セピア色の映画手帳 改め キネマ歌日乗

映画の短い感想に歌を添えて  令和3年より

「シュヴァリエの理想宮 ある郵便配達員の夢」

2021-02-12 10:54:21 | 映画感想
 「シュヴァリエの理想宮 ある郵便配達員の夢」(「L'INCROYABLE HISTOIRE DU FACTEUR CHEVAL」、2018年、仏)
   監督 ニルス・ダヴェルニエ
   脚本 ファニー・デマール  ニルス・ダヴェルニエ  ロラン・ベルトーニ
   撮影 バンサン・ガロ
   音楽 バチスト・コルー  ピエール・コルー
   出演 ジャック・ガンブラン
      レティシア・カスタ
      ゼリー・リクソン

    予告篇 https://www.youtube.com/watch?v=CevjadzaWBk

 春秋の 哀しみ喜び 走馬灯
  凍てつく夜にも つづく足跡

 良かったけれど、僕は中国の「山の郵便配達」が好き。

 R3.2.11
 DVD
コメント   この記事についてブログを書く
« 「きっと、またあえる」 | トップ | 「スウィート17モンスター」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画感想」カテゴリの最新記事