今何処(今の話の何処が面白いのかというと…)
マンガ、アニメ、特撮の感想ブログです。




【日本史】

下天は夢か(一) (講談社文庫)
津本 陽
講談社

戦国時代…というか織田信長の話をしたりしていたので、それに合わせて、昔読んだ小説をスキャナーで電子化したりしました。津本陽先生の『下天は夢か』全4巻ですね。昔、けっこうベストセラーだったはずです。
取り立てて特別特異な織田信長像を描いた小説というわけでもないんですが、何しろ事細かに信長の行状とその生涯について書いてあるので、何と言うか……とても勉強になった本です(汗)この本ではじめて知った事とかいろいろあって…。
  • 生駒吉乃の存在 ~ それまでは信長は濃姫とラブラブに違いないと思っていたのですが吉乃さんの方が政略抜きの本妻っぽいですよね。
  • 明智光秀は本能寺の変頃は朝廷から賜った“惟任”の姓を名乗っていた。 ~ いや、単なる豆知識ですが(汗)へ~って。(´・ω・`)
  • 長篠の合戦での鉄砲隊斉射の伝説は地形的に怪しい? ~ 三段撃ちや、馬防柵による戦法の検証ですね。ある種のドラマチックさを『物語』が検証でスポイルしてしまうのが逆に新鮮だったというか(汗)

等々。僕が信長について語るときは、けっこう、この中の内容があんちょこになっています(汗)
あと、この物語の中では、元亀年間に敷かれた最初の信長包囲網が強烈でした。この間の信長の奮闘を「元亀争乱」なんて言ったりもしているみたいですね。とにかく助かりそうにないwともすると対今川義元戦以上の窮地に立たされている。浅井朝倉は言うに及ばず、石山本願寺、比叡山、息を吹き返した三好、六角、松永弾正も寝返ったけ?wそれで東からじわじわと武田信玄が進軍してくる状態ですからwこれを“絶体絶命”と言わずして何を“絶対絶命”と言おうか!という感じでした。

『国盗り物語』(作・司馬遼太郎)なんかは、信長編でも後半に入ると視点が明智光秀にシフトして行って、光秀といういわゆるこの時代の教養もあり守旧的でもあるが、優秀で先見も併せ持った、この“まとも人”から観た信長という描きになっていくんですが、こちらは最後まで尾張弁が抜けない人間・信長の心境を描いています。


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 桶狭間の戦い... 今週の一番『... »
 
コメント
 
 
 
種本が偽書 ()
2012-01-29 16:38:53
生駒吉乃の存在、これはまったくのフィクションですよね
 
 
 
武功夜叉 (ふらん)
2018-05-28 20:10:54
この作家さん武功夜叉を一級品の歴史書として書いちゃったんですね。今は殆ど出鱈目という異なっていますね。
 
 
 
Unknown (LD)
2018-06-05 22:04:50
ああ、すみません。なんかいろいろ信じちゃっていました(汗)orz
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。