LHFトーク"GONDLA"

LHFの二人のだらだらトーク。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワンピース オマツリ男爵と秘密の島

2009年08月02日 | 過去の記事
というわけで、ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフルを聴いて思い立った、「細田守映画を観よう~第二弾~」です。第一弾はこれね。とりあえず「時をかける少女」は凄く良かった。最初の数秒を観て、主人公が“止まってる”ところで微妙に画が動いてて、これはちょっと「良いのかもしれない」と思ったら案の定良かった。感想を書いた後に批判意見も見てみたけど、まあ言いたいことは分かる。でもおれはこの映画を支持します。

さて、そんで第二弾はワンピースです。「時をかける少女」よりこっちのほうが先にやってるんだから第二弾はおかしいかもしれないけど、そこはまあいいでしょ。観る前におれが思ったのは、言っても「ワンピース」だから、“ベース”の部分はあんまり動かせないのかなっていうこと。そうなるとやっぱりどうしても子供向けになってるのかなと。言っちゃえば好き勝手は作ってないのかなと。うん、違かったね。これはちょっと凄いことになってたような気がする。

これを観て思ったのは、映画って虫眼鏡みたいなもんだなってこと。映画って結局2時間で勝負しなきゃいけないから。そうなると、「どこを撮るか」っていうのが大切になってくるわけでしょ。「こういう話があって、そこをこう切り取った」っていう。言わば“取捨選択”の勝負でしょう。そうなるとどこか一部分を拡大して見せなきゃいけない。それが“虫眼鏡”のようだと思った。

それで細田監督が「『ワンピース』のどこを撮ろうか」ってなったときにズームアップした部分が“仲間”っていうワードだったんだと思う。それはもちろん原作の『ワンピース』という作品の中でも、“仲間”っていうのはずっと一貫して描かれていて。そこをズームアップするのも特異なことではない。でも、じゃあ「誰がそれをやった?」って言ったら誰もやってないわけで。『ワンピース』の映画も全部観たわけじゃないけど、やっぱり『悪魔の実』っていう珍しい設定を利用した『バトル』の部分は凄い魅力的で。まあ子供は『バトル』が観たいんだろうしね。そうなると観たいものを観せてあげることは悪いことでもなんでもないから。そうなるとムリしてドラマは作らなくてもよくて。結局おれが観た『ワンピース』の映画は全部『バトル』に重点を置いた作品になっていた。

それを細田監督は“仲間”の部分のほうを大切にした。“ケンカの強さ”とか“悪魔の実”とかが全く関係ない、“人間と人間の係わり合い”の部分を大切にした。だからたぶん「『ワンピース』でこれをやることが凄い」っていうのと同時に「これをやるなら『ワンピース』じゃなくていい」っていう批判もあるとは思う。それが「『ワンピース』らしくない」みたいなところになっちゃうわけだから。でもそうしたからこそ、子供だけじゃなくて一緒に映画館に行った大人も楽しめるような映画だったんじゃないかな。少なくともおれは面白かった。

ただちょっとちょこちょこ入ってくる“笑い”が、細田監督が「『ワンピース』ってこんな感じだよな…?」みたいにやってるように見えて苦笑した。ナミの顔がずっとあの『歯がギザギザ』の顔で怒りながら喋るのとかが違和感あったかも。でもサンジがカメラ目線で「やっぱりバカだ」とか言うのは細田監督のやつだった。あのカメラ目線好きなんだな、たぶん。「サマーウォーズ」はそこも見どころのひとつかもしれない。

まあ「ワンピース映画」としたらちょっと異質な作品だったかもしれない。でもなんかワンピースとか全然関係ナシに面白い作品だったと思う。アニメーションとしても“でっかい金魚”とか凄いと思ったし。あとサンジの料理対決が良かったね。あのお好み焼きめちゃくちゃ上手そうなんだ。あれは良い。うん、細田監督やっぱりいいよ。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ウイイレはウイニングなイレブン | トップ | スパルタローカルズ解散… »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オマツリ男爵好きです (えりぃ)
2010-12-21 11:47:58
なんで今この記事にコメントって思われるかもしれません…
私当時この映画見て賛否両論あるだろうなと思いながら個人的にすごく面白かったんです。ワンピースというよりアニメ映画として。
しかし薦めても周りはワンピース自体に興味がなく、まあ最近すっかり忘れてたんですが、最近の異常なブーム。ワンピース好きだったんですが、なんでこんなに賞賛されてんの!?と苛立ちすら覚え…矢先、当時見むきもしなかった友人たちが急に面白いなどと言い出した挙げ句、オマツリ男爵を全否定したのです(泣)ストロングワールド大絶賛。この段階で相容れないと悟る。そして世のオマツリ男爵の評価をふと知りたくなり、まあ酷いこと(大泣)
確かによくも悪くも子供向けなワンピースには異質です。わかるんですが、好きって人はいないのかとさ迷ってたら辿り着きました。
もう嬉しくて書き込んじゃった次第です。
ありがとうございます!救われた気持ちです(T-T)
Unknown (市村)
2010-12-22 02:17:36
えりぃさん、丁寧なコメントありがとうございます。
まずこの映画はストーリーを置いておいて、絵がすごく良かったなぁと個人的に思っていました。
あとはサンジの料理対決は料理とバトルの融合として素晴らしい演出だったと思います。
ストロングワールドが個人的によく分からなかったので、僕はこちらのほうが好きかもしれません。
本当にコメントありがとうございました。

コメントを投稿

過去の記事」カテゴリの最新記事