お米のお菓子屋さん TROLLEY

お米でお菓子とパンを作っています。お米のお菓子って、素朴でなんだか懐かしい味。なんと、お米も作ってしまいました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あきたこまちがおいしい季節になりました。

2012-10-06 23:19:26 | 米づくり
ただいま秋田では稲刈り真っ最中です。

9月の後半から始まった稲刈りも、まだまだやっと3分の2が終わったところです。
今年もとてもつやのよいぴかぴかしたお米がたくさん実っていますよ。

新米はさっそく食べていますが、もちもちしていて甘みもあって香りもよく、
食べながらもまた次のひとくちが食べたくてヨダレが出てきてしまうほどおいしいです。
表現がわかりにくかったらごめんなさい。
あきたこまちは好みで好き嫌いがあると思いますが、もちもちしたお米がお好きでしたらきっと気に入っていただけると思います。



我が家は自家製の米ぬか肥料を使っていますので、うまみが強く感じるのもこの肥料でお米に負担をかけずにのびのびと育てたおかげかもしれません。
こう書きながらもまた食べたくなってきましたよ。

10月に入ったというのに稲刈り日和の晴れの日はとても暑い日差しです。
空はとてもきれいな青色で、稲穂はきらきらした黄色と葉の若草色が太陽の光で反射してそれはそれはとても美しい景色に囲まれて作業しています。

この景色が360度!電線も鉄塔もビルもない広い空と大地がひろがっています。



我が家では、お米のほかに田んぼの近くの畑で黒豆を育てています。
無肥料、無農薬なのにひとつの枝にこれだけたくさんの豆がつきます。
手を加えるのは雑草を取ったり、枝を少し剪定するくらい。
いわば「ほったらかし農法」です。
自然の力にすっかり任せてみたら、すくすくと成長してくれました。



これはちょうど今が枝豆として食べごろなんです。
甘みがあって、豆のあじが濃いおいし~い枝豆ですよ。
黒豆として収穫するのは来月。少し冬を感じるくらい寒くなったら真っ黒の豆が完成します。
完成した豆は煮るとぷっくりとふくれ、もちもちして味の濃いお豆になります。
こちらも成長が楽しみです。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「小さな朝市」ご来店ありが... | トップ | 10月イベントのおしらせ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

米づくり」カテゴリの最新記事