セピア色の映画手帳

古い映画を中心に

「ディリリとパリの時間旅行」

2019-08-31 23:53:37 | 映画日記/映画雑記
 「ディリリとパリの時間旅行」(「Dilili à Paris」、2018年、仏・独・ベルギー)
   監督 ミッシェル・オスロ
   脚本 ミッシェル・オスロ
   音楽 ガブリエル・ヤレド

 ちょっと今回は辛口、なので、そういうのが苦手の方はスルーして下さい。

 時間旅行と言ってもタイムスリップものではありません、W・アレンの「ミッドナイト・イン・パリ」のように近代フランスの最も華やかだったベル・エポックの時代を舞台にした絵本的なお話。

 ニューカレドニアとフランス人のハーフの女の子が、一人でパリに来て繰り広げる冒険物語。

   予告篇 https://www.youtube.com/watch?v=Re1ZdfsiMlg

 フランスの漫画「バンド・デシネ」の流れを汲む美しく、最早、芸術的と言ってもいいような背景を楽しめるのならいいかも、但し、話は桃太郎の鬼退治を大人になっても真面目に観れるかどうかという感じ。(バンド・デシネ自体、子供が対象ですから)
 背景は綺麗だけどディズニーやジャパニメーションを見てきた僕には動きが辛い、途中、宮崎駿のようなモンマルトル階段落ちみたいな動きもあるけど、全体的には人物がからくり人形のような動きで絵が動いてるだけって感じでした。

・イギリス人が犯罪を起こした時、英国紳士が「あれはイギリス人ではない労働者だ」というジョークがあって、僕の好きなジョークなんですけど、この可笑しみは高慢で階級主義が心底染み込んだジェントルマンを嗤ってるのですが、この作品にもそれが感じられます、だけど、こちらはジョークでなくマジなので凄く鼻に付く。
・作中にも言及があるけど、これはフランスのサロン文化の世界。上流階級のご婦人方が自らの教養を誇示し才能ある芸術家を後援する、表向きはそんな所だけど、実の所は只の有名人マニアと詮索、ゴシップ好きの閉鎖的集まり。作品はその表向きの所で展開してますが、有名人病は隠し切れず、モネ、ロートレック、ドガetcフランスが誇る当時の芸術家総出演って感じで、ここまでやると他国人には厭味としか思えない、「はぁ、凄うござんすね、立派、ご立派」で鼻白んでしまいました。(笑〜そのちょっと前まで庶民は馬小屋の藁の中で寝てたクセに)
・一応、21世紀に合わせて差別反対を入れてるけど、それが何?でしたね。絵に合わせて内容も充実させてみてはどうでしょうか。(汗)

・今年は夏負け、持病の悪化、やる気のない会計事務所のお陰でいつまでも片付かない一件、EVの故障でウン十万円の請求書、映画観るモチベーションがダダ下がり、お盆休みに長くて重い名作を観て辛うじて保ってた鑑賞気力がこの一作で・・・。(泣〜ここ数年、段々、顕著になってたけれど今年に入ったら、もう斬った張った、ドンパチ、ドッカン、ボッカンは殆ど興味がなくなって(「冬の華」の藤田進親分の心境〜何が有ったって主役もヒロインも生き残るんだから)、そうなると観るのって今の時代、すごく限られちゃう)

 R1.8.31
 恵比寿ガーデンシネマ

コメント   この記事についてブログを書く
« 「存在のない子供たち」 | トップ | 只今、入院中! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画日記/映画雑記」カテゴリの最新記事