那須のケーキ屋 ル・シェーヴルフイユ

栃木県那須町の洋菓子店です。
主に商品やお店のお知らせなどのご紹介です。
その他は日常ブログで展開。

ち~らし~

2018年10月31日 12時51分06秒 | クリスマス 2018

クリスマスケーキのチラシの配布が始まりまして、
合わせてホームページにもクリスマスケーキページを作りました。
https://lechevrefeuille.jimdo.com/クリスマスケーキ/
今年はブログで細かく説明するのを省略して
ホームページで済ませようという魂胆です。
今年のクリスマスケーキの特徴は、
・スーパー・デパート取り扱いケーキの店頭販売も対応しました
・使用するいちごをなつおとめ多めにしてみよう
というところが新しい試みです。

これまで各販売先でのみご利用頂けたケーキが多数ありまして、
そのケーキを店頭でも受け取れないかという問い合わせも頂いておりましたので
今年から各販売先公認の元、同じ商品の店頭販売も対応してみます。
気を付けて頂きたいのは、
・お受け取りが販売先と同じ日程になります
・販売先でお受け取りの場合は販売先でご注文下さい
というところです。
当たり前と言えばそうなのですが一応ご案内で。

例えば、大田原東武と共通のケーキは
お受け取り期間も大田原東武と同じく12月23日24日25日に限ります。
FKDと共通ケーキは12月24日のみがお受け取り対象日となります。
クリスマス前の週末にご利用予定の場合などは対象外となりますので
ご注意頂きたいのと、
「当店で注文して受け取りは東武で」といった注文先と受取先の違うご予約は
それぞれの店舗での限定数があるため対応できませんので
お受け取り店舗でのご注文でお願い致します。

今年はスタッフの関係で
黒磯のメゾンジュがなかなか開けることが出来ないので
黒磯でのお受け取り対応は今のところ「未定」でお願い致します。

ナンバーデコのご案内2

2018年09月05日 13時54分52秒 | アントルメのご紹介
ホームページにもナンバーデコご案内ページを作りました。
https://lechevrefeuille.jimdo.com/ナンバーデコ/
6号以上サイズで3日前まで注文でのご対応オプションなので正直使い勝手は悪いですが(笑)
予定の決まっている「ここぞ!」というタイミングでぜひご活用いただければと思います。
キリ番年齢のお誕生日はもちろんなのですが、会社やお店の周年記念に
スペシャル感のあるプレゼントにもおすすめです。
前ご紹介の6号サイズは1桁数字だけだったのですが、
お祝いで多くの方が集まるのはやはり切りの良い大きい数字の場合が多いですね。
以下、「7号サイズ」での場合のナンバーデコのご案内です。

7号サイズの場合も基本的に6号サイズの場合と同じで、
ベースのクリームとスポンジで構成されているホールケーキの7号サイズに
オプション料金が加算されるものです。


1桁の数字の場合は7号サイズケーキに加工オプション代500円を加えた金額です。
お好きなケーキ、数字でご利用ください。
※画像は6号のものですが形は同じで一回り大きくなるだけなので画像割愛です。

続いて、2桁数字です。

「10」でフルーツデコレーションです。
ついでに

「30」でフルーツデコレーションです。
7号サイズフルーツデコレーションが4800円ですので、オプション加工賃500円を足した
5300円(税込み)が総額です。
要領的には6号サイズと同じです。
十の位の数字、一の位の数字をそれぞれご指定頂けます。


↑「20」いちごデコ カット苺タイプです。
20周年や20歳誕生日にもおすすめですね。


↑「60」いちごデコ ホール苺タイプです。
還暦のお祝いにぜひ。


↑「70」ベリーデコ ホール苺タイプです。
古希のお祝いにぜひ。


↑「80」いちごデコ カット苺タイプです。
傘寿のお祝いにぜひ。


↑「90」ベリーデコ ホール苺タイプです。
卒寿のお祝いにぜひ。※大人の事情で喜寿や米寿の画像はありません。
といった感じです。

そして、

↑こういった形で、
十の位、一の位で違う種類のケーキにしたい場合は
それぞれのもととなるケーキの½の金額を足していただき、+加工オプション料金が1000円かかります。
画像のものですと十の位「5」フルーツ7号4800円÷2=2400円と、
一の位「4」ベリー7号※5300円÷2=2650円を足しまして、
オプション料金1000円を加えた「6050円」が総額です。
適応ケーキの組み合わせであればどれでも組み合わせ頂けますので、
小さいお子さん2名で誕生日が近い場合で、それぞれの年齢にしたい場合などで
違うケーキで用意したい場合などにもおすすめです。

ではさいごに、

3桁ケーキのご紹介です。
こちらもご利用方法は他と同じで、
適応ケーキ7号サイズをお好きな3桁の数字でお作りします。
3桁数字のご注意としまして、
・ホール苺での対応ができません。
・「0」「6」「8」など穴が開く部分が穴ではなくクリームです。
数字の形が細くなってしまうので仕方ないのですが、
春先などで稀に極小苺でのホール対応が出来る場合もありますので、
ご注文時に一応確認して頂ければと思います。

画像のような1色のケーキで作る場合は他と同じく
ベースとなる7号サイズのケーキ代金に加工オプション代として+500円です。

2色のケーキで作る場合は上記2桁の2色での場合と同じ感じで。
それぞれ選択したケーキの⅓同士を足した金額+加工オプション代1000円。

そして、3桁の数字それぞれを違うケーキでご用意する場合は
選択した3種のケーキのそれぞれ⅓を足していただいた金額に
加工オプション代1500円が足された金額となります。
仮に
百の位を「いちご」、十の位を「チョコ」、一の位を「フルーツ」でご用意すると、
それぞれの7号サイズの金額の1/3を足してオプション代1500円を加えた
「6360円」(夏季)となります。
※元の金額を⅓にした場合の1円部分は切り捨てになります。

まずは従来ケーキのオプションとして始めますが
「あるよ」からのご注文はわかりづらいため
ナンバーデコとしてパッケージ化したものを準備予定です。
準備が出来次第改めてお知らせいたします。

わかりづらい部分もありますので
詳しくはお問い合わせください!




ナンバーデコのご案内1

2018年09月05日 11時55分18秒 | アントルメのご紹介
「ナンバーキャンドル」という数字の形のろうそくを
店頭で販売しているのですが、もうすっかり定番で、
なんでも写真に残す昨今ではパッと見てわかるものは
とても映えますので需要も高いようです。
で、あれば・・・

ケーキ自体を数字の形にした「ナンバーデコ」があっても
そこそこ需要があるのではないかということで、はじめみました。


生クリームとスポンジの組み合わせのケーキ
 ・フルーツデコレーション
 ・いちごデコレーション
 ・ベリーデコレーション
 ・チョコデコレーション
 ・いちごチョコデコレーション
 ・桃デコレーション(季節限定)
に適応されるオプションとしておりまして、大きさ都合で
・6号サイズ→1桁数字
・7号サイズ→1~3桁の数字     での対応となります。

まずは6号の例で行きます。
上記の適応できるケーキの6号サイズが元になりまして、
「+500円」が加工賃としてオプション料金となります。
例えばフルーツのデコレーションケーキで

数字の「2」で作った場合です。
フルーツデコ6号サイズが4000円ですので、
ナンバーデコオプション料金を足して4500円(税込み)となります。


↑こちらは「6」です。金額は同じく4500円です。

チョコレートの場合。

「9」で作りました。こちらも同じく
6号のチョコデコレーションがベースになりますので、飾りも同じ感じで、
金額はチョコデコレーション6号サイズが4000円ですので、
ナンバーデコオプション料金を足して4500円(税込み)となります。

つぎに「いちご」が入る場合です。
苺を使用するケーキの場合、ナンバーデコでは特例で
「ホールいちごタイプ」「カット苺タイプ」でご選択いただけます。
時期により小粒の苺が入らない場合はカット苺での対応のみになってしまいますが
ご注文の際にご確認いただければと思います。
ホールタイプよりカットタイプの方が量が多く切り分けやすいですが
見た目の好みがありますので、選択が出来るようにしております。
例えばベーシックな苺デコレーションでは、

↑「5」で「ホールいちごタイプ」です。
6号サイズいちごデコレーションですとオプション料金を加えた額で
冬季は4500円。夏季が4700円です。


ベリーデコレーションの場合ですと、

↑「4」ベリーデコ ホール苺タイプ

 
↑「8」ベリーデコ カット苺タイプ です。
ベリーデコレーションでオプション料金込みで冬季4800円、夏季5000円となります。


いちごチョコの場合。

↑「7」いちごチョコデコ ホール苺タイプ



↑「3」いちごチョコデコ カット苺タイプ です。
いちごチョコデコレーションでオプション料金込みで冬季4800円、夏季5000円となります。

※数字とケーキの組み合わせは例です。実際はお好きなケーキでお好みの数をご選択いただけます。

こんな感じで、
「6号サイズケーキ」+500円(オプション代)での対応となっております。
他のオプション(フルーツ増量、プチマカロンのせ、クッキープレート、プリントプレートなど)も
併用出来ますので、ちょっと特別なものを用意したい場合などはぜひご利用ください。

7号サイズのご案内は改めて。

モンブランはじめました。

2018年09月02日 20時32分37秒 | 本日の注目ケーキ

私。おっさんですので(笑)
インスタとかツイッターとかどうなんだろうと思っていたわけですが、
むしろおっさんの長い文章を読むかたの方が稀有ですし、
ブログは文章と写真で説明が必要な場合のみに限定されていきそうですね。
やはり客観的に考えても
いい歳のおっさんが文章垂れ流すのも勘違い感も強いですし、
昔から寡黙な男の方がモテますので(笑)
今後は写真に一言を主で行きたいと思います。
ただ、ご注意ですが
誤ってフォローなんかしてしまいますと、
ほぼ毎日強制的にスマホのトップにお知らせが行ってしまいますので、
たまにのぞく程度でお付き合いいただければ幸いでございます。
さて、
そのインスタなどでも先行でお知らせしてましたが、
やはり詳しい説明はブログが良いということで。

9月になりましたので、モンブランが始まりました。
昨年から価格が500円になり、
それに伴いまして、ちょっと買いづらい価格だと思いますので
ミニサイズ(300円)を始めたわけです。(写真の左と左から2個目)
そして、ご覧の通りですが
今年から新たに2種類増えまして、全部で4種類展開になります。
昨年同様の「モンブラン」と「ミニモンブラン」は
焼きメレンゲに生クリーム、和栗のクリームのシンプルなつくりでして、
今年からの変更点としまして、焼きメレンゲ部分を変えました。
従来品よりも厚みを持たせて、焼きを深くしております。
そして問題は次ですね。
左からモンブラン、ミニモンブランとあって、その次です。

「炙りモンブラン」550円 です。
構造は従来のモンブランと同じなのですが、
その表面に粉砂糖をふりかけまして、バーナーで焼きます。
その後、急冷した後に箱詰めとなります。
モンブランに使用している栗は蒸した栗を使用しているので
そこに「焼き栗」の風味を加味しつつ、
砂糖を焦がしているため軽いキャラメル風味もまとっております。
「炙り」の文字が居酒屋とか回転寿司っぽいとスタッフから不評です(笑)
東京でやるとすごく流行ると思います(笑)
続いて、最後。

「タルトモンブラン」550円 です。
こちらも内容は同じで、底の焼きメレンゲをタルト台にしたものです。
タルトの土台だけですと、バターで全体がくどくなるので、
アントシアニン系(?)のフルーツを入れたいところなのですが、
洋栗のペーストと違って、風味のある和栗とフルーツの相性はあまり良くなく
特に酸味が入ると良くないと思っていたところ、

ちょうど白イチジクを分けていただく機会がありまして、
時期的にも相性的にもイチジクのペーストが合うであろうということで、
土台は白イチジクのペーストをアーモンドクリームと共に焼いたタルトレット台になりました。


タルトは製造量が限られてしまうので
対応できない場合もありますが(ご予約いただければ対応可)
その他も含め、今年も従来通りご注文を頂いてからお作りしております。
※炙りモンブランは若干時間がかかります。

モンブラン類は1月末までを予定しております。




LINEの次はインスタとツイッター

2018年08月17日 20時28分27秒 | その他お知らせ
前回、LINEページご案内したのですが、
あれ、便利ですね(笑)
メールフォームから送って頂くよりも
プリントデコの画像がすんなり送って頂けますし、
こちらの受け取り確認もしていただけるので
願ったりかなったりでございます。
きっかけがあれば何でも始める当店。
次はインスタです(笑)


ホームページにもリンクさせていますが
シェーヴルフイユはhttps://www.instagram.com/lechevrefeuille_nasu/
ついでに黒磯のメゾンジュも別で作りまして、
https://www.instagram.com/lamesangekuroiso/

こちらとなっております。
ブログは文章&写真でアーカイブとしてもご案内できるようなもので。
商品に関することはここで、
どうでもいい普段のことは日常ブログでダラダラやっていますが(笑)
ブログではなかなか記事にならない
製造中のイメージですとか、文をつけるまでもないようなものを
インスタでシェアしていこうかという試みです。
本当に片手間で簡単な内容ですので、
フォローとかまではせずに(笑)たまにのぞく程度でいい内容ですので
ぜひお付き合いいただければと思います。
新商品撮って出しもできると思いますので、
位置づけ的には「簡易速報版オフィシャルブログ」といった感じです。

そしてなぜか呼ばれた気がしまして(笑)

勢いでツイッターも始めました。
https://twitter.com/LLamesange

そんなにつぶやくこともないので、
こちらはシェーヴルフイユとメゾンジュのWネームで作りました。
各種連携も考えたのですが、うまくいかないので(笑)
ツイッターは「簡易版日常ブログ」的に使いますので
どうでもいい内容を抑えたい方はこちらも必見で(笑)

そこまで興味のそそる内容ではないと思いますので、
今回は画像少な目でお知らせでした。

近況報告

2018年08月04日 21時00分54秒 | その他お知らせ
さすがに夏休み。
ちょっとバタバタしていますが
通常通り営業をしております。
更新が滞っておりますので、とりあえずお知らせしないといけないことを
お知らせ致します!

まずはこちら。

LINE@ページ作りました。
https://page.line.me/dln9890e
主にスマホユーザー様向けではありますが、
なぜ今更ライン対応をしたかと言えば、
プリントデコの画像送信フォームが使いづらいというご報告がありまして、
色々検討した結果特にスマホユーザーさんは、
画像をフォームから送るという機会がないようでして、
プリントデコをご利用頂く機会のある方のLINE使用率が高いことがわかりましたので
プリントデコで印刷してほしい元画像や
合成をご希望される場合の複数画像を送って頂く際に使えるのと、
確認用画像のお知らせも出来るので導入致しました!
追って各所でお知らせいたしますが
プリントデコご用命の際にはぜひご活用下さい。
また、
LINEページの持つ機能を活かしまして、
「ポイントカード」を対応始めました。
お買い上げごとではなく、ご来店時に店頭掲示のQRコードを読み込んでいただきますと
ポイントが加算される仕組みとなっております。
まず手始めに5ポイント貯まりますと店頭で稼働中の
ガチャが出来るコインと引き換え出来ます。
その後もポイントカードが更新されまして、
更新ごとに特典が変わっていきますので、
地元にお住いの方は特に使ってみてくださいね。

商品情報がないのもなんなので、
先日規格変更したナスキュイの再規格変更のお知らせです。

元が500円で茶巾型パッケージだったのを、
引っ掛け袋にして内容量を減らし、280円に改正したのですが、
お土産にするのに使いづらい価格と形だったようで反応がいまいちだった
(早い話が売れなかった)ので、
さらに小さく、小袋化してみました。
複数をまとめて包装したり、他の焼き菓子と詰め合わせにできたりするので
前回より幅広く対応できるようになりましたので
色々とご活用ください。

こんな感じで4色入りボトルも作ってみました。

ちなみにナスキュイでは使用しなくなった
引っ掛け袋は、

クッキーを入れて使用することになりました。
フールセックも時代の流れか、どんなに上質な原料を使ったところで
お客様のご予算や商品価格イメージとのマッチングがずれていれば売れませんので、
当店ご利用のお客様のご利用状況から350円に設定しなおしまして
フールセックも新規格となりました。
こちらもぜひご利用ください!

外の小屋事情

2018年07月19日 20時34分55秒 | ジェラート

なんだかんだ言っても季節は進んでおります。
今週末からは夏休みも始まるようですので、
色々と急いでいかないと間に合いません。
参りました。

参りましたと言えばこの暑さですね、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
そんなわけで今日はこちら。

今年も昨年同様のフラッペです。
那須高原の地下水(一言でいえば普段の水)使用の氷をシャリシャリに削りますので
お好みでシロップを好きなだけかけてお召し上がりください。
今年も昨年同様で、
いちご、メロン、レモン、みぞれ、ブルーハワイ、マンゴー
抹茶、青りんご、ライチ、コーラ、カシスオレンジ、もも
の12色のシロップがございます。
※個人的にはカシスオレンジにライチのミックスが好きです(栃木県42歳-男性-自営業)
価格が少し変わりまして、
フラッペは300円。
オプションで、練乳(+50円)、ミルクジェラートのせ(+50円)
特製日替わりオリジナルシロップ(+50円)があります。
12色のシロップは昨年も触れましたが既製品です。
フラッペ本業でもないですし、安価で楽しく涼をとるために
割り切ってやっておりますが、
今年から自家製のシロップもオプションで用意することにしました。
日替わりですがしばらくは「ブルーベリー」の予定です。

参考までに、
練乳・ジェラート・特製シロップ掛けにしますと、

こんな感じで450円です。
余談ですが来週位からは黒磯のメゾンジュでもフラッペを始めますので、
夜にフラッペが食べたくなったらメゾンジュにぜひどうぞ。

店頭受け取り専用「あるよ」ページの利用ご注意まとめ

2018年07月12日 20時23分22秒 | クリスマス 2017
おそらく、
👈この辺に「リニューアルしました!オフィシャルホームページ」
とか書いてあると思うのですが、
このブログも手入れしていないので(笑)
いつもリニューアルしたてですし、
通販サイトに至っては「あるよ」のリニューアルで
リンク切れてますし微妙なのですが(後で直します)
この度本当にホームページをリニューアルしまして(笑)
ちょっと現代風に改修してみました。
もう少し残ってるのですが(特にトップの「三」以外で項目が表示されないとか)
まぁ、いいとしまして。
今回は新ホームページからもリンクを貼りました
通販サイト「あるよ」経由での
店頭お受け取りご予約注文ケーキの注文する際に注意して頂きたいことを
改めてお知らせさせていただきたいと思っております。
ですので、
ご興味ない方はこの辺で見るのを止めていただくのがいいと思います(笑)

さて、前出の通りなのですが
当初予定と変わり、通販サイトのページ、フォームを使用しての
店頭受け取り予約注文ということで、
ご注文情報記入時のあらゆるところが通販向けの内容です。
その辺を順追ってご説明いたします。

まず商品ページ記載の購入ボタン周りです。

※ホームページなどで使う画像を流用しているので導入部分はご了承ください。
商品ページでの扱いは通販と同じ感じです。
チェックボックスがある場合は選んでチェックして頂いて、
選択窓はろうそくの指定になっておりますので、
お好みのろうそくを選んでいただいてから「かごに入れる」ボタンでかごに加えてください。
かごに入れるボタン後も画面は切り替わらずそのままですので、
お買い物がお済みの場合は「購入手続き」へと進んでいただき、
他にオプション品をつける場合はオプションなど同じようにかごに入れて頂いた後に
「購入手続き」へとお進みください。
※ちなみにこの購入手続きへの進み方に不具合が出ておりましたが
 そのうち直るらしいので説明は省きます。
 右の方に「かごに入れる」の項目がスクロール後もついてきますが、
 ろうそく選択ボックスが反映されていないので、ページ上部からのご注文でお願い致します。
 (これもそのうち直るはずです)


次いで「購入手続きページ」についてです。
まずはお客様の個人情報をご記入いただきます。
(あるよ会員になると次回以降は情報入力が省けます)
通販サイト利用なので、本来は情報として必要のない住所なども記入するようなので
少しお手間頂きます。(この辺がEPARKではすっきりしています)


その後、「お支払情報」のページとなります。
上記画像のように「お支払方法の設定」という項目で
「那須町ル・シェーヴルフイユ」「那須塩原市ラメゾンジュ」の2つの選択がありますので
お受け取りを希望される店舗を選んでください。
※上記選択が受け取り時間(営業時間)と連動しています。

次に「お届け時間の設定」部分です。
しつこいようですが、配達商品ではないので実際は「お届け」ではなく「お受け取り」のお時間となります。
こちらの欄の「配送先」として前に登録したご自宅情報がシステム都合上出てしまうのですが、
配送ではなく店頭お受け取りだけでの対応となっておりますのでご注意ください。
ご自宅情報のすぐ下に日時を指定して頂ける選択窓がありますので、
そちらでお受け取り希望日と大体の来店を予定している時間をご指定下さい。



そして最後の項目、「その他 お問い合わせ」という空白部分があります。
こちらが「通信欄」として使える部分となります。
メッセージプレートの内容やローソクを本数指定で注文した場合は本数を、
苦手なフルーツ、使用してほしく無いフルーツなどはこちらにご記入頂いて終了です。


通信販売フォームを使用しているため、
基本的に発送を前提とした記入内容の部分を
半ば強引に店頭受け取り用に使用しております。
正直使い勝手は悪いのですが(笑)
最近はマルシェ系のイベントで遠方の店をまとめて見ることが出来たり、
ネット通販を利用しどこにいても商品を手にすることが出来たりと、
実際にお店を構えての商売をする意味合いという部分、
特に専門店ならではの商品、足を運ぶ楽しさの部分を
自ら進んで無くしている気もしないでもないので(笑)
お店に足を運んでいただけるような活用法という部分を成長させるためにも
ネットと実店舗を結びつけるような分野に注力していきたいと思っております。






「E-PARK」と「あるよ」のちがいについて

2018年07月11日 14時24分30秒 | その他お知らせ
ネットからホールケーキをご予約いただけるようにしてから
1年少し経ったのですが、まだまだ伸びる分野かなと思いまして
通販サイト「あるよ」リニューアルのタイミングに合わせて
「あるよ」サイトからも予約ができるようにしてみました。
「あるよ」リニューアルに合わせて予約用にフォームもできるという話だったのですが、
実情は前と変わっていなく(笑)リニューアルの恩恵を全く受けていない内容ではありますが、
働き方改革と人材不足とスマホ普及の進む現代社会において(笑)
洋菓子店でも営業時間や仕事の効率化を図るには
ホールケーキや焼き菓子など予約商品のネット対応というのはすごく有力な手だと思うので
地元宇都宮の通販サイト「あるよ」の関係者の方に
予約注文専用のサイトを始めてもいいかもと思わせるためにも人柱となってサイト化してみました。
しかし、
「あるよ」のフォームは通販ページですので
予約注文に対して表記が変更できない部分があり、
非常に分かりにくいです。
次回、改めて「あるよ」サイトからの予約注文についてはご案内するとして、
従来から現在もご利用いただける「E-park」と何が違うのかを
簡潔に説明しておこうと思います。

文字だけですと地味なので画像にしてみました(笑)
改めて比較してみるとやはり専門でやっている「E-park」の方が
わかりやすさ、サービスなどで圧倒的にユーザー利点が多くなっています。
しかし、運営する側からですと管理の手間や費用面で引っかかる部分がありまして、
それを「あるよ」のサイトで補っている形となります。
ちなみにネット予約注文の場合、当店では店頭で注文を受けた場合の大体500円増しの価格設定にしております。
注文フォームなど利用する手数料分ですのでそのコスト分なのですが、
「E-park」では今のところ500円クーポンがあるので相殺されていますが
秋以降はポイント還元に変わっていくらしいので、「あるよ」とほぼ同じになります。
他に、
「E-park」ではお受け取り前日まで注文が出来ますが、
「あるよ」では2日前の11時59分までの注文までの対応で、

「あるよ」からは黒磯の姉妹店「ラメゾンジュ」でのお受け取りも対応していますが
「E-park」ではシェーヴルフイユだけの対応となっていたりします。
結局のところは
「E-park」→使いやすく、クーポンもありますが種類が限定的です。
「あるよ」→種類はほぼ全種ご紹介していますがちょっと使いづらいです。
といったところです。

今のところ一番いいのはメゾンジュのホームページで中りをつけて、
あるよのサイトで確認して、電話か店頭で注文する方法ですね。

今年はどうでしょうか。

2018年07月01日 20時03分28秒 | 本日のショーケース
よくよく考えたら7月なんですね。
早いところやらないといけないですね。色々。
そんなわけで連投です。


はい、ヴェリーヌ各種です。
ホワイトデーに合わせて値上げしまして、一つ500円です。
値上げした分創作色を強くしました。
ボリューム的に通常のケーキよりも多いのと、
手間と売れなさが加味された価格です(笑)
当店で500円のケーキは「タルト」と「モンブラン」ですね。
どちらも創作費用というよりは原料費用でご納得の上に購入に至っていると思います。
地方のお店では特にこの「創作<素材」の構図は強い傾向がありますので
まぁ、ヴェリーヌなんかは特にチャレンジ商品ですね。
価格に関してはスケールメリットを活かせるかどうかというところが一つありますが
違う視点では「地域時給の50%」という見方も結構いい線だと思っています。
20年位前、時給650円~700円時代は300円から350円のケーキ価格。
今は800円~1000円ですので400円から500円というのが妥当なところかなという見方です。
あくまで個人の意見ですが(笑)

余談多いのですがヴェリーヌをざっとご紹介します。


では右から。
「ヴェリーヌA」
赤いフルーツミックスのソースにフロマージュブランのムース。
季節の赤いフルーツを乗せたシンプルなデザートです。
(ちなみに天谷さんのフロマージュブラン使用)
ヴェリーヌは構造が名前になる場合がわかりやすいのですが
多層にするほど説明過多になるのでAtoZで符号付けしようとしていまして、
その影響でこんな名前になっております。
以下は普通に内容の名前でご紹介します。

中央「ココナツとパッションフルーツ」
ココナツのブランマンジェにマンゴーとパッションフルーツの柔らかいジュレ
軽い食感のパッションフルーツムースに
オレンジとパッションのジュレを流したデザートです。

左「ショコマントサヴァラン」
チョコレートシロップとミントリキュールで仕上げたサヴァランを底に、
チョコレートのクリームを中に、
ミントのババロアでいっぱいにまで詰めたチョコミントのデザートです。

次いで

右「ペーシュメルバ」
桃のムースの上に濃いめのラズベリーの柔らかいジュレ。
軽くコンポートにした桃とフランボワーズとグロゼイユを入れた
白ワインのゼリーです。
本来シャンパンのところですが泡抜け前提ですので割愛です。

中「紅茶のパンナコッタとジュレ」
紅茶のパンナコッタを下層に、
上層はレモンティーのジュレと
プラムをバラのリキュールでマリネしたものを重ねて入れています。

左「レモンミントサヴァラン」
リモンチェッロで仕上げたサヴァランの上に
レモンチョコレートクリーム。
ミントのババロアを重ねてレモンのクラッシュゼリー仕上げです。

A~Zで符号付けしようとしている通り
26種は現状できているのですが、
だんだん秋になってきてからの食材のものもありますので
ゆっくり進めていきたいと思います。