リートリンの覚書

「立皇嗣の礼」


「立皇嗣の礼」


1・立皇嗣宣明の儀 

2・壺切御剣(つぼきりぎょけん)の親授 

3・賢所皇霊殿神殿に謁するの儀 

4・朝見の儀 国の行事

5・伊勢神宮、神武天皇陵、
  昭和天皇陵などへのご参拝 


1・立皇嗣宣明の儀 (国の行事)


11月8日午前11時過ぎ、
皇居・宮殿の松の間で

「立皇嗣の礼」の中心となる儀式、

秋篠宮文仁親王
皇位継承順位1位の
「皇嗣」となられたことを

天皇陛下が広く内外に宣言される
「立皇嗣宣明(せんめい)の儀」が
国の行事として行われました。

式には
秋篠宮家の長女・眞子内親王や
次女の佳子内親王をはじめとした
成年皇族9名、

三権の長や閣僚、
外国の大使の代表ら46名が参列しました。

男性皇族や男性の参列者は
モーニングコート、

女子皇族や女性参列者は
色とりどりのロングドレスを
身を包んでいらっしゃりました。

儀式ではまず、
皇嗣秋篠宮文仁親王が
皇嗣文仁親王妃紀子さまと入場されます。

秋篠宮文仁親王は、
皇嗣を示す、太陽が昇る色の装束
「黄丹袍(おうにのほう)」を着用、

秋篠宮文仁親王妃紀子さまは
十二単の姿で
ゆっくりと正面横の壇に登れました。

続いて、
天皇皇后両殿下が入場されます。

天皇陛下は天皇だけ許される装束
「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」
を着用、

皇后陛下も十二単姿で
中央の壇に登られました。

はじめに天皇陛下が
「皇室典範の定めるところにより文仁親王が皇嗣であることを、広く内外に宣明します」
とおことばを述べられました。

続いて、
皇嗣・秋篠宮文仁親王
皇嗣秋篠宮文仁親王妃・紀子さまが
陛下の前に進み、
「皇嗣としての責務に深く思いを致し、務めを果たしてまいりたく存じます」
とおことばを述べられました。

最後に、菅首相が
「国民は、両陛下が人々に親しく接せられるお姿に敬愛の念を抱いており、こうして立皇嗣の礼が挙行されますことは、こぞって喜びとするところであります」
と寿詞(よごと)、
お祝いの言葉を述べました。

両陛下、皇嗣ご夫妻の順で退場され、
儀式は約15分で終了しました。

儀式では、天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻、
菅首相を除く全員がマスクを着用し、

他の参列者との距離が保つなど、
感染防止対策を徹底した上で行われ、
およそ15分で終了しました。

出典:Yahoo!JAPAN

2・壺切御剣(つぼきりぎょけん)の親授
 (皇室の行事)


「立皇嗣宣明(せんめい)の儀」のあと、
宮殿・「鳳凰の間」で、

歴代皇太子に伝わる
「「壺切御剣」と呼ばれる守り刀を、
天皇陛下が秋篠宮文仁親王
授けられる行事も行われました。

「壺切御剣」は
三種の神器などと同じように
皇室に伝わる由緒物の一つで、
これまで公開されたことはありません。

平安時代に藤原経基が
第59代天皇の宇多天皇に献上し
後の醍醐天皇が皇太子となる際に
授けられたのが始まりとされています。

図や過去の資料などによりますと、
柄の長さは約1m、剣自体は約80cm、
柄は漆塗りで瑠璃などの宝石が埋め込まれ、
銀装飾も施されているようです。

壺切御剣はこの後行われる
「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」や
新嘗祭の際に、
使用されるとのことです。

ちなみに、秋篠宮文仁親王が
「即位礼正殿の儀」などに付けた剣は、
「豊後国行平御太刀」です。

令和元年9月、
陛下から秋篠宮さまに渡されたもので、
これも皇室に代々受け継がれた剣です。
出典:BBC.com

3・賢所皇霊殿神殿に謁するの儀
 (皇室の行事)


秋篠宮文仁親王は
「宣明の儀」終了後、
皇嗣になったことを報告するため、
宮中三殿へと向かわれました。

この移動の際には、
2頭びきの馬車が使用されました。

賢所、皇霊殿、神殿の順番に、
皇嗣・秋篠宮文仁親王
皇嗣・秋篠宮文仁親王妃・紀子さまが
それぞれ殿上に上がり拝礼されました。

これまで新嘗祭を含め、
多数ある年間の宮中祭祀では、
秋篠宮ご夫妻は殿舎に上がることなく
殿前から拝礼をされてきました。

「立皇嗣の礼」を経たことで、
秋篠宮文仁親王
11月23日に神嘉殿で行われた
「新嘗祭」で、
皇嗣として初めて
「神嘉殿」の殿舎に上あがり拝礼されました。
出典:時事ドットコム(宮内庁提供)

4・朝見の儀 (国の行事)


午後4時半すぎから
「朝見の儀」が行われました。
出典:Yahoo!JAPAN

朝見とは、
天皇皇后両陛下にお会いすることを意味し、

今回は、秋篠宮ご夫妻が、
「立皇嗣の礼」を行っていただいたことを
両陛下に御礼される儀式です。

皇居・宮殿「松の間」に
御毯代(ごえんだい)という布で
きれいに織られた毛氈が敷かれた台の上に

朱塗りの御台盤(おだいばん)という
机をしつらえた場所が、
天皇皇后両陛下のお席となります。

出典:産経ニュース(宮内庁提供)

この御台盤の上には、

・「雲丹蒲鉾(うにかまぼこ)」
ウニと魚のすり身をあわせたかまぼこ

・「塩引鰤(しおびきぶり)」
塩をし干したブリを切り重ねた

・「付焼合鴨(つけやきあいがも)」
合鴨と鶏肉をミンチにして焼き上げたもの

・「塩茹蝦(しおゆでえび)」

・「味煮筍(あじにたけのこ)」

・「大飯(たいはん)」

・「御汁(巻鯉 まきごい)」

・「御吸物(鯛鰭 たいひれ)」

以上の全8品が並びました。

材料は、御料牧場のものが使われています。

はじめに燕尾服に勲章を付けた天皇陛下、

ロングドレスのローブ・デコルテに
ティアラを付けた皇后陛下が
所定の位置に着かれました。

続いて皇嗣・秋篠宮さま御夫妻が
ともに入場し、
陛下の前へと進み、
お礼の言葉を述べられました。

「本日は、立皇嗣宣明の儀をあげていただき、誠に畏れ入りました。皇嗣としての務めを果たすべく、これからも、力を尽くしてまいりたく存じます」
とお礼のことばを述べられました。

続いて、
天皇陛下が秋篠宮ご夫妻に
「これまで培ってきたものを十分にいかし、国民の期待に応え、皇嗣としての務めを立派に果たしていかれるよう願っています」
とおことばを贈られました。

それが終わると、
両陛下の左側にある御台盤の席へと
秋篠宮ご夫妻が着かれました。

もう一度、
両陛下の前にご夫妻は進まれると、
両陛下それぞれから盃が授けられます。

この盃に注がれるのは
「九年酒」と呼ばれるものです。

これは、
黒豆を清酒とみりんで似た汁を
さらに煮詰めたものです。

盃を交わし、乾杯することで、
契りを固める意味があるようです。

そして、
両陛下がお膳に白木の箸を立てる所作をされ、
同じように秋篠宮ご夫妻が
白木の箸を立てる所作をされます。

箸は両細もので、
立てる箸は、
上は神様が使い、
下は人が使うとされています。

献立は、
平成3年の立太子の礼を踏襲し、
料理はいずれも儀式的に配膳されるもので、
両陛下と秋篠宮ご夫妻が
口にされることはありません。

最後に両陛下それぞれから、
秋篠宮ご夫妻に服地などのお祝いの品贈られ、
儀式は終了しました。

秋篠宮ご夫妻は、
儀式を終えると宮殿の車寄せから
車に乗り込み、

「立皇嗣の礼」の終了を報告するため、
東京・港区にある
上皇ご夫妻の仮住まい先に向かわれました。


5・伊勢神宮、神武天皇陵、
  昭和天皇陵などへのご参拝 (皇室の行事)


秋篠宮ご夫妻が、
無事に「立皇嗣の礼」を終え、
皇嗣となったことを、

皇祖とされる天照大神、
初代とされる神武天皇、
そして昭和天皇など
先の天皇に報告をされる儀式です。

ただ、
新型コロナウイルスの感染拡大によって、
儀式全てが延期になったことで、
今のところ日程が決まっていません。


感想

一通りの儀式が無事に終わり
嬉しく思います。

天皇陛下、
秋篠宮文仁親王、
そのほか関係者の皆様、お疲れ様でした。

秋篠宮文仁親王のこれからの
ご活躍を期待しております。

さて、
立皇嗣の礼、
眞子さまのご結婚についてのお気持ちの文書、
秋篠宮文仁親王のお誕生日、

と最近のそれらのニュースに対する
コメントを読ませていただいたのですが、

何故にここまで、
否定的なコメばかりなのか?
疑問に思いました。

で、思ったのは。

天皇陛下、皇室の方々。
気になる、どのような方々なのか、知りたい。

と思っても、
国民との接点って中々無いですよね。

でも知りたいとなると、
報道に頼るしか方法が無い。

その報道がどのように伝えているのか?

あー自分、テレビは捨てちゃったし、
(元々見ないし、偏向報道ばかりだし)

週刊誌は絶対見ないって決めているし、
(噂話。悪口が多くて読んでいて疲れるし)

どのように報道されているのか
よくわからないのですが、

秋篠宮家に対してのコメントを見ると
なんとなく分かるような気がします。

おそらく否定的なことばかり
報道されているのでしょう。

何故、
否定的なことばかり?

今のマスコミは、
日本の国体をぶっ壊したい、
日本を貶めたい、
日本が嫌いな人たちが牛耳っていますから、

万世一系を続けさせたくないのでしょう。

となると、
保守系の政治家を叩き、

直系男子の秋篠宮家を叩くのが一番。

ここで、
話がそれちゃうのですが、
自分のお話。

前回の大統領選。
テレビを見て
トランプ候補って暴言だらけで品格無し。
大統領に相応しくない
って子どもと話していました。

しかし、
テレビを見なくなり、
中立を保つよう努力した結果。

あれ?
トランプ大統領って

国のことを第一に考え。

そして、
経済を立ち直らせ。

国の若者の命を無駄に散らさぬよう、
争いを極力避け
戦争を起こさないようにしている。

口は悪いけど、
いい、ヤツじゃん。
って気がつきました。

あんなにイヤがっていたのが嘘のよう。
何であんなにイヤがっていたのだろう。

ふと、気がついたのは、
アメリカ大統領の人柄は、
日本人にはわからない。

情報を得る方法のひとつが報道だった。

今にしてみると、
報道に洗脳されていたのだと気付きました。

母は、テレビをよく見るので
未だにトランプの悪口を言っています。

正直、今回の大統領選。
トランプ氏の敗退と報道されていますが、
バイデン氏はないは〜。
逆転でトランプ氏に勝てもらいたい。

バイデン氏って、
以前見かけたAIのロボットと同じ表情していて
人間味が無くハッキリ言って気持ちが悪い🥶

で、結論。

秋篠宮家を悪く言っている人達は、
マスゴミに
洗脳されているのではないでしょうか?

今は、小室氏のことも
マスゴミにより印象操作されているのでは?
ふと、思いました。

テレビの報道で、
眞子内親王は眞子さまって言っておいて、
小室氏は小室殿下って言ってたらしい。
殿下は、皇族・王族に対する敬称だよ。
小室氏は一般人だよ。
わざと使った?単なる初歩的ミス?
とにかく使い方間違っているよ。
今の報道は信用できない。
とにかく、
勉強して欲しい。
思考に偏らず中立を保ち
真実を報道して欲しい。

でも、借金問題に対する小室氏の対応は駄目だし。
本気で眞子さまとご結婚したいなら
もっと誠意を示すべきだった。

今からでも遅くない。

これからも、
悠仁親王に皇位を継承させなくない人達が
秋篠宮家を叩いてくるでしょう。

家族一丸になり、
乗り越えて欲しいと思います。

悠仁親王が天皇に
即位する日が来ることを楽しみにしています。
(そのために長生きしないとね)

頑張ってください。
陰ながら応援しています。

出典:宮内庁HP

今日の記事は、
ニュース、宮内庁HP、Wikipediaを
参照に書かせて頂きました。


ランキングに参加しております。
励みになります、ポチッとお願いします。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「皇室」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2019年
人気記事