セピア色の映画手帳

古い映画を中心に

「ダンガル きっと、つよくなる」

2018-04-07 23:35:28 | 外国映画
 「ダンガル きっと、つよくなる」(「Dangal」、2016年、印)
   監督 ニテーシュ・ティワーリー
   脚本 ニテーシュ・ティワーリー
   撮影 サタジット・パンデ
   音楽 プリータム・チャクラボルティー
   出演 アーミル・カーン
       ファーティマー・サナー (長女 ギータ)
       ザイラー・ワシーム (ギータ少女期)
       サニヤー・マルホートラ (次女 バビータ)
       スハーニー・バトナーガル (バビータ少女期)
       アパルシャクティ・クラーナー (従兄 オムカル青年期)

 ♪ダンガル!ダンガル!ゥォ ゥォ ダンガル!ダンガル!♪なのである。
 ダンガルとはヒンディ語でレスリング全般(レスラーを含む)を意味する言葉だとか。

 1970年代、アマチュア・レスリング国内チャンピオンにもなったマハヴィルだが、生活の為、引退、今は村でそれなりの尊敬を受けるだけの普通の人。
 彼の夢は息子をレスリングで国際大会金メダリストにする事だったが、生まれて来た子供は娘×4だった・・・。

 予告編 https://www.youtube.com/watch?v=rOrWAD5_tTA
  ※オリンピックは嘘、映画内では目標はあくまで国際大会で金メダルを獲る事になってます。
  ※確かにギータはロンドン・オリンピックに出場していますが、映画のクライマックスはコモンウェルス・ゲームズ(イギリス連邦国選手権)、オリンピック、世界選手権まで行くと吉田 沙保里選手、伊調 馨選手が壁になるからじゃないかな、ギータもバビータも彼女達には勝てなかった)

 小学生の娘二人(長女、次女)が同級生の男の子をボコボコにしたのを見て、マハヴィルは娘達に格闘技の才能が有る事を知り、突如、星一徹ばりの特訓を娘達に課す、自分の夢を実現させる為に。
 父親絶対主義で年端もいかない娘達が泣いて頼んでも聞かず、泣いて赦しを願っても女の命の髪まで切ってしまう絶対君主。
 しかし、インドの地方では、まだまだ、女は家事と産む道具でしかない現実を知り、父親の元へ戻る。
 そして、終盤、父親が長女に与える助言「敵はオーストラリアじゃない、女を下に見ている全ての人間だ」となります。
 映画としては、この前段と後段が上手く繋がっていない欠点がある、自分の夢の実現の為に娘を道具のように使っていた人間が、何時、啓蒙主義者に変身したのかと。
 でも、それが終盤の胸アツ展開で些細な瑕疵に思えてしまうくらい熱量がある。
 日本や欧米だったら、その転向を納得させるシーンを作らなければ到底受け入れられないけど、そこをインドは欧米・日本がとうの昔に置き捨てたパワーと熱量、そして、歌で誤魔化し(笑)押し切っちゃいます。
 この映画に関しては、そこで引っ掛かっちゃう人が、残念ながら、随分居るかもしれません。

 映画は面白いですよ、今年初めての鉦鼓亭イチ押し作品。
 この作品、スポ根ドラマの王道を少しも踏み外さず真っ直ぐに作っています、始り→反抗→特訓→挫折→と。
 でも、王道という定石はキッチリ作れば王道ならではの強靭な作品になりやすいし、ちゃんと成功してると僕は思います、終盤、涙ボロボロだったし館内のあちこちから泣いてる気配を感じました、女性は不向きかと思ったけど、かなりの数の女性が泣いていたと感じました。

 元々、アーミル・カーンはインドに於ける女性差別の解消を訴えてきた人で、上手く繋がっていないとは言え、後半部分には彼の思いがしっかりと入っていると思います。
 でも、演説になってない。
 そこが彼の選ぶ作品の良い所でインド映画の良い所、決してエンタティメントを忘れていないのが好きなんです。
 本当に彼の役者魂には恐れ入ってしまいます、「きっと、うまくいく」の大学生(40代で演じた)、「PK」の宇宙人、そして本作のレスラーを納得させる肉体の作り方、僕が最も尊敬するプロ中のプロの一人ですね。
 また、長女ギーダを演じたザイラー・ワシーム(少女期)、ファーティマー・サナー・シャイクの二人は本物の女子レスラーそのもので素晴しい好演だったと思います。(オーディションから適正を見て、採用後、長期の訓練をしたらしい)

 彼女たちの練習、撮影風景
 https://www.youtube.com/watch?v=kGZjouuqY4E
 半年以上、訓練したとか。インドの女優さんは大変だ・・・。

 冒頭、正直言えば字幕を追えなかったのでアヤフヤですが、「実話を盛った物語」と出てたのには、正直すぎて笑いました。(「ドリーム」も、これくらい素直なら・・・)
 取り敢えず、本年、暫定1位です。

 https://www.youtube.com/watch?v=x_7YlGv9u1g
 出演者全員スタントなしカメラトリック殆どなしのレスリングシーン、それだからこそ出る本物のリアルさ、素晴しい!!

※歌は何曲か入るけど踊りはありません。
※エンドクレジットに被さるテーマ曲?、燃える!!(笑〜エンドロールがリズムに合わせて妙にカクカクするのも可笑しい)
※従兄のオムカル、この人の回想記でもあるのだけどコメディリリーフ、この人のお陰で息抜きも出来るし上手く演じていたと思います。

 H30.4.7
 日比谷シャンテ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 僕の好きな西部劇 | トップ | 「バーフバリ 王の凱旋」 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (白くじら)
2018-04-13 18:49:11
予告編を観ると、なかなか面白そうですね。
レスリングの映画って珍しいような…しかも女の子で2人だってぇ!

スポコン系が好きな私としては、ぜひ観たくなったのですが…いつも行っているツタヤにはありませんでした。(@o@) がーん

あ、あと2ヵ所あるので、また行きます。(^^;
いらっしゃいませ! (鉦鼓亭)
2018-04-13 19:39:41
 白くじらさん、こんばんは

もう試合シーンがメチャ熱なんですよ。
野球の映画であるような草野球並の投球なのにミットに収まる音だけはプロより凄い、なんてウソっぽくないんですよ。(この映画も音は盛ってると思うけど)
女優・子役さんが(イマイチ売れてない)が週6日7ヶ月練習しただけあって、本当の試合を間近で見てる気がしてしまいます。
ミスター・パーフェクトとも呼ばれてるアーミル・カーンの作品らしい出来でした。

この作品、只今、ロードショウ中でソフト化はまだまだ先だと思います。
でも、チャンスがあれば是非、劇場で観て欲しい作品。
やっぱり、大きなスクリーンと音で臨場感が違うと思います。

今日はこれから「バーフバリ 王の凱旋」に行ってきます。
帰りは1時過ぎの予定、まぁ、明日1日頑張れば休めるので。
前編だけで、もう、いいかと思ってたけど、後編の方が出来が良いらしいし、後篇、観ないってのも気になるし・・・。
終了時間23時55分だって。(笑)
こんばんは。 (白くじら)
2018-04-14 23:05:16
なんと!
2016年作だったので、てっきりDVDかと思っていたのですが、公開されたばかりだったのですね。(@o@)

音を盛っている作品はいろいろとありますね。
とくにカンフーモノなんて、手を動かす度に…ちょっと凄すぎですけど、もう慣れちゃって音ないとダメです。(^^;
最近、酔拳を観直したのですが、もう音しすぎ。
いらっしゃいませ! (鉦鼓亭)
2018-04-15 00:23:52
 白くじらさん、こんばんは
 コメントありがとうございます!

まだまだ東南アジア、東アジアの作品は興業が難しく、本国から5年以上経ってからというのが殆どなんですよ。
これなんか2年前ですから、いい方なんです。(何だか興業の段取りでしくじったのかゴタゴタしたみたい(笑))
「きっと、うまくいく」(個人的 大傑作認定)、「PK」(これも傑作)で実績を作ったアーミル・カーンの作品だから2年で日本に来たと云うのが実情です。
僕のインド映画初見は「バルフィ!人生に唄えば」、これで興味を持ち「きっと、うまくいく」と、シャー・ルク・カーンの「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」で完全にインド沼に落ち込みました。(笑)
※インド人気男優はシャー・ルク・カーン、アーミル・カーン、サルマン・カーン(最近、ムショ行きが決定)、何れもカーン(ムスリムの代表的名前)なので本国では三大カーンと呼ばれています。
日本ではA・カーンが、多分、一番人気だけど本国ではシャー・ルク・カーンの人気が絶大、別名キング・オブ・ボリウッドの称号を持っています。
彼も「恋する輪廻~」で多くの日本人ファンを作ったし、今現在、インド映画が度々輸入されるようになった起点になった人(「踊るマハラジャ」がインドの起点と思うでしょうが、結果的に言えば一発屋で終わってしまっていた。映画史で言えば、それより30年前、僕の二十歳頃、世界的に絶賛されてた叙事派の巨匠サタジット・レイ監督が日本のインド映画の起点でしょう)

「酔拳」
>昔々、名画座で観てから何度も見てます。
面白いですよね、ブルース・リーの「燃えよ ドラゴン」より、ずっと好き。J・チェンの作品では今でもこれが一番好きです。
♫ダンガル・ダンガル、ダンガル・ダンガル♫ (もののはじめのiina)
2018-04-23 10:45:37
ダンガルを連呼するとゲンキが出ますね。

インド映画には必ず出るといわれるミュージカル・シーはなかったですが、歌が効果的に出ました。

社会的な訴えもあって、元気をもらえる歌が流れる中でストーリーも面白かったです。

副タイトルが「きっと、つよくなる」ですが、「きっと、うまくいく」というインド映画も見ました。
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/68fbd543a3b04142e096185fa1d6e3c6

いらっしゃいませ! (鉦鼓亭)
2018-04-23 21:52:17
 iinaさん、はじめまして
 コメントありがとうございます!

ダンガルを連呼するとゲンキが出ますね
>いやぁ、暫くは脳内エンドレスでした。(笑)

社会的な訴えもあって
>僕が観たA・カーン出演作3本、全てメッセージ性がありました。
脚本を厳選する人らしいですね。(そういう作品だけが日本に入って来てるのかもしれませんが)

ストーリーも面白かったです
>面白くて、とても良かったです。
親父が勝利を知るシーンとか、涙出ました。
又、レスリングシーンのリアルさが凄くて、ちょっと、前のめりで観てたかもしれません。

「きっと、うまくいく」
>僕が観たインド映画最高傑作、但し、一番好きなのは「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」。(笑)
こんにちは。 (白くじら)
2018-12-06 16:44:07
観ましたよー、面白かったです。
情報、ありがとうございました。

まさにスポコン映画の王道でしたね。
序盤はもう可哀想に思えるほどでしたけど(特に頭)、そこを乗り越えていく過程もいいですし、なんといってもラストの父親が勝利を知る過程が王道から外れながらも涙モノでした。(^^)

当時のインドの家庭事情、特に女性に対する事情がこれほどのものだったことにも驚きます。
友人の一言で、自分たちが一般女性とは違い、父親が自分たちの事を思っていることが分かるのは、日本人には理解しがたかったかもしれません。特に父の夢のため…というのもありますしね。

私もインド映画でダンスが無いのにはびっくり。(^^;

2時間以上ありましたが、一気に観てしまいましたよ。

リンクさせて頂きました。(^^)/
いらっしゃいませ! (鉦鼓亭)
2018-12-06 22:52:13
 白くじらさん、こんばんは
 観て下さり、ありがとうございます!

面白かったです>そう言って頂き、ホッとしています。

(特に頭)>観た瞬間、これで女性の支持はなくなるなと思いました。
でも、終盤に掛け映画館内で泣いてた気配は女性のほうがかなり多いと感じて、意外に思いました。

父親が勝利を知る過程>インドの○○なのに涙腺崩壊。(笑)

私もインド映画でダンスが無いのにはびっくり。(^^;
>僕はインド映画12本観ましたが、歌わない踊らない作品は3本ありました、+1(ほんの一瞬、振り付け無く勝手に踊ってたのが1本)

2時間以上>向こうでは「金払ったんだから3時間は楽しませろ」という感覚だとか、最近は国外市場を意識してか2時間半くらいの「国際版」を別途、作ってるみたいです。

リンクさせて頂きました。(^^)/
>お心遣い、ありがとうございます。
補足&お詫び (鉦鼓亭)
2018-12-06 23:36:01
「国際版」を別途>編集で短縮する、という意味。
言葉足らずですいません。

そちらへのコメント、二重投稿になってしまいお詫び致します。
出来れば一つを削除して頂ければ幸いです。(汗)

コメントを投稿

外国映画」カテゴリの最新記事