セピア色の映画手帳

古い映画を中心に

映画日記 2018年その4

2018-05-23 00:20:28 | 映画日記/映画雑記
 「タクシー運転手 約束は海を越えて」(「택시운전사」、2017年、韓国)
   監督 チャン・フン
   脚本 ウム・ユナ
   撮影 コ・ラクソン
   音楽 チョ・ヨンウク
   出演 ソン・ガンホ
       トーマス・クレッチマン
       リュ・ジョンヨル  ユ・ヘジン

 ドイツ特派員が光州事件の最中、検問、検閲を潜り抜け事件を取材、その命懸けの取材に付き合わされたタクシー運転手との交流、友情を描きつつ、光州事件の実態を暴いていく。

 実話ベースの話で中々の良作だと思います、タクシー運転手の心情の変遷がよく描かれてる。
 只、時の政権と近すぎる韓国社会を考えると、この作品、2年前ならもっと評価出来たけど、今の風向きの場合、政権の提灯持ちに見えてしまうんですよね。
 光州事件は現政権の原点となる出来事だから余計に。

 予告編 https://www.youtube.com/watch?v=Xdw3S-LxRt4

  H30.5.13
  シネマート新宿

 「灼熱」(「ZVIZDAN」、2015年、クロアチア・スロベニア・セルビア)
   監督 ダリボル・マタニッチ
   脚本 ダリボル・マタニッチ
   撮影 マルコ・ブルダル
   音楽 アレン・シンカウズ   ネナド・シンカウズ
   出演 ティハナ・ラゾヴィッチ
       ゴーラン・マルコヴィッチ
       ニヴェス・イヴァンコヴィッチ

 バルカンの火薬庫の一つクロアチアとセルビアの紛争を背景に1991年、2001年、2011年の若者をオムニバス形式で描いていきます、3話とも主要な役は同じ役者ですが完全な別人を演じています。
 人々の「離別」、「接触」、複雑な思いを込めた「和解」、それらの出来事を10年のスパンを使って描いてますが、叙事詩と言うより散文という感じで迫ってくるモノが余り無かったです。
 すぐ傍の紛争を舞台にした「みかんの丘」が直ぐ浮かんだけど、人間の愚かさと善性、人間という存在に焦点を絞った「みかんの丘」、引き裂かれた民族の悲劇を極めて映画的に作った「灼熱」で、戦争悲劇を題材に「作品」を作ってみました、って感じ。
 僕は「みかんの丘」の方が印象に残ったし好きですね。

 予告編 https://www.youtube.com/watch?v=QcB_LPS97-Y

 H30.5.20
 DVD
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「心と体と」 その3 | トップ | 「アメリカン・ピーチパイ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画日記/映画雑記」カテゴリの最新記事