セピア色の映画手帳

古い映画を中心に

2020年 下半期ベスト

2020-12-31 13:26:13 | ベスト10
 2020年上半期 印象に残った作品ベスト(初見のみ)
   ☆印は本年公開作

1 「天国でまた会おう」
2. 「ジョジョ・ラビット」 ☆
3.  「グリーンブック」
4. 「テルアビブ・オン・ファイア」
5. 「あなたの名前を呼べたなら」
6. 「ラスト・クリスマス」
7. 「三十四丁目の奇蹟」
8. 「プレーム兄貴 王になる」 ☆
9. 「ホテル・ムンバイ」
10.「誓い」
11.「Love Letter」

   (監督)
・アルベール・デュポンテル 「天国でまた会おう」
・タイカ・ワイティティ 「ジョジョ・ラビット」
・ピーター・ファレリー 「グリーンブック」

   (主演男優)
・アルベール・デュポンテル 「天国でまた会おう」
・ローマン・グリフィン・デイヴィス 「ジョジョ・ラビット」
・ヴィゴ・モーテンセン 「グリーンブック」
・デヴ・パテル 「ホテル・ムンバイ」

   (主演女優)
・スカーレット・ヨハンソン 「ジョジョ・ラビット」
・ソーナム・カプール 「プレーム兄貴 王になる」
・ティロタマ・ショーム 「あなたの名前を呼べたなら」
・エミリア・クラーク 「ラスト・クリスマス」

   (助演男優)
・サム・ロックウェル 「ジョジョ・ラビット」
・ナウエル・ペレス・ビスカヤール 「天国でまた会おう」
・マハーシャラ・アリ 「グリーンブック」
・アヌパム・カー 「ホテル・ムンバイ」

   (助演女優)
・トーマシン・マッケンジー 「ジョジョ・ラビット」
・ルブナ・アザバル 「テルアビブ・オン・ファイア」 

コメント   この記事についてブログを書く
« 映画手帳 2020年7月~... | トップ | 2020年 ベスト11 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ベスト10」カテゴリの最新記事