セピア色の映画手帳 改め キネマ歌日乗

映画の短い感想に歌を添えて  令和3年より

「シェルブールの雨傘」(ネタばれ) 極私的名ラストシーン第2位

2011-02-13 12:55:48 | 外国映画
 いままで観てきた映画の中で、特に印象に残ってる名ラストシーンについ
て書いてみます。
 内容が内容ですのでネタばれになります、ご容赦下さい。
 1位と2位は本当は甲乙つけがたいと思っているのですが、作品的に1位
の方が出来が良かったので、こういう順にしました。

 「シェルブールの雨傘」(1964年・仏)監督ジャック・ドミィ 出演カトリーヌ・
ドヌーブ、ニーノ・カステルヌオーボ
 冒頭、雨の中、真上から撮影される石畳、ミッシェル・ルグランの甘いメロ
ディが流れ出し、画面の中を色とりどりの雨傘が通り過ぎていく、そんなタイ
トル・バックで始まる仏製ミュージカル映画(踊らないのでオペレッタという人
もいます)。
 有名なのは、このタイトル・バックと第1部クライマックスのシェルブール駅
での別れのシーンだと思います。
 でも個人的には、この映画、ラストが最高なんです。
 そこを書く前に、また、ダラダラと思いつくまま。(笑)

 映画のあらすじは、
 港町シェルブールの傘屋の娘・ジュヌビーエーブ(ドヌーブ)と自動車修理
工・ギィは激しい恋に落ちるのだが、そこへ召集令状が(当時フランスはア
ルジェ戦争中)、出征前の最後の夜、二人は始めて愛を確かめあう。
 ギィが不在となる中、ジュヌビエーブに悪阻の症状が。
 そんな時、母が懇意にしている宝石商からジュヌビエーブはプロポーズを
受けることに。
 ギィからの便りは途絶え、音信不通の日々が続いていく。
 遂にジュヌビエーブは、悩みながらも全てを承知の上で自分を愛してくれる
宝石商のプロポーズを受け入れる決心をする。
 1年後ギィが負傷兵として帰還、すでにジュヌビエーブの姿はシェルブール
になく傘屋も店を閉じていた。
 荒れるギィ、追い討ちを掛けるように育ての母の死、しかし帰還後、ずっと
自分を優しく見守ってくれていたマドレーヌに気付き、二人は結婚する。
 そして、あの駅での別れから6年後、雪の降りしきるクリスマス・イブの夜・・・。

 最近知った(忘れてた?)んですが、ジュヌビエーブって16歳の設定なん
ですね、ギィは20歳、「10代の瞬間湯沸し器」という面から見れば、死なな
かった「ロミオとジュリエット」の、その後みたいな話。
 ロミオがベローナの街に居られなくなり、逃げた先の町で「行方不明」とい
う噂を聞いたジュリエット、悲しみのあまり腑抜けのようになってパリス伯爵
と結婚しちゃう・・・、ありゃりゃ、とんでもない話に。(笑)
 ま、それはさておき、この映画は非常にユニークな造りになっています。
 それは、最初の台詞から最後の台詞に至るまで全部歌。
 歌というより台詞を全部メロディーに乗せて喋ってるんです、だから絶えず
音楽が鳴っている。
 M・ルグランの才気を感じさせる所ですが、初見の時は2部に入った中ほ
どで飽きました、そこからはちょっと忍耐が必要だった。
 ♪どこ行くの~♪
 ♪トイレよ~♪
 ♪紙が無いから持ってって~♪
 こういう台詞は勿論有りません、冗談です、でも、初めから終わりまでずっ
とこの調子ですからね、物語がダレたと感じてしまうと結構キツイです。
 ♪Oui ~♪なんて、語尾伸ばしたら酔っ払い。(笑)
 それでも有名なシェルブール駅の別れのシーンは、最初の時から印象に
残ってます。
 列車に乗るギィ、ホームに立つジュヌビエーブ、台詞は二つだけ。(笑)
 ギィ「♪Mon amour♪」(好きだ)
 ジュ「♪Je t'aime ♪」(愛してるわ)
 ギィ「♪Mon amour♪」(好きだ)
 ジュ「♪Je t'aime 、Je t'aime ♪」(愛してる、愛してる)
 ずっと、こればっかし、さすがフランス。

 でも、このジュヌビエーブって女、酷え女ですよ。(笑)
 涙、涙のこの別れのシーン(スクリーンで)。
 ギィを乗せた列車が動きだすと「旅情」や「終着駅」みたいにジュヌビエー
ブさん、後を追わないんですよ、その場に立ったまま。
 更に酷いのは、ギィの列車がまだホームを離れないのに、この女、クルッ
と背を向けてサッサと改札口に向かって歩き出しちゃう、おいおい、さっきの
愁嘆場は何だったのかと。
 この性格の悪さは見事に第2部で花開いて、音信不通が長く続いたって
だけでコロっとお金持ちの男の元へ行っちゃう、「戦死通知」が来た訳でも
ないのに。
 そりゃ、子供をどうやって育てるのかって問題もあるけど、
 「私、貴方がいないと生きていけないわ」って切々と訴えたのは何だったん
でしょうかね。(笑)

 さてと、ようやく問題のラストシーンです、すいません。(笑)
 シェルブールの町で小さなガソリン・スタンドをやってるギィ、マドレーヌとの
間に出来た男の子も居る。
 イブの夜、営業所の中でツリーの飾りつけも終わり、子供とマドレーヌがプ
レゼントを買いに降りしきる雪の中を出て行く、それを見送るギィ、家族3人、
とても幸せそうな雰囲気。
 そこへ入れ違うように1台の車が入ってくる、助手席の女の子が悪戯にク
ラクションを鳴らし続ける。
 「止めなさい、フランソワーズ」
 窓を開け、見上げるジュヌビエーブ、その表情が瞬間、固まる。
 同じく固まって立っているギィ。
 パリから用事があって、あれ以来初めて来た故郷、パリへ帰る為に立ち
寄ったスタンドでの偶然の再会。
 二人は殆ど無言のまま営業所の中へ入る。
 ここの何がいいって、ジュヌビエーブが再び営業所を出る3分位の間、あま
りうるさく喋べり合わないのがいいんです、会話は当たり障りのない話が続
いた後。

 ギィが車に乗ってる女の子を見てる。
 「フランソワーズっていうの、会ってみる?」
 首を振るギィ。
 「そう・・・」
 ジュヌビエーブ、ギィが妻と子供と一緒に飾り付けたというツリーを見る、
 「そろそろ行ったほうがいい、家に着くのが遅くなる」
 無言のままドアを開けるとジュヌビエーブが振り返る、
 「あなた、幸せ?」
 「幸せだよ」
 そのまま車へ向かうジュヌビエーブ。(彼女も、それなりの幸せの中にいる)
 開けっ放しになってるドアの所に立ち、出て行く車を見送るギィ、降りしき
る雪、そこへ子供とマドレーヌがプレゼントを抱えて帰って来る。
 子供とじゃれ合うギィ、幸せモードへ戻った家族3人、やがて3人の姿が
営業所の中へ消えていく。
 ジュヌビエーブがドアを出てからFINマークまで、寄りを余り使わず、引き
の画面で淡々と描写していくのが凄くいいんです、そこへ、これでもかこれ
でもかと被さるM・ルグランのテーマ曲の有名な旋律、ちょっと田舎芝居み
たいに臭いんですけど、やっぱり効果があります、このシーンには絶対欠
かせない旋律です。

 恋と愛の違い。
 熱情の時代を過ぎ、分別のつくようになった男と女が再会して、お互いの
現在を何も言わずに理解してあっさり別れる。
 「あっさり別れる」といっても、溢れかえるようないろんな思いを、お互い
の胸ん中に無理やり畳み込んで「あっさり別れる」んです。
 初めて見た時以来、ずっと心に残ってるラスト・シーンです。
 http://www.youtube.com/watch?v=JiNfJHZCD8Q



※フランソワーズという名前は、別れる前、「子供が出来て男の子だったら
 フランソワ、女の子だったらフランソワーズにしよう」と二人が決めていた
 名前です。
 ちなみに、ギィの子供の名前はフランソワ。
※ドヌーブも前半部より、このシーンの、少し落ち着いた感じの方が断然
 好きです。
 でもドヌーブだったら個人的には、ハリウッドで撮った「ハッスル」が一番
 好き、それまでの硬質なイメージじゃなくて陽性で、ちょっと妖艶さも有っ
 て良かったです。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 「ラストサムライ」 | トップ | 「魚が出てきた日」 祝 DVD... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ようやく観られました! (*jonathan*)
2014-09-25 14:07:02
ご無沙汰しております^^こんにちは。
映画チャンネルでようやく観られました!「最高画質版」ってヤツ!
「最高」は、明らかにハードル上げ過ぎでしょう!って感じでしたが^^;

それは置いといて、見た目に素晴らしく可愛らしいドヌーヴの登場に、もの凄くテンションが上がりましたが、話の展開に正直ショックを受けました><
あんなに可愛いのにまさかの悪女・・・ いえ、悩みぬいた末の現実的な決断ということで仕方ないのでしょうけども。
私、カラフルで華やかな雰囲気と、「あなた無しでは生きられないわ!」と言う二人の盛り上がり振りにちょっと夢を見過ぎちゃったみたいです。
見送りのシーンでの背中を向けるタイミングに「あれ?」と思った時点で気づくべきでした^^;
ま、ショックは受けましたが、最後のシーンでの二人のオトナなやりとりにはホッとしました。

で、「ロシュフォールの恋人たち」は観なくていいわけですね?(笑)
いらっしゃいませ! (鉦鼓亭)
2014-09-25 23:40:11
 *jonathan*さん、こんばんは
 コメントありがとうございます!

こちらこそ、ご無沙汰しています、ブログは定期的に覗いてますよ!(汗)

!「最高画質版」ってヤツ!>でへ・・・夏にDVD買っちゃいました(笑)、でも寒くなったら見ようかなって感じでまだ開封していません。(笑)

ハッピーエンドが定石だったミュージカルで悲恋・・・。
僕は、いかにもフランスらしい天邪鬼ぶりが好きです。(爆)
でも、「やっぱりミュージカルは・・・」という人には、ちょっと拒否反応はあるみたいですよ。
「ロシュフォール~」は僕に合わなかっただけで、「ロシュフォール~」の方が好きという人は一杯います。
(「シェルブール~」と正反対ですし)

可愛いのにまさかの悪女・・・>まあ、可愛いは「イイ男」と同じ大正義ですから。(汗)
記事には書きませんでしたが、「あなた無しでは生きられないわ!」と言っておきながら、
数か月で、
「あんなに愛してたのに、思い出そうとしなければギィの顔が直ぐに浮かばない」
なんてほ・ざ・い・ていますから・・・ヒドイ!!(笑)

最後のシーンでの二人のオトナなやりとりにはホッとしました>
僕は、この雪のシーンで全て許します!!(爆)
初見以来40年以上、忘れる事の絶対出来ないラストーシーンでした。

※この作品の登場人物は確か全て吹き替えでだったと思います。
※トリュフォーの「ドワネルもの」に似て、「ローラ」、「シェルブールの雨傘」はJ・ドミーのローラン・カサール物語でもあるんですね。(この2作は明確に繋がってると思います)
「ロシュフォールの恋人」も、ほんの少しですがカサールの影が入っています(1作目の恋人の消息が唐突に出てくる)。
※オープニング・クレジットを見てると、この物語を暗示してる気がしました。
最初は色とりどりの傘が行き来(その殆どがすれ違いで人の人生を暗喩してるような)しますが、段々、淡色系が多くなって最後は黒傘なんですよね、深読みしすぎだと思うのですが、そんな感じを持っています。
(ジュヌビエーヴの最後の衣装も喪服で黒)
男性からみたら悪女ですね… (宵乃)
2015-06-22 21:26:37
ちょっと身構えてたんですが、私的にはまったく彼女が悪いとは思いませんでした。
むしろ、それが嫌なら孕ませるなと男の方に文句を言いたい(笑)
16、17歳で家に借金があって、彼が側にいなければ生きていけないと言うような女の子が妊娠したらどうなるか、年上のお前が考えとけ!みたいな。

彼女は2年も待てないってちゃんと宣言してましたし、女は妊娠したら赤ん坊が一番になるのは当然です。
それでもローランが現れなければ待ってたと思えるくらいには悩んでたように見えました。
列車の見送りはあっさりでしたけどね~、きっと目の前真っ暗で何も考えられなくなってたんだと思います。(贔屓目 笑)

ラストはホント良かったです。お互い、子供の名前を呼ぶたびに相手のことを思い出すのかなぁと思うと切なくて…。
17歳には見えなかったけど、このシーンの年齢にはぴったりで、この時に演じていて正解でしたね。
地雷じゃなくて、良かったです (鉦鼓亭)
2015-06-22 23:45:28
 宵乃さん、こんばんは
 コメントありがとうございます

ウダウダ書いてますけど、この作品、大好きなんですよ。(笑)
ジュヌビエーブだって、嫌いな訳じゃないし本気で非難してる訳じゃないんです(ちょっと面白く書いただけ)。
たった2ヶ月で、
「あんなに愛してたのに、思い出そうとしなければギィの顔が直ぐに浮かばない」(これだけは、ちょっと許せないけど(笑))
ってのも、10代の瞬間湯沸かし器の顛末だし、
多くの戦死者を出してるアルジェ戦争の真っ最中、
現実の選択肢の中で、あの決断はベストじゃないとしても賢明な選択でしょう。

ほろ苦くはあるけど、
「私、ガソリンの匂い、嫌だわ」って言ってる娘と結婚しても、先は知れてるし、お互いが賢明な選択をしたと思ってます。

(贔屓目 笑)>贔屓目です!(笑)
あの場面、面白いですよ。
二人だけにする為、他の見送り客もサッサと退場していきます。
なのに・・・。(笑)

初見は16歳頃、教育TVの「世界名作劇場」、映画館は18歳、その後、ずっと記憶の世界だったけど、ビデオが普及してVHSで1、2回、DVDになってから2回、で半月前に新宿で観たばかり。
(記事の「初見」、TVと映画館がごっちゃになってた)
何故か、映画館だとテンポが速すぎて、感情が追いついていかない作品なのを、再確認しました。(笑)

※歌舞伎町もシェルブールに負けないくらい色が反乱してますけど(笑)、映画館を出た途端、ゲンナリしてしまいました。(泣)
Unknown (通りすがり)
2020-09-05 21:33:26
数年前のブログにコメントするのも何なのですが……
面白おかしく紹介するためにジュヌビエーブを悪女呼ばわりするのはどうかと……すいません、私は全く笑えなかったです。
むしろまだ16歳で、裕福でもなく母一人子一人という環境にいる少女を妊娠させておいて、しかも2年間生死の心配をかけながら、待ってくれると考えていたギィの方が、一応社会人の癖にいい加減お花畑が過ぎるのでは?と突っ込みたくなりますねぇ。
まぁこれは半ば冗談半ば本気の苦情ですが、不快に思う読者もいるってことで。

そんなことより私は、ジュヌビエーブの「田舎の母の家に娘を迎えに行った、その帰りなの」「去年の秋に母が亡くなって……」の方が気になりますね。二人で子供を育てるはずが、やはりカサールにギィとの子供を受け入れる度量はなかったのか、二人を気遣った母の申し出か……
ガソリンスタンドでのシーンを見る限り、ジュヌビエーブはまだギィに気持ちが残っているようなので、彼女が娘を遠ざけたとは思えないのですが。
Unknown (鉦鼓亭)
2020-09-06 00:03:23
 通りすがりさんへ、コメントありがとうございます!

ヒロインを茶化した事、ご不快になられた事、その事についてお詫び致します、ごめんなさい。

貴方がカサールをもってしてもフランソワーズを受け入れられなかったと想像するなら
僕がカサールの外商の留守の間、ジュヌヴィエーブが子供を預けて、とまで考えてもいいのかも

その想像の広さと見解の相違が、全体主義ではない映画の面白さと僕は考えています。
僕自身はかなり辛辣で、パリに帰るには思いっきり遠回りなのにシェルブールに寄ったのは、(幸せなのに(失くして初めて気付くタイプの幸せ))満たされない自分の心を救い、あの時の自分の決断が正しかったと確認する為、、自分の振ったギィが「不幸せ」の中にいると思って訪ねた(女房、子供が居ると聞いていても、ヤケでした事「後悔してるだろう」と)、僕の狭い理屈で考えるとそうなってしまう、別れの台詞「あなた、幸せ?」を突き詰めていくと。

でも、僕は感性で観るタイプなので、スクリーンのままがいいな、と心底思ってるのです。

コメントを投稿

外国映画」カテゴリの最新記事