コメント
 
 
 
Unknown (taida5656)
2016-09-30 19:35:00
以前からLDさんの特撮やラブコメに関する記事を読ませてもらっています。LDさんの『マギ』に対する熱意にあてられて、思わずコメントしてしまいました。

『マギ』は戦争の時代から商売の時代への移り変わり、他者に依存せず自分に誇れる人間らしい生き方を選ぶなど、『まおゆう』とテーマ的に共通する部分も多いですね。人間の意思を尊重して弱者に立ち上がる力を与える商売人のアリババは、魔王とメイド姉と同じ立ち位置にいるのかなと思いながら読んでいます。

シンドバッドの恒久的な平和を作る理想は正しいと思うんですけど、それを実現すると白龍が望んだ怨みを晴らす人間の自由意志まで制限されそうなんですよね。モガメットやダビデがしたみたいに人間から人間らしさが奪われてそうな気はします。シンドバッドが世界を支配したらどうなるのかLDさんの予想を聞いてみたいです。

話は変わりますが、最近の独り善がりで他者を信用しないシンドバッドを見ていたら、シェヘラザードの放任主義の方がまだいいのではないかと思えてきました。シェヘラザードにも問題を解決する意志が弱く気長に待つ悪い癖があるのですが、アリババと同様に人間の自立を信じている方なので個人的には好きになってきました。

シェヘラザード、シンドバッド、モガメット、紅炎など様々な思想を持つ統治者、一長一短で誰が優れているかとか善と悪で分けられないのは『マギ』の魅力だと思っているのですが、LDさんとしてはどの様にお考えでしょうか。善悪の線引きの難しさは『ネギま』以上で、中学生が視野を広げるには丁度良いかなと思っています。
 
 
 
Re:taida5656 (LD)
2016-10-01 18:14:54
こんにちは。『マギ』には本当に感動しっぱなしです。

> シンドバッドが世界を支配したらどうなるのかLDさんの予想を聞いてみたいです。

僕の考えですが、シンドバッドがどんな世界を目指すかが『マギ』のテーマに直結すると思われます。おそらく、そのシンドバッドのドクトリンに対するアンチテーゼをアラジン、アリババが述べる事になると思うからです。
つまり、シンドバッドの描く未来図がこの物語の“格”を決めると言っても過言ではありません。
そこがどうなるかは、注目して読んで行きたい所です。

僕の“一番下”の予想としてはシンドバッドが、いわゆる争いのない管理社会を作る事ですね。これに対する反論もよく聴いた話になると思うので、僕の「聞きたかった話」にはならないですね。
とは言え『マギ』は、本当にすごい所まで到達しているので、この時点で価値があり、その着地が知っている話になってしまっても充分な物語だと思います。

僕の“一番上”というか願望を言うと、シンドバッドには「本物の神」になって欲しいと思っています。
「本物の神」が何かって特に決めていないのですが「シンドバッドさあ、もう世界を平和裏に管理する事なんてどうでもよくない?」って思うんですよね。
だからたとえば彼には、気まぐれで逆に理不尽と災厄を人間に降りかからせるような、気まぐれで幸運をもたらしてくれるような、そんな存在になってくれたら失神するくらい喜ぶと思います。
さらにその予想の上に行ってくれたら…もう言葉もありません。

> 一長一短で誰が優れているかとか善と悪で分けられない

本当にそうでそれを描いてくれているのが嬉しいです。モガメット学長好きなんですが、彼は人間を差別しますが、それは結果として学院の誇りと表裏一体なんですよね。
それを嫌悪する人も罪悪とみなす人もいるでしょうが、でも、そうだと描いてくれた事がよかったです。

中学生というかもっと単純な爽快さ、わかりやすさを求めている人には不満があるあもしれませんが、そんな人向けへのサービスも忘れないでここまで来た……(結果としてかなり煩雑な面もあるかと思いますが)……週刊連載でこれはすごい事だと思います。
 
 
 
Unknown (taida5656)
2016-10-02 21:22:40
返信、ありがとうございます。LDさんの予想が聞けて凄い嬉しいです。

人間の自立をテーマにしている作品ですから、高確率でそれを阻害する管理社会になる気はしています。ただそれがどの程度の管理社会になるかは読めないです。シンドバッドがルフに干渉して人間を無意識に戦争を避ける存在にするのか、

それとも戦争を始めそうな人間だけを神の裁きとして排除するのか、どの様な手段で戦争の起きない世界を実現するのか楽しみではあります。

>だからたとえば彼には、気まぐれで逆に理不尽と災厄を人間に降りかからせるような、気まぐれで幸運をもたらしてくれるような、そんな存在になってくれたら失神するくらい喜ぶと思います。

気紛れで災厄をもたらしてしまうと神を殺す理由を与える事になるので、シンドバッドにはそうして欲しくない気持ちはありますが、考えてみればシンドバッドは戦争を起こさせないとは言っているものの、自然災害に対しては否定的な態度はとっていないので、それをするのもありなのかもしれないですね。

仮にシンドバッドが本物の神となって欠点が無いとしたら、物語の立場的に綺麗事を言わなければならないアラジンとアリババにはそれを否定するのは無理なので、そうなるとシンドバッドを倒せるのは自分勝手で無責任なジュダルだけになりそうです。

個人的には予定調和な平和な世界を作り上げたシンドバッドが、アラジン達から何が起きるか分からない運命を進むからいいのだと反論された後に、冒険を楽しんでいた頃の気持ちを取り戻したら嬉しい。冒険好きなら神の座に居座るのは性に合わないので、そこに戻る方が本人も楽しいと思います。

実際運命を見ながら世界を思い通りにしている時以上に、根拠の無い自信を武器にウーゴに挑んでいる今の方が充実していますから。

>モガメット学長好きなんですが、彼は人間を差別しますが、それは結果として学院の誇りと表裏一体なんですよね。

私もモガメットは大好きです。モガメットは一部歪んだところはあるんですけど、五等国民にも衣食住は保証していますし、権力に見合う責任感はありますし、あの時点では最も良い国を作れていました。

労働力を他国からの奴隷に頼るレーム帝国、領土を奪い経済を回す煌帝国、シンドバッドが死ねば簡単に滅ぶシンドリアと違い、マグノシュタットだけは鎖国をしても指導者が死んでも国民を守れますからね。モガメットが非魔導師に絶望さえしなければ、かなりいい国を作れたはずだと思っています。

余談になるのですが若き日のムスタシム国王だけは、大勢の貴族が魔導師を道具扱いする中でも魔導師を人間として見ていたんですよね。自分のブログにも書いてあるので、ご存じない話であれば参考までにどうぞ。

http://d.hatena.ne.jp/taida5656/20140120/p1

もしもムスタシム国王がモガメットよりも先に生まれて、ティトスみたいに国の制度を急いで変えようとしていれば、モガメットも道を踏み外さなかったかもしれないと考えると泣けます。

最後に気が向いたらで構わないのですが、ウーゴについてLDさんがどう感じているか意見をお聞きしたいです。ちなみに私はウーゴに対してそんなにいい印象を抱いていません。

アラジンがジュダルに殺される運命を変えてティトスを生き返らせたウーゴに、運命を変えようとするシンドバッドやアルサーメンの生き方を否定する権利はない気がするんですよね。ぶっちゃけシンドバッドがしたい事とウーゴがしている事にどれだけの違いがあるのかと突っ込みたい。
 
 
 
Unknown (LD)
2016-10-05 22:01:49
> シンドバッドがルフに干渉して人間を無意識に戦争を避ける存在にするのか

ああ、有り得そうな話ですね。でも、シンドバッドは人の反逆心そのものは愛するようなそんな気もするんですよね。
単純に言えば自分に勝てる程の欲望を持った人間になら負けてもいいとか……ただ、それだとテーマがもやっとしてしまうんじゃないかとか変な心配をしています。別にテーマに拠らなくてもいいんですけどね。

> 若き日のムスタシム国王だけは、大勢の貴族が魔導師を道具扱いする中でも魔導師を人間として見ていたんですよね。

ああ、そうだったかも。記憶に残っているかも……言われてそう思い込んでいるだけかもしれませんが(汗)
でも、マギって単純に悪い人、ダメな人に描かれてしまいそうなキャラが見せる“そうとも言えない描写”が見どころの一つではありますね。

ウーゴくんは……特にそんな気にしていなかったかも。ただ、今彼を見ているとけっこういい加減な所が逆に僕が言う本物の神っぽいと思ったりもします。今、シンドバッドと戦っていますね。どうなるんでしょうね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。