八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

キツツキの穴

2018-04-06 | 住まい

以前、リフォームを手掛けた原村E邸の施主さんから、キツツキが軒天に開けた穴の補修についてのご相談がありました。

この「キツツキの穴」ですが、実はこの地域ではさほど珍しくありません。木に穴を開ける習性なので、板張りの部分が狙われるのかと思えば必ずしもそうではなく、住人が一定期間不在となる別荘の、穴の開け易い箇所が狙われる傾向にあるようです。 通常は、とりあえず穴の周辺を軒天と同材のもので塞ぐことが多いのですが、再度狙われることもあるので、それで大丈夫とはなかなか言いきれません。

(↓)写真の丸いものは屋根通気のための換気口で、左の換気口の上に穴が開いています。

他の部分も見てまわると、換気口が外れかかっているのや補修跡が目につきます。

(↓)これは、補修しても同じ箇所に穴を開けられた御宅の対策として、板の替わりに合板を張った事例です。比較的施工が簡単で、費用もリーズナブル。 板張りと全く同じではないですが、木目があるので同色に塗れば結構馴染んで見えます。

合板は薄い板を接着剤で張り重ねているので穴を開け難いのか、接着剤を嫌うのか・・・ この御宅の場合は3年以上経った今でも大丈夫です。

今回はかなり高い位置の補修なので簡易のものではない通常の足場が必要なことや、他の換気口や軒天もかなり傷んできていることなど考慮して、今後穴を開けられる心配のないよう、軒天を全面改修することとなりました。

材料はいろいろと検討した結果、屋根と同じ素材のスパンドレルを張ることにしました。この “スパンドレル” というのは、金属の板を短い幅(今回は105mm幅)で折り曲げ加工したもので、天井板のように必要な長さに切って嵌め込みながら張り進めていきます。軽量で施工性が良く、大判の金属板に見られるようなたわみや歪みも無く、固定のビスも露出しません。割れたり欠けたりもしないので、これなら多少突かれても平気です。そもそも、鳥が留まるのは困難(表面が平滑なので)でしょうが・・・。

(↓)仕上りはこんな感じ。

(↑)設計上の工夫として、換気口を全て無くし、軒天と壁との境に「換気スリット(空気が通るための隙間)」を設けました。これにより、随分すっきりとした印象になったと思います。

これでキツツキも諦めてくれることでしょう(笑)。

余談ですが、以前施工のお手伝いをした木製のデッキも、程よく色が褪せて建物や庭とうまく馴染んで来ました。デッキの材料は、アイアンウッドとも呼ばれる非常に堅い “ウリン材” で、無塗装品です。

こういった自然素材ならではの経年変化は味わいがあり、やはり良いものですね。

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 変遷 | トップ | 閉店 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。