お尻の手術体験記(痔瘻)

43歳男、この度「痔ろう」で入院手術しました。痔は3人に1人と言われています。少しでも私の体験がお役に立てば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11. 手術翌日~初のウン〇

2017-02-11 19:07:00 | 第3部 手術後の闘い
手術翌日。 体調はOK。病院で出された朝食を美味しくいただく。 そろそろ来るかな。来たらどうしよう、と、ずっと悩みがある。 それは、大便。 先生は、大丈夫、翌日から大便OK、翌々日から入浴OK、と言っているがやはり怖い、なにしろ 肛門周辺の肉を抉り取っているのだから。 午後、少し便意が来た。 これまで、先輩ブログを見たからだろう、めちゃぐちゃ痛いのだろうな・・・と覚悟していた。 ま . . . 本文を読む
コメント

11. 手術直後

2016-12-22 22:01:31 | 第3部 手術後の闘い
手術が終わった。 俺は病室のベットに寝ている。 看護師さんは「絶対に頭を上げないでね、明日まで。寝返りはいいけど」 と繰り返す。寝返りは、むしろどんどん行うべきとのこと。 しかし、怖くてできない。 そう、尿道カテーテルが入っているはずだからだ。 「はず」と書いたのは、下半身はまだ麻酔によって感覚がないからだ。目視もしていないし。怖くてできないし。 とりあえず、手術は終わった・・・ . . . 本文を読む
コメント

10.実況・痔瘻手術(後編)

2016-12-20 16:00:43 | 第2部、入院、手術
え、もう手術、始まっているの?! という感じで手術が始まった。 バリバリバリ! ガー!ガー! 音がなる。レーザーメスが肉を切り裂く音。 焦げた煙が立ち上る。 口の重い先生がようやく声を出す。 (先生)「ね、ぜんぜん痛くないでしょ?」 (私)「そうですね、何されているのか全く分からないです」 ガー!ガー!シュー・・ カーテンの向こうで作業員が溶接工事をしている感じ。バーナーを使って . . . 本文を読む
コメント

9.実況・痔瘻手術(前編)

2016-12-20 15:35:18 | 第2部、入院、手術
名前が呼ばれた。手術室に入る。 部屋の中央に、ベットと、開脚台が冷たい光を放って鎮座している。この上で好き放題されるのか・・・恐怖心マックス。 言われるままに手術台に上がる。狭い。落ちそう。下半身、スッポンポンになる。先生が入ってきた。ドクターと看護師2名体制。私は「怖い、怖い」を連発している。いい歳したおっさんが、情けない。看護師さんの1人が、「そうよね、怖いわよね、私達は毎日手術を見ている . . . 本文を読む
コメント

8.入院日~手術前

2016-12-19 20:37:44 | 第2部、入院、手術
第2部 はじまり 入院3日前から、下剤を飲むようにと言われた。下剤 を飲み始めた時、いよいよ手術へのカウントダウンが始まるのか、と神妙な気持ちになる。入院当日。「朝9時15分までに来てください」との指示通り病院に到着。部屋を案内してもらい、パジャマに着替える。急に自分が病人になった気持ちがする。体はすこぶる元気で数日前も空手したばかりなのに。無理やり病人にさせられたようだ。 手術直前の診断を受 . . . 本文を読む
コメント

7. 尿道カテーテル!

2016-12-18 13:13:59 | 第1部 発病から入院...
11月初め、その道では有名な町田のKクリニックへ。 紹介状を受付で渡し、しばらくすると診察室に呼ばれる。 廊下は痔と大腸に関するポスターばかり。 先生に診てもらい、お尻に少し指を入れられると痛みが走る。 (先生)「ここが痛いのだね」 (私)「痛い、痛いです」 ものの数分の診察で終了。 (先生)「向こうの病院でも聞いたと思うけど、手術が必要だね。早い方がいいね」 (私)「すいません、 . . . 本文を読む
コメント

6. 通院3回 紹介状

2016-12-18 13:06:27 | 第1部 発病から入院...
また病院に行く。 またあの痛いことをされるのか・・・と思うと、病院の中に入りたくない。 そこで、ポケモンGOをして、病院の周りをうろつく。すると、ピカチューゲット! と喜んでいる場合ではない。 病院に入り、診察室。さあ、来るぞ、あの痛み・・・ と思っていたら、やはり来たが、これまで程ではなかった。痛いことは痛かったが・・・ 処置後、またあの診察室へ。 (先生)「随分と膿がなくなってい . . . 本文を読む
コメント

5. 通院2回目

2016-12-18 12:28:32 | 第1部 発病から入院...
激痛だった膿取りから1週間後、再び病院に。 処置室の診察台でお尻を突き出す。 先生が来て、肛門をグッと開く。その時、この前の激痛を体が覚えていたので、思わず逃げる。 (先生)「ハイ、力まないで、お尻を突き出してください」 (看護師)「お尻を突き出して、力まないで」 先生と看護師さんの声のハーモニーが、思わず飛行機の緊急事態の時にCAさんがいう「前にかがんで!頭を下げて!」に似ているな、と . . . 本文を読む
コメント

4. 「入院手術が必要です」

2016-12-18 11:57:41 | 第1部 発病から入院...
9月末、法事のために2泊実家に行く。しかし行く前から、どうも微熱が続く。少しお尻にも違和感がある。触ってみると少しイボのようなものが出来ている。そこで、帰宅後、近所の肛門科に行った。初めての肛門科。まあ、向こうもプロだから、恥ずかしがることはないだろうと思い、言われるままズボンをずらす。すると看護師さんに、「もっとズボンを下してください。下着も」と事務的に言われ、軽く衝撃を受ける。事務的に言われた . . . 本文を読む
コメント

3.肺炎による肛門炎上

2016-12-18 02:46:51 | 第1部 発病から入院...
後になって分かったのだが、今回、一気に痔瘻になる大きな原因が8月にあった。それは「マイコプラズマ肺炎」だ。 夜、これまでにない程の咳、そのたびに震える肺・・・「やば、いよいよタバコの害に肺が耐えられなくなったのか!」と思った。夜、あまりにも苦しいので救急車を呼ぼうか、と思ったが、とりあえず市の夜間相談窓口に電話。すると、「我慢できるようだったら明日朝まで待って、病院に行ったら?」と至極真っ当なこ . . . 本文を読む
コメント