離れることになります。
千早と新は、全国大会での再開を約束して、かるたの道を突き進むことになります。
・・・という感じ。

競技かるたは個人戦だけかと思いきや、団体戦もあります
この作品では、千早のクイーン(女性優勝者)を目指した戦いもあれば、団体戦もあります。
皆が頑張っている中で、相手が強者であっても簡単には負けられない想い。
チームを背負ったエース同士の白熱した戦い。
息使いまで聞こえ、自分の周辺だけ時間が遅く流れるような感覚。
将棋の職団戦決勝を戦っているような緊張感。
戦いをこれほどリアルに表現したマンガを、私は知りません。
ヒカルの碁やハチワンダイバーよりも、リアルの勝負というものを描き切っていると思います。

また、千早のチームメートになった太一、勉、奏、優征もそれぞれ背負っているものがあり、それが骨太のストーリーとなっています。
例えば、優征は、小学1年生の頃から競技かるたをやっていて、全国大会準優勝(決勝で新に負けた)したこともあるプレーヤー。
しかし、なかなか結果が出ず、情熱を失いかけてる半面、自分はこんなもんじゃないというくすぶった思いも抱えています。
「おれだけの試合じゃない。もっと練習してればよかったよ。勝ちたいよ!」
どのキャラも千早に触発されて、一点の曇りもなくかるたに打ち込むようになって行きます。

皆がピュアだから、この作品は気持ちいい。
競技かるたを題材にした作品だけど、勝負の世界に身を投じている人、今くすぶっている人に読んでもらいたい作品です。
自分も頑張ってみようという気になります。
しっかし、いかにも文系クラブ活動という感じのかるたですが、この作品を読めばハードな「スポーツ」ということがよく分かります。
かるたという題材、濃密な描写。とにかくスゴイ作品ですわ。脱帽!!
コメント   この記事についてブログを書く
« 松屋で肉なし | トップ | 東京V-甲府戦 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

マンガ」カテゴリの最新記事