セピア色の映画手帳 改め キネマ歌日乗

映画の短い感想に歌を添えて  令和3年より

「炎上」

2021-10-22 21:23:40 | 邦画
 「炎上」(1958年、日本)
   監督 市川崑
   脚本 和田夏十
      長谷川慶治
   原作 三島由紀夫 「金閣寺」
   撮影 宮川一夫
   照明 岡本健一
   美術 西岡善信
   音楽 黛敏郎
   出演 市川雷蔵
      中村鴈治郎
      仲代達矢
      信欣三  北林谷栄
      
 有名な三島由紀夫の「金閣寺」を映画化した作品で市川崑監督の傑作と言っていいでしょう。
 兎に角、宮川一夫のカメラが素晴らしい、ガシッと締まった構図の美しさ、濃淡の出し方、一級の美術品を見る思いがした。
 雷蔵さんも凄い演技、受ける中村鴈治郎も見応えがあるし福司の信欣三も良かった、仲代達矢は少しやり過ぎのような気も。(汗)

  あこがれし 君、罪なくして 穢れゆく 
    炎と散らせ せつにんとう
                 寂庭

※ 「せつにんとう」=「殺人刀」、禅宗における用語であるがここでは和尚の講話に依る。
※ノートを見ると7月18日の「ドラキュラ」(コッポラ監督)以来、3ヶ月ぶりの映画。(汗)

 R3.10.22
 DVD
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 東京オリンピック 2020 MVP | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事