リートリンの覚書

日本の神様・ 石巣比売神


日本の神様

石巣比売神
(いはすひめのかみ)


日本神話に登場する神

古事記で、伊邪那岐命と伊邪那美命との、神産みの際、三番目に生まれた神です。

砂を司る神


「古事記」では


本文では、
このように登場しています。

 すでに国を生み終え、更に神をお生みになられました。

故に、生みになられた神の名は、大事忍男神。次に石土毘古神をお生みになられました。次に石巣比売神をお生みになられ、次に大戸日別神をお生みになられ、次に天之吹男神をお生みになられ、次に大屋毘古神をお生みになられました。次に風木津別之忍男神をお生みになられ、次に海の神、名は大綿津見神をお生みになられ、次に水戸神、名は速秋津日子神、次に妹速秋津比売神をお生みになられました。

大事忍男神より速秋津比売神にいたるまであわせて十の神です。


伊邪那岐命と伊邪那美命の第三子として登場しています。


そのほか


・家宅六神のひとりです。
家宅六神(かたくろくしん)は、神道における家宅を表す六柱の総称です。

・「神名考」では、砂を司る神であるとしています。



新しい知識を得た場合
随時更新予定です。




ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「日本の神様」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事