セピア色の映画手帳

古い映画を中心に

「あなたの名前を呼べたなら」

2020-09-28 14:11:57 | 映画感想
 「あなたの名前を呼べたなら」(「Sir」、2018年、印・仏)
   監督 ロヘナ・ゲラ
   脚本 ロヘナ・ゲラ
   撮影 ドミニク・コラン
   音楽 ピエール・アヴィア
   出演 ティロタマ・ショーム
      ヴィヴェーク・ゴーンバル
      ギータンジャリ・クルカルニー

 インドとフランスがくっ付くとラストがぶった切りになる。(笑)
 「めぐり逢わせのお弁当」('13)も相当なもんだったけど(でも、ある程度、先の予測はつく)、こちらはもっと凄い、まぁ、あそこで終わるのは充分アリなんだけどね。

 先がないのを知りながら婚家に隠され持参金なしの一見好条件で結婚、僅か4ヶ月で10代の未亡人となり、今度は口減らしのため都会に働きに出る。大手建設会社の御曹司のメイドとして働きながら生家の妹の為仕送りの日々、そんなラトナの夢はデザイナーになる事だった・・・。

   予告篇 https://www.youtube.com/watch?v=RVtt_x5BRHM

 「玉の輿」か「自立」か。
 アジア的には「玉の輿」解釈かもしれないけど、フランス資本が入ってるし、僕は旦那様の愛するが故の置き土産で「自立」だと思う、何となく「世界一キライなあなたに」('16)で御曹司がルー(E・クラーク)にチャンスを遺していったのと同じ感じがします、彼女もデザイナー志望じゃなかったっけ。(笑)
 カーストのないアメリカで二人が結ばれる「玉の輿」コースは作品のトーンと微妙に違う気がするし、カーストが骨の髄まで染み込んでるラトナの性格で二人がやっていけるのか疑問、友人が言うように親族の問題もある、大体、(カーストの)上の者が下の者に気遣いは出来ても実際を知る事は出来ないと思う、男と女の間の理解が想像でしかないように。

 公式には廃止されたという「カースト制」、しかし、今も厳然と存在しインド人の生活を縛っています、生まれた階層で仕事の上限も年収もほぼ決まってしまう、テーブルの上を拭く人と床を拭く人さえカーストが違う国、映画「きっと、うまくいく」で落第→自殺が何度か出てくるのもITエンジニアと医者が数少ないカースト除外職種だからで、低カースト者が縋る蜘蛛の糸なんです、その為に親戚中からお金を借りて成功へ突き進むけど落第すれば借金と低カーストの中で一生を過ごす人生が待ってる、日本の落第とはまるで意味が違うのです。

 そんなカーストの越えられない厚い壁を心理的に描いた作品だと思います。

※旦那様役の人(ヴィヴェーク・ゴーンバル)、インドのアンソニー・パーキンス(ジェームズ・スペイダーにも似てる)。
※日本でインド人を雇用、掲示板に新入社員としてフルネームを張り出すと人事課にクレーム(泣き)が入る、同じインド人が見ると名前(フルネーム)で所属するカーストが解るらしい。
※インド資本が入っててインドが舞台、演じるのもインド人なのに99分。(笑)

 R2.9.27
 DVD
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 「プレーム兄貴、王になる」 | トップ | 「浅田家!」 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-10-17 14:30:54
>カーストのないアメリカで二人が結ばれる「玉の輿」コースは作品のトーンと微妙に違う気がするし、カーストが骨の髄まで染み込んでるラトナの性格で二人がやっていけるのか疑問、
>(カーストの)上の者が下の者に気遣いは出来ても実際を知る事は出来ないと思う
同感です。
アシュヴィンは裕福なお坊ちゃまにしか見えない・・・。素敵な王子様に見えないのは年の功なのかしら??(笑)
 
Unknown (しずく)
2020-10-17 14:31:40
名前を書き忘れていました!
Unknown (鉦鼓亭)
2020-10-18 13:06:17
 しずくさん、いらっしゃいませ
 コメント。ありがとうございます!

アシュビン〉欠点のないのが欠点(笑)、ちと完全無欠な男にしてしまった気はします。お坊ちゃんには見えましたが、僕は少しは白馬の王子にも見えました。

テーマはまるで違うけど、この作品、記事にも書いた「世界一キライなあなたに」(原題「me defore you」作中の訳では「わたしに会う前」)が参考になってる気がします、あっちもライトに作ってるけどテーマはかなり重くて賛否分かれる結末ですが、設定と終わり方が似てるなと。(「世界一〜」も「最強のふたり」がヒントだろうけど)

コメントを投稿

映画感想」カテゴリの最新記事